フッと振り返ってみたこと、、、
「自分の夢を託したり、自分の子供にはそんな思いはさせたくない、、、等ということを聞かされたりすることは、親の愛情から発したことであっても、これ程迷惑なことはない。何より親自身が現在の暮らしを充実させるのが一番。」 という今読んでいる本の中のこのメッセージ(ちょっと要約)にフムフムと頷きながら納得。自分の場合についてちょっと振り返ってみました。
私の父親は平凡なサラリーマンだった為、家業継承という問題もなく、強制的に習い事を押し付けられた記憶もなく、子供の頃からわりと好きな事をやらせてもらってたように思います。夢だった幼稚園の先生として社会人の一歩を踏み、その後色々な事にチャレンジしてきましたが、親にはそんな様子を遠目で見守ってもらい、今は自分の焙煎したコーヒー豆を売る小さなお店を持つ夢に向かっている最中。以前、母親も喫茶店を経営していたこともある程コーヒー好き。気が付けば、自然と親と同じような興味を持っています。
思えば、毎朝グラインダーでコーヒー豆を挽く音で起こされ、コーヒーの香りにつられてリビングへ下りて行っていたことを思い出します。喫茶店経営時は、手作りケーキとランチの仕込みを全て1人でこなし、その当時の苦労は今になって理解出来るようになりましたが、母親の手作りの味は私の自慢でした。そういった、母親のいれるコーヒーの香り、お店に対する姿勢等が私の五感全てで体の奥中に記憶されていたのでしょう。
強制的な言葉がけではなく、何かに打ち込んでいる姿や熱意、楽しんでいる様子を見せることよって、子供達には自然と親のようになりたいという気持ちが芽生えるのだと思います。自分自身のためにも"充実した暮らし" していきたいですね!
これからも、まだまだ自分の夢に向かって旅が続きます。明日はバンクーバーから約3時間半車で南下したシアトルで、Coffee Fest が開催されているので参加してきます。その模様は、また次回お伝えする予定ですのでどうぞお楽しみに〜!!
[PR]
# by sayoko71 | 2006-10-29 06:12 | Diary | Comments(0)
ハロウィーン in Cafe Sorte
ついにやってきました〜! 待ちに待った10月のおうちカフェイベント、"ハロウィーン in Cafe Sorte"。ギリギリまで飾り付けやコスチューム選びに頭を悩ませながらも、子供がお祭りを目の前に心踊らせているかのような気分もちょっと湧いたり、、、、結局、私の選んだテーマは "女海賊"。今回のカフェ参加のルールはもちろん、"仮装すること!" だったので、ちょっと来店を躊躇している人もいたようですが、いざオープンしてみると、嬉しいことに、私以上に気合の入ったコスチュームで参加してくれた人達がぞろぞろ。 天使、ヒッピー、インディアン、舞踏会衣装をまとった人、etc、、、、とーっても賑やかで華やか(?)なイベントとなりました!
スイーツ担当のさらちゃんは、前夜寝たのが明け方4時!とこのイベントのためのスイーツ作りに力を入れてくれ、もう大感激です。そのスペシャルスイーツ達を皆さんにご紹介します!f0077789_12311675.jpg
"かぼちゃのプリン"。かぼちゃペーストが練り込んであるかわいい "かぼちゃクッキー" と、その下に敷かれたかぼちゃのペーストには、緑豆のあんこ、シナモン、メープルシュガー、メープルシロップが入ってます(クルミもまぶしてあります)。そして、 "指クッキーと緑の血"(結構リアル)。緑の血は、かぼちゃの皮のペースト、メープルシロップ、クリームチーズで出来ています。指クッキーは、黒ごまペースト入りの "黒人さんの指" バージョンもあり、「白人さんの指がいい?それとも黒人さん?」なぁんてジョーダンを言いながらの注文で大笑い。f0077789_1336579.jpg約95%オーガニックの素材を使用しているこれらのスイーツ達、もちろん最高に美味しかったですよ〜。
今回のコーヒーは、誰かさんのリクエストにお答えして、ダークロースト用に前回と同じケニアAAをもう少し深煎りしたもの、ミディアムロースト用にレインフォレスト認証のニカラグアを用意しました。先日のコーヒーエキスポで、ある業者から紹介されたものがたまたまレインフォレスト認証の豆だったので、今回初めてローストしてみたんですが、、、、"レインフォレスト"(熱帯雨林)で育った豆達だからこんな風味になるのかな??と思わせるようなちょっとユニークな味わいでした。
楽しいイベントで盛り上がったカフェはあっという間に閉店時間を過ぎ、、、でも何だかまだコスチュームに身を包んだままで余韻を楽しみたいような、名残り惜しい感じがしました。パートナーのさらちゃん、そして思い思いの格好で盛り上げてくれた皆さん、今回も貴重な楽しい想い出をありがとう!!
せっかくですので、皆さんにもハロウィーンイベントでの雰囲気をちょっと細工した画像でご紹介します!
f0077789_1413811.jpg

こんな感じで、"Cafe Sorte"では月に1度イベントを企画して行く予定です。来月も楽しいイベントが待ってます。どうぞお楽しみに!!
[PR]
# by sayoko71 | 2006-10-24 14:11 | Diary | Comments(2)
〜旅の途中〜
「旅をするとしたら、目的地に着いた後でないと"楽しみ"は得られないのだろうか? いや、まず旅をしようと決めた瞬間に喜びが湧いてくるはず。成功も同じこと。成功を勝ちとることは決して到着地ではない。それは"旅"である。成功しよう、夢に向かおうと決めた瞬間から旅に出るのだ。出発した瞬間にすでに成功しているのだ、、、、」

おうちカフェのパートナーであるさらちゃんから借りた、"「夢ノート」のつくりかた"(中山庸子著)の本を開いてすぐこのメッセージ(少し要約)が目に飛び込んできて、心へと響きました。
自分のペースを把握しているつもりでも、たまに周りと比較したり、ビジネスの厳しさに焦点を当て、自分自身にプレッシャーをかけてしまう時があります。このメッセージは、そんな時に元気を与えてくれるような気がします。色々なものをカバンに詰め込んで始まった旅。今はその途中、、、、せっかくの旅なら長期の方が面白い。たまには寄り道したりして、、、旅路でゆっくりじっくり様々な事を吸収するために、"おうちカフェ"や今夢中の"ヨガ"でエネルギー補給しながら、"自己流の旅"を楽しんで行きたい、、、、そんな事を心の中でつぶやきながら、日曜日の"ハロウィーン in Cafe Sorte"に向けての準備に没頭中です。
f0077789_16241289.jpg

[PR]
# by sayoko71 | 2006-10-21 16:20 | Diary | Comments(6)
愛車"ビアンキ"君
今日は朝から雨、、、昨日は何処かで雪が降っているんでは?と思うような寒さを感じました。いよいよバンクーバーに長〜い雨のシーズンが到来、、、のようです。でも、今年の夏は素晴らしい天候に恵まれました。8回程ここで夏を迎えてきましたが、その中でも一番良かった夏のように思います。f0077789_3924.jpg夏は何と言っても愛車"ビアンキ"君が大活躍してくれます。バンクーバーはサイクリングを楽しめる自転車ルートが充実しているので、日本では駅までの"交通手段"でしか乗っていなかった自転車の魅力に、こっちに来てから取り憑かれました。コーヒー豆の調達の時もこのビアンキ君で。この"ビアンキ"はイタリアのメーカーで、私のは15年程前の中古ロードバイクですが、パーツは新しいものなので、まだまだ元気に走ってくれます。これからの寒い雨のシーズンは、あまりビアンキ君の出番がなくなってしまうので、ちょっとというか、かなり寂しくなります、、、
[PR]
# by sayoko71 | 2006-10-16 03:29 | Diary | Comments(0)
おうちカフェオープン!
ちょっと久しぶりのおうちカフェ、"Cafe Sorte"が昨日の日曜日オープン。満足の出来た一昨日のロースト。嬉しいことに、来店された皆さんからニカラグアとケニアの両方のオーダーがありました!ハンドドリップで最後まで責任を持って丁寧に、、、、という気持ちにも気合いが入ります。そして今回のスイーツ達は、初回のカフェで登場した、"しっとりフワフワチョコレートケーキ"と、"モンブラン"でした。f0077789_12461644.jpgでも、この"モンブラン"はタダものではありません!下から順にスポンジケーキ、焼きバナナ、マロンクリームそしてパンプキンクリームというコンビネーション。スイーツ担当のさらちゃんがまず素材を1つずつ味見をし、舌の記憶を頼りに出来上がりの味を頭の中で想像したという創作スイーツです!しかも、すべての素材を同時に口の中に入れた時の食感にまでこだわったという彼女、、、、そのスイーツに対する熱い思い入れには本当に脱帽です。まるで、"舌"というパレットに色を何色か混ぜ合わせ、全く新しい色を創り出すアーティストですね!モンブランに使われている全ての素材のハーモニーは、舌へ心へと染み渡ります。さらちゃんの努力、思い入れがそのまま表現された最高のモンブランでした!スイーツ作りに対するさらちゃんの姿勢や、来店して下さる人達の楽しそうな笑顔にはいつも励まされます。今回も楽しいひと時をありがとう!!
再来週のカフェは"ハロウィーン"特集です。お楽しみに!
[PR]
# by sayoko71 | 2006-10-10 13:17 | Diary | Comments(4)
初のケニア
今日は、明日のおうちカフェに向けて朝からローストしてます。今はちょっと休憩、、、
朝一で、ケニアAAを初めてローストしてみました。豆は比較的小粒で肉厚。個人的には、酸味が気になってあまり自らは選んだことはなかったのですが、先日コーヒーエキスポで試飲したケニアがとても気に入ったので、今回手に入れたのは同じ豆ではないんですが、近い味が引き出せるようにイメージしながらロースト開始!酸味が甘みに変わり、かといって豆の持ち味が失われない煎り止めのポイントを逃さないように、必死に豆達に視覚、聴覚、嗅覚を集中。フルシティ(中深煎り)の終盤辺りで煎り止めてみました。そして早速試飲してみることに、、、
f0077789_236845.jpg最初に口に含んだ時の印象は"甘い!"でした。気分良く次のローストを開始。2回目は、ニカラグアの豆。これも順調に終了。後はオーダーを受けているパプアニューギニアの豆のみです。朝気分の良いことがあっったり、美味し〜いコーヒーを飲めると、その日は1日中ハッピーな気分になれますね〜!
[PR]
# by sayoko71 | 2006-10-08 04:11 | Diary | Comments(0)
思いつきアート2
今回は、更にお店に飾ってある"思いつきアート"を2つご紹介します!
f0077789_10251619.jpgお店の棚をあさっていたら、透明の花瓶を発見。何かに使えるだろうと思って思いついたのがこれ。一番下にセレベス(スラウェシ)の生豆、真ん中にミディアムローストのボリビアピーベリー、一番上は何処のか不明のディカフェ。(このディカフェはお店にずーっと置いてあったもので、どうやら私のオーナーがお店をテイクオーバーする前に使われていたものらしい、、、)写真では見にくいかも知れませんが、一応ロースト段階を表現しているつもりです、、、、
次はこれ。f0077789_1033236.jpg何処で購入したか覚えていないくらい前に手に入れたと思われる、古いまな板に新聞紙を貼り、パプアニューギニアの豆で模様を描いてみました。右横のカップは、お客さんに3サイズが分かりやすいように置いてあった紙コップにちょっと手を加えてみたものです。何だか豆だらけになってきましたが、飾り付け楽しくなってきてもう勝手にやってます。オーナーに"ちょっとやり過ぎなんじゃない?"と言われない程度で止めておかないと、、、、でも次に模様替えしたいターゲットがあるんですが、、、、それは今度またご報告します!
さて、今週末はおうちカフェ"Cafe Sorte"オープンです。今回は初めてケニアの豆をローストしてみようと思っているので、明日は朝ヨガクラスに行った後、生豆の調達をしに自転車でウロウロする予定です。
[PR]
# by sayoko71 | 2006-10-06 10:54 | Diary | Comments(0)
左肩が凝る、、、
"最近やけに左肩が凝るんだよね〜"とヨガクラスに一緒に行った友達にボソッと話したところ、"右脳が疲れていると左肩が凝って、左脳が疲れていると右肩が凝るんだって〜。" と教えてくれました。左右の脳の働きは異なることは知っていましたが、再度おさらいしてみると、、、左脳は話し言葉、書き言葉等の言語認識、論理的、科学的思考や推論、計算や数字の理解を司り、右脳はイメージや想像にたけ、芸術性や創造性を司るほか、直感やひらめきも右脳の作用と言われています。そういえば、今週は毎日お店のイメージチェンジの為に飾り付け等の制作活動に夢中で、結構良いアイデアが浮かんできたりして、"最近冴えてるなぁ〜。"なんて調子に乗っていたんです。"そうかぁ〜、体は正直だなぁ。"と左肩の凝りの原因に納得! いつもひどい肩凝りは左で、右肩はあまり凝りを感じないんですよね。ということは、普段左脳はあまり使っていないことになる? それもまたやけに納得してしまいました(笑)、、、
f0077789_6245365.jpg話は変わり、数日前ショックなことが、、、愛用していたミルクジャグの取っ手がとれてしまったんです。ラテアートを描く時に細かい線が描けるのでとても気に入っていたものです。同じジャグを探しているんですが、ここバンクーバーでは取り扱っている所がありません。今新しいジャグ探しに必死です。取っ手のとれたジャグは捨てるのも可哀想なので、お店の飾りの1つとなっています、、、
[PR]
# by sayoko71 | 2006-10-01 06:32 | Diary | Comments(0)
抹茶ラッテ登場!
有名なコーヒーショップ等ではかなり前からお目見えしていた、"抹茶ラッテ"。やっとうちのカフェでも今週から登場しました! f0077789_12331777.jpg
数日前、抹茶の仕入れ先の業者が来店し、まず作り方のデモンストレーションを拝見。でも、抹茶の説明を聞いた時、あまりにも抹茶について無知だった自分に愕然としてしまいました。カナディアンから抹茶の説明を受けるなんて、、、お恥ずかしい限りです。自己嫌悪から立ち直ろうと、帰宅後 "抹茶とは何か?"の基本を探ることに、、、
抹茶とは、"碾茶"(てんちゃ)を石臼で挽いて粉状にしたものです。では"碾茶"とは?それは覆いをした茶園で制したお茶で、抹茶の原料としてつくられているそうです。碾茶用の茶葉は、一番茶の茶葉を摘む予定日の2週間〜3週間前から茶樹の上にスノコを張り、ムシロなどをたらして、太陽光を遮って育てられています。こうすることによって、緑色は濃くより鮮やかに、そして旨味が増えて、渋味はマイルドに変化します。また、茶葉のクロロフィルは、通常0.5%前後含まれていますが、光を遮ることにより1.0%以上に増加します。光を遮ることによって増える旨味の成分はアミノ酸ですが、中でも"テアニン"というアミノ酸は1.5倍以上に増加します。渋味の成分はカテキンですが、これは光を遮ることにより、反対に1/2以下に減少します。要するに、この"テアニン"と"カテキン"の関係とは、光を遮ることによって増えるテアニンは、光を浴びるとカテキンに変化するんです。というのも、テアニンは茶の根の部分で生成され、最終的にはお茶の葉の部分に到達するんですが、その時、テアニンが光を浴びることにより、テアニンが渋み成分であるカテキンに変化するんだそうです。この2つの効用についてちょっと触れますと、カテキンはウィルスを撃退する抗菌作用があり、テアニンは免疫力を上昇させることによって自体を強くする効果を持っています。どちらも健康を守る為の重要な働きをしてくれますね。何か話が深くなってしまいそうですが、とにかく、この他にビタミンC、P、カフェイン、タンニン、etcと体に良い様々な成分が含まれている碾茶、それをムダなく吸収出来る抹茶はこれからも注目を集めそうです。お客さんに質問された時にスッと答えられるように英語で予備知識を蓄えておかないといけませんねぇ。
ちなみに、お店で扱う抹茶を紹介してくれた業者はこちら、jagasilk。若いカップルで奥さんが日本人、ビジネスをスタートさせてからまだ1年半程だそうです。どんどん美味し〜い抹茶をここカナダで広めて欲しいですね!
[PR]
# by sayoko71 | 2006-09-30 12:39 | Diary | Comments(0)
Canadian Coffee Expo
今週末は、ずっと楽しみにしていたカナディアンコーヒーエクスポで刺激的なひと時を過ごせました!今回はその報告です。
午前中はコーヒーカッピングのクラスに参加。味の違いがハッキリとわかるよう、アフリカ系、インドネシア系、南米系といった、よくカッピングクラスで取り上げられる全く持ち味の異なる豆達が揃っていました。その後、おうちカフェのスイーツ担当のさらちゃんと合流し、コーヒー関連の業者が出店しているトレードショウを見て廻ることに。生豆の輸入業者、焙煎業者、コーヒーメーカー、グラインダー、エスプレッソマシン取り扱い店、シロップ、チョコレート、etc....バリスタチャンピオンシップも行なわれていましたが、まず片っ端から出店の商品をチェック。自分の目的の1つは、ここバンクーバー内にいる生豆の輸入業者を見つけることでしたが、意外にも新しい輸入業者が自宅の近くにいることが分かり、嬉しい収穫でした。しかし、何よりも今回目が釘付けになってしまったのが、これまでに見たこともないフレンチプレスのマシン!! まだ商品化されたばかりのようで、値段もハッキリと定まっていないらしく、気になるそのお値段は日本円で約120〜130万円だそうです。必死にそのマシンの写真を撮ってきたのでご紹介します。f0077789_13243888.jpg
f0077789_13361559.jpg
f0077789_13302285.jpgまずコーヒーの粉をマシンの上部から入れ、お湯が注がれた後、お兄さんが撹拌しています。抽出時間はたったの約40秒。右上画像内のように、上にコーヒーの粉がスーッと上がってきたら出来上がり!初めて見る光景だったので、お兄さんの抽出作業を何度も何度もじーっと観察してしまいました。ここバンクーバーのコーヒーショップでは、マシンで抽出したレギュラーコーヒーをポットにつくり置きしておく所が殆どですが、これならお客さんに好きな豆を選んでもらい、フレッシュな美味しいコーヒーを40秒という早さで一杯ずつ提供することが可能になりますね。気軽にテイクアウトのコーヒーを求めるお客さんが多いですし、時間の経ったコーヒーを処分しなければいけないというムダも省け、今後このマシンの普及度に興味深々です。そしてもう1つご紹介したいのが、これまでに見たこともないエスプレッソマシン!!
f0077789_13571114.jpg

奥にチラッと見える従来のマシンと比較するとかなりマシンの台が低めに設定されています。バリスタの作業しやすい高さに台を調節出来るんだそうです。まだバンクーバーに一台しかないとか?? はぁ〜、つくづくテクノロジーの進化には感心させられます。それと、試飲の連続でカフェインの摂り過ぎ、、、、今晩果たしてゆっくり眠れることが出来るのかどうか、、、、
[PR]
# by sayoko71 | 2006-09-25 14:16 | Diary | Comments(0)