カテゴリ:Diary( 1088 )
陽気な太陽とカリブ海の風に育まれて
今日は、なかなかおうちカフェに足を運べない大事な友達のために、自宅で飲んでもらおうとコーヒーをロースト。今回選んだのは、キューバからの豆。

キューバのコーヒーの歴史は1748年にスペイン人のドン・ホセ・ヘラルドがハイチのコーヒー農園から豆を持ち帰ったのが始まりだと言われています。キューバのコーヒー豆は全島で栽培されていて、東部で70%、中部20%、西部10%といった割合で収穫されます。最高級の豆は "クリスタルマウンテン" で、水晶が取れる山岳地帯で栽培されてることからその名が付けられています。でも、そのクリスタルマウンテンは日本がほぼ独占輸入しているそうです。(ジャマイカのブルーマウンテンと同じく、バンクーバーではめったにお目にかかれないですね。)
キューバのコーヒーは他の有名なコーヒー産地と違い、あまり高地で栽培されていないことです。その味は優しく、クリーンでサラリとした飲み心地です。
f0077789_1119365.jpg

[PR]
by sayoko71 | 2007-01-21 11:19 | Diary | Comments(0)
2007年おうちカフェ第一弾!!
14日(日)は、年明けお初のおうちカフェオープン!
ここ連日マイナスの世界が続いているバンクーバー。そこで、スイーツ担当のさらちゃんが温かいスイーツを用意してくれました。

1つは、" ゴマと抹茶白玉入りぜんざい "。f0077789_1052137.jpgタップリと抹茶が練り込まれた白玉の苦味と程良いあんこの甘みがとてもマッチしています。オーガニックのゴマをふんだんに使用した贅沢なゴマ白玉は何とも健康的。

そしてもう1つは、" 洋風ぜんざい "。きな粉白玉が入ったカスタードクリームぜんざいです。でも、このきな粉白玉はただものではありません!中にはホワイトチョコレートが入っていて、温めると白玉の中で溶けるので、カスタードクリームのからまったその白玉を食べると、口の中にカスタードとトロ〜ッとしたホワイトチョコのハーモニーが広がる仕組みになっているんです!!f0077789_10103710.jpgこのカスタードクリームなの中には、さらちゃんが漬けたラムレーズンが入っていて、大人の味もしっかりきいています。又、両方のぜんざいの上にまぶしてあるウォールナッツは良いアクセント役。

素材選び、味、食感、見た目、全てにおいてパーフェクトを目指すさらちゃんの創作スイーツ、今回も大感動です。

さて、そのお相手をつとめるコーヒーは、今回初挑戦の" ブレンド "です。
1つはフローラルな香りを楽しめる、" My First Love "。ローストを始めた頃、最初に恋した2種類のコーヒー豆をブレンドしてみました。そしてもう1つは、苦味がありながらもアフターテイストはサラッとした、"Sundown"。
それぞれの豆の味の特徴を頭の中にインプットし、混ぜ合わされた時の新しい味をイメージしてみる。それはそれはとても楽しい試みでした。

何種類かの豆をブレンドすることによって、コーヒーの味が無限大に広がる、、、、そんなブレンドの楽しさ、自分のオリジナルの味の追求にますます夢中になりそうです。

今回も素晴らしいひと時をありがとう!!
[PR]
by sayoko71 | 2007-01-16 10:43 | Diary | Comments(4)
コーヒー原産国の悲劇
バンクーバー内では入手出来そうにもない気になるもの、又はオークションに入賞した魅力的な生豆は、時々サンフランシスコにあるコーヒー豆の輸入業者さんから取り寄せています。年明け早速オーダーしたものは、メキシコ、スマトラ、パプアニューギニア、ルワンダからの豆達です。特に今回初めての出逢いとなるのはルワンダ。

ルワンダのミゴンゴというエリアは南東部に位置し、収穫された豆の種類はアラビカのブルボン種です。"ミゴンゴ" とは、古代部族の名前だそうです。"ルワンダ" と聞いて思い浮かべた方もいるかもしれませんが、映画「ホテル・ルワンダ」の舞台であり、1994年にたった100日間の間に約80万の人々が殺害された悲しい歴史背景を持つ国です。f0077789_1423016.jpg

ルワンダの誕生は1962年。それまでは、第一次世界大戦まではドイツ、第一次世界大戦以降はベルギーの植民地でした。そして、少数派民族であるツチ族を中心とした国家が成立したのです。
独立以後続いたツチ族による支配に反抗しようと、多数派民族であるフツ族(ルワンダ人の90%はフツ族)を中心とする勢力が1973年にクーデターを起こし、逆にフツ族がツチ族を支配することになり、ツチ族はルワンダ愛国戦線(RPF)を組織して、反政府運動を活発化させるようになりました。その後内戦が勃発し、1993年には和平合意至ったものの、翌年フツ族のジュベナール・ハビャリマナ大統領とブルンジのシプレン・ンタリャミラ大統領を乗せた飛行機が何者かに撃墜されたことに端を発して、フツ族によるツチ族の大量虐殺(ジェノサイド)が始まってしまったのです。

この大量虐殺によって、色々な面でこの国に深い傷跡を残しました。それは、想像を絶するものでしょう。ルワンダ国民にとって主要作物の1つであるコーヒーは、経済復活・向上のカギとなる "希望の光" であり、その光によって彼らの傷が少しでも癒されたら、、、、とただただ願うばかりです。
[PR]
by sayoko71 | 2007-01-12 14:58 | Diary | Comments(0)
ガス抜きバルブ付き!
日本の友人からの、"コーヒーが飲みた〜い" というリクエストにお答えしようと、以前から考えていたガス抜きバルブ付きの袋をオーダーしました。
小さな穴から内部のガスを外へ抜き通しながらも、コーヒーの風味を劣化させてしまう原因となる外部の酸素は入れない、、、、という優れものです。
これで、バンクーバーから少しでも新鮮なコーヒーが日本に届くようになるかな?

f0077789_13303340.jpg

[PR]
by sayoko71 | 2007-01-07 13:38 | Diary | Comments(1)
Happy New Year!!
f0077789_13435645.jpg
明けましておめでとうございます!


年末年始は、2010年の冬季オリンピックの開催地、ウィスラーでスノボーを満喫!
日本からスキーをしに来た友人もそのスケールの大きさに大感動の様子でした。
雄大、偉大、ダイナミック、etc、、、、
どんな言葉を並べても、肉眼で見たその自然の素晴らしさをなかなか表現しきれないのが残念ですが、画像で少しその様子をご紹介。



f0077789_1414363.jpg
クリスマスの日に体験したキネシオロジーのお陰か、ず〜っと心は晴れやか、気分はハイ状態。スノボーも休憩なしで2時までノンストップ。2007年の出だしは好調なスタート、何だか良い予感がします、、、


f0077789_13492375.jpg

 新年も、どんな新たなコーヒーと様々な人々の出逢いがあるのか、、、、
 楽しみです。皆さんにとっても素敵な2007年でありますように、、、、
    
[PR]
by sayoko71 | 2007-01-04 14:58 | Diary | Comments(0)
一押しリンクご紹介
リンクを2つ追加しましたのでご紹介します。
どちらもここバンクーバーで自分の好きな事に向かって頑張っている、素敵な友達のサイトです。お勧めですよ〜、ぜひ!!

年末は日本から友人が遊びに来るので、ウィスラーで今シーズン初のスノボーを楽しんできます。皆さんも良い年末をお迎え下さいませ、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2006-12-28 15:11 | Diary | Comments(0)
貴重な体験
おうちカフェでいつもスイーツを担当してくれるさらちゃん家で、全然クリスマスという感じのしないクリスマスを迎えました。やはり、"カニ鍋"ディナーのせいだから??、、、、

f0077789_23582273.jpg
楽しみにしていた食後のデザートは、"ティラミス"!! 
もちろん、出来るだけオーガニック素材を使用した、さらちゃんのお手製。女性3人は、"普通" サイズのピースを頂き、残り全てをたいらげていたのはN君。その食べっぷりを私達はボー然と眺め、ただただ脱帽。

食後はおしゃべりに花が咲き、主なトピックは今さらちゃんが勉強している、"キネシオロジー" のこと。
キネシオロジー(kinesiology)とは、「運動」という意味のギリシャ語の「キネシオ」に「学問」という意味の接尾語「オロジー」がついた合成語。私たちの身体のある筋肉が、精神的なストレスに反応して緩んでしまうという特性を利用し、それらの筋肉の反射を調べながら、心身の不調を解消していく総合療法だそうです。無意識のうちに、筋肉はストレスを溜めるらしいんです。カウンセリングの仕事をしているさらちゃんは、筋肉に溜まったストレスを発見し取り除くことによって、内面の無意識の自分に気付き、自分自身と向き合いやすくなれるこのキネシオロジーを、カウンセリングに取り入れたいそうなんです。
実際に体験させてもらうと、本当に体は正直で、自分のことについて知らないことばかりだということや、身体の神秘さ、etc、、、色々な興味のある発見がありました。

そんな話で盛り上がっていたら、なんと気付くと朝の6時過ぎ!!!
まだまだ私でも夜ふかしが出来るゾ! なんてはしゃぎながら、とりあえず約3時間の睡眠をとった後、海を眺めながらの贅沢なブランチ。

さらちゃんお手製の "パンケーキ" は生クリームとブルーベリーソース、クルミ添え。そして、そのお供は私がローストしてきたケニア・ピーベリーのコーヒー(ちなみにケニアのゲズムブイニ(Gethumbwini)農園のコーヒー)。
f0077789_044949.jpg


今回のキネシオロジーとの出逢いは、"自分" について考え、未知だった自分を垣間見れた貴重な体験。様々な発見のなかでも、私のキーワードとなっているのは "水"。コーヒーを飲む方は、特に倍の水を飲む必要があるそうですよ。きっと水は、自分の体を潤わせるだけでなく、自分の人生も潤わせてくれる、、、、そう思います。

"自分探し" は始まったばかり、、、、これからが楽しみです。
[PR]
by sayoko71 | 2006-12-27 00:58 | Diary | Comments(0)
クリスマス・イブ・イブ
今朝ヨガに行った帰り道、やはり人通りはいつもより少なく、街中はチョット寂しい感じがします。でも、まだ駆け込みクリスマスショッピング中の人達が、両手にいっぱい荷物を抱えながら歩いている姿もチラホラ、、、、

今は、クリスマスギフト用にオーダーを受けたコーヒー豆をロースト中。
明日24日は、おうちカフェのパートナー、さらちゃんの家でクリスマスとはかなり無縁の "鍋" パーティ!そして食後はもちろん、鍋にはミスマッチだけど、クリスマスには欠かせないクリスマスケーキ!さらちゃんのどんな手作りケーキが登場するのか今から楽しみです。
美味しいケーキのお供にはやっぱり美味しいコーヒー、、、、ということで、もうちゃ〜んとローストしてあります。

皆さんも、楽しいクリスマスをお過ごし下さい、、、、

               Merry X'mas!!
f0077789_13172980.jpg

[PR]
by sayoko71 | 2006-12-24 13:25 | Diary | Comments(0)
とある名言
f0077789_14343875.jpg
"よいコーヒーとは
    悪魔のように黒く  
      地獄のように熱く
         天使のように純粋で      
              愛のように甘い"



すでにご存知の方もいるかと思いますが、これはフランスの政治家、タレーラン・ペリゴール(写真)が残した名言。 何かの雑誌で初めて目にした時、とっさに紙切れに書き写したことを覚えています。

ちょっと話はそれますが、世界中にある様々な長さの単位を統一させるために制定された、万国共通の単位 "メートル法" は彼の提案だったそうですね。

そんな天使のように純粋なコーヒーを片手に、かつての仕事仲間でおうちカフェの常連さんでもあるN君と雑談していた時のこと。
共通の友達のことが話題になり、 その友達との初対面はいつのことだったかと昔の記憶をたぐり寄せていたら、、、、

"、、、、そうだ、レズビアンフードを一緒に食べに、、、、???”

え〜?!  いくらバンクーバーは世界各地の料理が堪能出来るマルチカルチャーの街だと言っても、そんなモノもあったのか、、、、、、ってわけないよなぁ〜。  

それは、"レバノン" の間違えなのでした。

はぁ〜、次回はN君の口からどんな珍名言が飛び出すことやら、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2006-12-16 15:20 | Diary | Comments(0)
またやってきましたこの季節、、、
毎年クリスマスシーズンになると、決まってどこのカフェでもお目見えする、 "エッグノッグラッテ" 。私の働いているカフェでも登場しています!

f0077789_10511314.jpgラッテを作る時にはミルクをスチームするんですが、この場合はミルクのかわりに画像にある "エッグノッグ" をスチームしてエスプレッソに注ぎ入れます。しかし、エッグノッグ(豆乳も)をスチームする時は、いつもチョッと悪戦苦闘、、、、どうもワンド(ミルクをスチームする蒸気ノズル)との相性が悪いようで、"グウォ〜ッ" という凄い音がするんです。出来上がるフォームの泡も大きめで、滑らかさに欠け水っぽい、、、、

ミルクフォームの口当たりの滑らかさと甘さは、乳脂肪と乳糖のおかげ。やはり、きめ細かくて滑らか(音も滑らか)なベルベットのようなフォームを作るには、普通のミルクが適しています。乳脂肪分が少ないミルク程、泡立ちやすいんですが泡が大きくなりやすく、泡と液体が分離しやすいんです。
なので、スキムミルク(無脂肪)や豆乳等のミルクの代用品をスチームする時はさらに全神経集中。特にミルク代用品の時は、表面上冷静を装っているようでも、実は心の中でちょっぴりドキドキ、、、、

私と同じように感じているバリスタの方も多いのでは?? 

そこで、いいモノを雑誌で発見しました! " Pacific Food " というメーカーが、Soy Blendersという商品を開発。ミルクの代用品の代表である豆乳でも、普通のミルクをスチームした時のようなベルベット状のフォームが期待出来るそうです!
ぜひとも一度試してみたいですね〜。
[PR]
by sayoko71 | 2006-12-13 11:50 | Diary | Comments(0)