<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧
今旬のモノがゴロゴロ
料理をするのも億劫になってしまう程の猛暑続き、、、、

頭に浮かんでくるモノは、どうしてもさっぱりとしたメニューになりがちです。


そんなうだるような暑さの中、今日は母親を誘ってお出掛け。
そして、我が家を出発して間もなく、車を運転していた母親がとあるモノを見かけて急ストップしました。







それは、今旬を迎えているこちら。

f0077789_22443749.jpg

やはり、身体を潤してくれる『スイカ』が夏にはピッタリですね。

こちらは、自園の畑で穫れたての深緑色をした(恐らく)「でんすけ」がズラ〜リと並んだ地元直売所。幾つものスイカが並んだその光景は何とも圧巻でした。

自分で選ぶのは大変な程の数の多さでしたが、そこはプロの方にお任せすることにし、農家の方が「トントン」とスイカを幾つか叩いて美味しそうなモノをチョイスしてくれました。



農作物は「鮮度」が命。もちろん、コーヒー豆も農作物と同じ。

美味しいものを旬のうちに、、、、

更に大地の恵みからのエネルギーを余すことなく頂きたいと願うのであれが、穫れたてが1番ですね。


最近『地産地消』というコトバをよく耳にしますが、それは特別に意識して取り組むことなのではなく、大切な自然からのエネルギーの活用や身体のことを考慮して「穫れたて」を求めるのなら、ごくごく自然なこと。



それから農家の方とチョッとした会話をしながらスイカを2個購入したら、「栗坊」という可愛らしい小さなかぼちゃもおまけに付けてくれました。

そんな人と人との心温かいやり取りは今後の交流を深め、結果地元支援に繋がることになるんでしょうね、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-29 23:45 | Diary | Comments(2)
コーヒー酒1週間経過、、、
やや深煎りのバリ・アラビカ神山の豆&ブランデーベース・リキュールを使った『コーヒー酒』を仕込んでから、約1週間が過ぎました。

暗闇の中からそっと容器を取り出してみると、お酒はすでに十分深いブラウン色をしています。

f0077789_927086.jpg


早速少しだけ試飲をしてみると、、、、、

すでにチョコレートを思わせるマッタリとした甘み&深みが出ていました。


『十分美味しいね〜。』

と、パートナーと2人で満面の笑顔♪



「もう一杯!!」

といきたいところでしたが、今回の実験では「3週間置く」ことになっているので、ここはグッと我慢。

残り2週間味の経過をみることにします、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-25 09:37 | Diary | Comments(2)
太陽光電気への第一歩
週末の土曜日、我が家のある埼玉・日高市から車で約45分のところにある、比企郡小川町を訪れました。

日高市に引っ越して来てから3年目ですが、まだまだ周辺の街のことは未知の部分が多く、探検気分で愛車の「ベレット」くんで1人ドライブ♪ 初めての道を走るって新鮮な気分ですね。

日高市も自然が多いんですが、小川町に向かえば向かうほどもっと緑に覆われた山々が目に飛び込んで来て、まるで自然の中に飲み込まれて行くような感覚さえしました。



今回小川町に足を運んだ理由は、築140年の素敵な古民家で行われた『ソーラーパネル・ワークショップ』の見学のため。

クラスでは、よく屋根に設置されているような大きなモノではなく、持ち運びが可能なコンパクトサイズの家庭用発電セットを作るコース。自分で作るので、構造がよく分かるのが特徴です。

講師の方々は、小川町を拠点に太陽光発電の普及に取り組まれている 専門会社 " (有) エルガ " の桜井 薫さん & 小針 和久さん。



まず発電セット作り実践の前に、ソーラーパネルの仕組みについての講義。
自分が1番苦手とする「理科の授業」のようでしたが、なかなか面白いお話でした。

最初に強調されていたのは、パネルの表面を覆っているシリコンは、この地球上に1番多い酸素に次いで、2番目に多く地殻中に含まれる『珪(ケイ)素』が主原料であり、『大地の恵み』が電気をつくってくれているということ。

それから、自宅で電気を発電するまでの流れ、パーツやその詳細の説明、出来上がったソーラーパネルが対応出来る用途等々、、、、

専門的な部分がありつつも愉しく、基本的なしくみが把握出来ました。



講義を終え、地元の新鮮な素材をふんだんに使った美味しいオーガニック・ランチを頂いた後は、いよいよ『実践』へ。

f0077789_7425056.jpg

自分は今回見学なので、工程をじっくり脇から見させてもらっていましたが、少しだけお手伝いのチャンスも頂きました。使ったこともない専門的な工具が次々と出て来て、まるで愉しい工作の時間のよう、、、、

そして全ての工程を終え、クライマックスの出来たてホヤホヤ「ミニ・ソーラーパネル」の試運転。
扇風機のコンセントを入れて動いたとたん、皆から「わぁ〜!」という喜びの歓声が上がり、ちょっとした感動に包まれました。


今回実際に作られたご夫婦さんは、作ったソーラーパネルで洗濯機を回すそうです。
もう一方は、オール電化の家での生活を脱して真逆の自給自足の生活を目指し、今自分達で家を建てているそうです。我が家の蔵と同様土壁作りも進行中だそうで、今回のソーラーパネルは未来の理想生活の必需品となりそうですね。



震災以降、明るい将来を築くために自分で出来るコトから取り組んでいる方々の活動が活発になりつつある今、少しずつ気づきを行動に移して行けたらと思っている自分にとっても、こうしたワークショップはとても興味深く、また実際に目で見て体験出来るとても良いチャンスとなりました。


依存することなく「自分でつくる」。

そうした力が自分自身に備われば、将来自分自身が強い味方になってくれることでしょう。

そして、自然エネルギーを使うことは「人や環境に優しい」だけでなく、自然の恵みを頂くことで大地の恵みに感謝し、「自然との共存」を自覚させてくれることにも繋がるのだということを改めて感じています。


f0077789_7402437.jpg



 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-23 13:11 | Diary | Comments(0)
錆モノ無事再生
先日、お気に入りの古道具屋さんに、あるモノを求めて久しぶりに2人揃って足を運びました。

ここのお店の1番の魅力は、やはりいつもニコニコ親切に対応してくださる店主さん。

事前に探しモノを電話で伝えたところ、お店にお邪魔した時には数点候補を用意して下さっていました。


今回の課題は、蔵のカフェ内に設置する『手洗い用の洗面ボウル』探し。

そのボウルになる何か「古いモノ」はないかと、いつもお世話になっている古道具屋さんに期待で胸膨らませながらお邪魔したところ、用意して下さっていた候補の中にビビッとくるモノがありました。


それは、古くてクタクタになった「たらい」(洗面器かも?)。

一部には銅が酸化した「緑青」が出来ていて、その緑色に変色した部分と茶色い錆の部分とのコントラストがまた何とも良い感じです。


ただ、かつて何度か底を叩かれた形跡があり、ちょっと加工するにはその銅の薄さが気になりました。

パートナーも少し悩んでいましたが、やはりその古い風合いの魅力は私達の心配には及ばず購入。





そして数日後。


パートナーがその「たらい」を加工して作ってくれた、「手洗い用洗面ボウル」を無事設置!

f0077789_15504840.jpg


叩かれて薄くなった部分は、裏からシリコンで補強したそうです。

蔵の中の雰囲気と想像通りとてもしっくりきていて、錆好きの私達にはたまらないスポットが出来ました♪


古くなって本来の目的を失ったモノが、新たな使命を持って再生、、、、

また長い第2の人生を歩んでもらいたいものです。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-21 09:45 | Diary | Comments(4)
お隣さんの育てた人参でスイーツ作り
先日、お隣さんが自分の畑で穫れた野菜を持って来てくれました。

袋には、ナス・キュウリ・インゲン・人参。

今が旬の野菜ばかりで、何とも立派に育っていました。


コーヒーと同じように、新鮮な野菜も新鮮なうちに頂きたい、、、、

と、まずインゲンをタップリ使って、暑い時には嬉しい「冷製スープ」を作ることに。



それから、ふっと野菜でスイーツを作りたいと思い立ち、『人参のパウンドケーキ』を作ってみました。

f0077789_1173729.jpg

そういえば、人参を使ったスイーツはもう長年世間でもお馴染みですが、自分で作るのは今回が初めてかも知れません。


このパウンドケーキには中サイズの人参2本使用して、オーガニックレーズンを加えてみました。

砂糖はかなり控えましたが、人参とレーズンの自然な甘さが加わって十分。

なかなか美味しいヘルシーなケーキが出来上がりました♪


もちろん、この人参を大事に育てたお隣さんにもお裾分け。

こうしたご近所さんとのやりとりが出来ることが愉しく、少しずつこの土地に根を張れているような気がしてまた嬉しくもあり、、、、

そんな心温かいご近所さんとのお付き合いを大切にして行きたいですね。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-19 09:15 | Diary | Comments(2)
コーヒー酒作り
以前から作ってみたかったコーヒーのお酒作りにチャレンジしてみました。


用意する材料は、まずコーヒー豆。

選んだ豆は、『バリ・アラビカ神山』のやや深煎り豆。

それに、氷砂糖と35度 甲類焼酎(ホワイトリカー)。

甘さはお酒が出来上がってから調整出来るので、砂糖は最初から入れなくてもいいようです。

そしてベースのお酒は、ホワイトリカーの他にウォッカやブランデー、黒糖焼酎等お好みのものでいいそうなので、今回はブランデーベース・リキュールを使用。



材料が揃ったら、あとは熱湯消毒した容器に入れてじっくり待つのみ。


f0077789_1454589.jpg


3週間程置いておくそうですが、熟成するにつれて深みが増していく様子が愉しみです。

ただ、あまり長く豆を浸しておくと苦くなってしまう場合もあるので、自分の好みの「頃合い」を見つけてみようと思います。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-17 09:34 | Diary | Comments(2)
通りは迎え火で幻想的
我が家のあるエリアでは、13日からお盆に入っています。

お盆は皆さんもご存知の通り、「お盆」はあの世から現世に戻って来てくるご先祖様や亡き近親者の霊をお迎えして供養する行事のことですね。

ここ埼玉県・日高市に引っ越して来てから分かったことですが、特に私達の住むコミュニティでは昔から行われている風習や行事を、今もしっかり受け継いでいる素晴らしいエリアです。


引っ越してきて初めて迎えたお盆の夜、仕事から帰宅しもうすぐ自宅というところで、道路の両側に灯されていた火が演出する幻想的な夜の通りがなんとも印象的で、感動したものでした。


その火が、「迎え火」ということを知ったのはお盆が終わってからのこと。

ご先祖様達が、生前住んでいた家に迷わず帰れますように、、、、、と願って灯す火。



その道路に面している新居で3年目を迎える私達も、今年はその迎え火を灯したい、、、、

と、パートナーが即席で台を作ってくれました。

f0077789_18141160.jpg


我が家には迎え入れるご先祖様はまだいないけれど、このエリアに馴染みのある全てのご先祖様が無事家に戻れますように、、、、



そして、あの世に無事戻ってもらうために灯す「送り火」は今晩。

ご近所さん曰く、こうして皆で「迎え火・送り火」を灯す場所は殆ど残っていないそうです。


こんな時空を超えた家族の繋がりを感じる風習が、いつまでも受け継がれたらいいですね。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-15 19:53 | Diary | Comments(2)
今度は木のコースター作り
以前、使い古したベルトで『皮のコースター』を作りましたが、今回は木でコースターを作ってみました。

使用したのは、「電動糸ノコ」。


電動糸ノコを初めて使ったのは、確か小学6年生の時。

美術の時間で木のブローチを作るのに、ドキドキしながら手元をじっと見つめていた想い出が蘇ります。それはそれは新鮮な経験でした。


今回は、ただ直線に切るだけなんですが、その「直線」がとっても難しくて、、、、

まっすぐな線と悪戦苦闘しながら、どうにかこうにか8枚切ってみました。

f0077789_182261.jpg


この木のコースターは、一応蔵のカフェで使う予定です。

間近でよく見るとボロが分かりますので、ちょっと遠めからサラッとご覧下さい(笑)。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-12 09:20 | Diary | Comments(2)
蔵の内壁再生完了!
昨日、蔵の2階最上部まで泥団子を埋め込み、土壁全体の再生作業がとりあえず一段落。

蔵内部の壁も、ようやく生まれ変わりました♪
f0077789_12471383.jpg


自分達の手が加わったこの蔵は、これからカフェスペースとしての新たな人生が始まろうとしています。これからも様々な歴史がここに刻み込まれ続けて行くことでしょう。


私達がこの蔵と巡り逢った時、日本伝統技術の素晴らしさを目の当りにし、その素晴らしい技術が光るこの蔵を大切に守って活かして行きたい、、、、

と思ったように、もし次世代の誰かが縁あってこの蔵と巡り逢うことがあるのなら、その人の心にはどう響くのか、、、私達からのバトンを受け継いでくれるのだろうか、、、、


自分達が、この蔵が今までどういった人達に守られ、どのような役割りを果たしてきたのか、時々振り返りながら物思いに耽るように、何十年先にも蔵が辿ってきた道をふっと振り返ってくれる人が果たしているのだろうか、、、、


そんな過去から未来へと繋がる見えない線を辿りながら泥にまみれていると、蔵に触れるこの一瞬一瞬が尊くも感じられ、蔵の未来を創造する途上に居ることの歓びを感じています。

残っている蔵を、なるべくそのままの姿でカフェスペースにしたいと漠然と思い描いてスタートした計画。

それが、予想もしていないかった土壁の再生作業も加わったことで、より多くの学びや気付きを得ることが出来た今、改めてこの蔵とのご縁に感謝です♪


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-09 12:50 | Kura Project | Comments(2)
蔵の内壁塗り開始
度開催された『大人の泥んこ遊び』で、蔵の外側の荒壁がどうにかカタチになってから約2ヶ月が経とうとしています。

やっと内側の壁が塗れそうなので、久しぶりに土と藁が混ざった泥プールに入りました。


泥プールを覆っていたシートをめくると、発酵が進んだ泥の色がグレーに変色していたので、今回塗る内壁は外壁とはまた違う色に仕上がりそうで、自然の悪戯に期待大。




この日は30℃近くまで温度が上がった夏陽気となりましたが、ひたすら足踏みしながら土を捏ねます。

f0077789_7202747.jpg

それにしても、独りぼっちの「泥んこ遊び」はチョッと寂しいものですが、、、、





そして土を捏ねた次の日、、、、、


外壁の時と同様、土のお団子を作って蔵の内側から壁にそのお団子を埋め込んで行きます。


壁一面をお団子を埋めた後は、コテで表面をならします。

f0077789_7293073.jpg


1階の客席側の壁となるこの土壁。

また乾燥するまでしばらくかかりますが、乾燥するにつれ変化する色の観察が愉しみです、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-06 09:20 | Kura Project | Comments(0)