「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
掃除中にキラッと光るもの、、、
年末恒例といえば『大掃除』。

こういった機会でないと、普段お手入れの行き届かないところが、ず〜っと放置状態となりかねませんね。

ということで、まずはガラス拭きから開始。


子供の頃も、冬休みに入って大晦日前になると、決まってガラス拭きを任されたものです。
それが子供ながらに億劫だったことを憶えています、、、


そんな想い出を振り返りながらガラスを拭いていると、ガラスの周りの木枠にキラリと光るモノを発見。

f0077789_659628.jpg

木の『ヤニ』が、天然石のような球となってキラキラ輝いていました。

「ヤニ」とは、樹木に含まれる有機成分で、木の芳香や艶のもとでもあります。
又、環境が高温多湿になる程ヤニは出てくるそうです。

どんなカタチに加工されても、「木として生きている証」を見せられているような気がします。

そんな証を目の当たりにすると、物をただの物としではなく、命あるモノとして捉えることでもっと愛おしさが芽生え、更にその愛着心からお手入れに対する意識も改まりそうです。

それが、お掃除上手になるコツの1つになるのかも知れませんね。


心の中で日頃のお礼を言いながら、年末最後の掃除はどうにか終了。
気持ち良く、新年を迎えられそうです。


皆様も、どうぞ良い年末年始をお迎え下さい。
そして、2012年も健康で幸福に満ち溢れた1年となりますように、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-12-31 10:20 | Diary | Comments(0)
Last roasting
f0077789_1233430.jpg


サンタから、『休息』のギフトを頂いたパートナーが、どうにかこうにか年末年始を自宅で過ごせる程に回復してきました。

予定では、明後日30日から2泊3日の外泊許可がおり、、、、

このまま順調に回復すれば、年明け早々には退院出来そうです。



入院中はコーヒーも飲んでいないだろうと、今朝は自宅用に『ブラジル・ハニー』と『メキシコ・マヤビニック』を焙煎。

恐らく、これが今年最後の焙煎です。


ネットショップをスタートさせた2011年は、コーヒーやネットを通して人との繋がりの基盤作りの年となりました。又、ここ地元日高市で根を下ろし、その根が少しずつ広がりつつある、、、、という実感を持てた年だったような気がします。

そんな繋がった根っこがどう広がるのか、それから新たに広がる繋がり、、、、

そんな心躍る想像を巡らせながら、新年の抱負を考えてみようと思います。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-12-28 19:27 | Diary | Comments(2)
クリスマスは以外な場所で、、、
クリスマス・イブの24日早朝、トナカイが引くそりに乗ったサンタではなく、救急車がやってきました。

今月に入り、造園の仕事をしているパートナーのスケジュールがかなりハードになり、気付いたら休みなし、、、、

やはり身体をかなり酷使していたようで、ついに数日前腰を痛めてしまうことに。

それでも、少し痛みが和らいだところで仕事を再開したとたん、昨日の朝ついに身動きが出来ない程の激痛に見舞われしまいました、、、、

身体は本当に正直ですね。


レントゲン検査の結果、幸いヘルニアまでには至っていなかったものの、その一歩手前。
1〜2週間程の絶対安静となりました、、、、

サンタさんから『休息』のギフトを頂いたようです。


という訳で、今日はクリスマス・ケーキだけを作り、院内でひっそりと頂こうと思います。

f0077789_112013100.jpg

『クランベリー&クルミのコーヒーチョコケーキ』


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-12-25 12:35 | Diary | Comments(4)
蘇った『おじいさんの古時計』
我が家に『おじいさんの古時計』がやって来てから数ヶ月間、眠ったままのその柱時計が、クリスマス前にようやく息を吹き返しました。

f0077789_1727960.jpg
ネットショップのロゴに使用している、コーヒーに映った『おじいさんの古時計』





ずっ〜と後回しになってた修理。

暮れも迫ったこの時期に、今年最高に感動した出来事が、自分を奮い立たせてくれました。



「カチッ、カチッ、カチッ、カチッ、、、、、、、、ボーン、ボーン」


その耳に心地良い振り子の音は、おじいさんとの記憶を呼び覚ます音でもあり、復活した今は、

「ありがとう」とおじいさんが言ってくれているような気もします。



今年は、蘇った古時計を通しておじいさんの存在を感じることで、寒い夜長でも心温まるクリスマスを迎えられそです、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-12-24 09:35 | Diary | Comments(0)
サクサククッキー
今朝は、家にある材料で簡単に出来るクッキーを作ってみました。

f0077789_95232.jpg

『フルーツグラノーラ・クッキー』

朝食や小腹の空いた時用に、大抵ストックしてあるグラノーラ。

必要な材料は、その他に小麦粉・BP・砂糖・卵・バター(マーガリン)です。
ざっくり混ぜていくだけでいいので、それ程神経質にならずに簡単に出来上がります。

出来た生地も、スプーンですくって天板に落としていくだけ。
気になるのなら、周りを少し整えるだけで大丈夫です。


以前お世話になった職場は雑貨を取り扱っている為、クリスマス目前の今はきっとラッピング作業で大わらわなはず、、、、

そんな繁忙期真っ只中に、甘いものでちょっと一息ついてもらおうと、差し入れ用に作ってみました。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-12-21 21:40 | Diary | Comments(2)
貴重な国内産のコーヒー生豆
先日、友人からこんなコーヒーの生豆を頂きました。

f0077789_15552379.jpg

左側はコーヒーの実(豆)がまだパーチメント(内果皮)に包まれている状態、右側はパーチメントから取り出した生豆。

これは、貴重な貴重な国内産のコーヒー豆です。

気候・自然条件上、基本的に日本はコーヒー栽培には適していませんが、沖縄や徳之島等といった一部でコーヒー栽培に取り組んでいる方々がいらっしゃいます。

この豆達は、『小笠原諸島』で育ったものです。

以前、小笠原を旅したその友人が、私ヘのお土産として持って帰って来てくれたんだそうです。
残念ながら、月日が経ち過ぎている為すでに良い状態とは言えませんが、貴重な豆です。

小笠原諸島の日本領有が確定した後の明治11年頃、島内で様々な熱帯植物の栽培が試験的に行われたそうですが、その中にコーヒーの木が含まれていたそうで、小笠原は国内で初めてコーヒーの栽培に成功した場所だそうです。


徳之島コーヒーは、"Glaubell Coffee" の狩野さんを通してその存在を知り、実際に頂いたことがあります。

その味の良質さは、愛情をタップリ注がれ大切に育てられたような、、、そんな印象を受けたことを憶えています。


いつか、小笠原のコーヒーも味わてみたいものです、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-12-20 18:04 | Diary | Comments(0)
ワインが欲しくなるフランスからのお土産
先日、フランス旅行から帰って来たご近所さんから、ワイン好きにはたまらないこんなお土産を頂きました。


f0077789_8143012.jpg

出発前に「ハード系で1番香りの強そうな(くさそうな?)チーズを!」とリクエストしたところ、頂いたのがこの『コンテ』♪

袋を見ると、これは6ヶ月熟成させたコンテのようです。


『コンテ』は、フランス東部のフランシュ・コンテ地方に広がるアルプスに近いジュラ山脈一帯で、職人が手作りしているハードタイプの熟成チーズのこと。そのジュラ県は、フランスで一番寒い場所だそうで、紀元前の頃から保存性の高い大型の山のチーズが作られていたそうです。

チーズは、栄養たっぷりでも日持ちのしないミルクをいかに保存し食料として確保するか、、、、
と工夫を重ねてきた保存食。寒さの厳しい山岳地域に住む人々にとっては、それはそれは貴重な栄養源だったんでしょうね。

ちなみに、牛のミルクから作られるコンテは、1個が最低でも35kg級の大型で、その1個を作るためには、500リットルものミルクが必要なんだとか。


さて、そのお味は、、、、

熟成度によって味の深みは違いますが、こちらは思ったより最初の口当たりはアッサリしていました。でも、噛んでいるうちにコクが広がってその旨味が口の中に広がり、、、食べ易いコンテでした。

白ワインからミディアムボディの赤ワインくらいまでが相性が良さそうです。


どうにかクリスマスまで持たせるように、少しずつ愉しんでます(笑)。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-12-18 09:35 | Diary | Comments(0)
フランス菓子&お土産話
昨日は、歩いて30秒という "スープがあっつ熱" の距離にある、ご近所さんの家に遊びに行ってきました。

ご近所さんは最近フランス旅行から帰ってきたばかりで、目的はもちろん、おフランスのお土産話♪


ヨーロッパ圏には、1度も足を踏み入れたことのない私にとっては、憧れの地でもあります。

古い歴史のある街、歴史的建築物の数々、芸術、フランスパンにチーズ、ワイン、そしてカフェ事情と、見たい・知りたい・食したいものは山ほどあります。

撮ってきた写真を見せて頂いただけでも、歴史上でも有名な建物や教会等からは重厚感が伝わってきます。実際にその場所に足を運んでその歴史の重みを感じたり、当時の様子を少しでも垣間見ることが出来たら、、、

本物を目の前にして何が体感出来るのだろう、、、、と想像すると、ますます歴史が深く刻まれた土地への想いが募ります。


街の様子も、どこを切り取っても絵になるような街並。

可愛らしいカフェやパン屋さん、美味しそうなフランス料理の数々、、、、

写真をめくる度に、憧れのため息が出ます。



そして、お土産話に華を咲かせながら頂いたのは、紅茶とフランスからのスイーツ、『ヌガー』。

f0077789_23245185.jpg


我が家ではもっぱらコーヒーなので、滅多に頂かない紅茶は何とも優雅な気分にさせてくれます。

ご近所さんもアンティーク好きで、フランスを訪れると愉しみにしているのが「蚤の市」だとか、、、

そんな蚤の市等で見つけてきたという温かみのあるアンティーク達が、とっても居心地の良さを演出してくれているお部屋は、本当にフランスのどこかのお家に遊びに来ているかのような異空間でした。


ついつい盛り上がって長居してしまい、すっかり旅欲も刺激されてしまったようです。
ご縁があれば、自分もいつか、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-12-16 10:05 | Diary | Comments(0)
お店用に入手したマグ
f0077789_9273493.jpg


こちらは、『Crayon マグ』という名前の通り、クレヨンで描いたようなステッチ模様がとっても可愛らしいマグ。

Cafe Sorteのネットショップでご案内中の " クリスマスギフト " で、セットアイテムとして登場している『椅子のオブジェ』と同じく、益子焼窯元『よしざわ陶器』さんによるマグです。

椅子のオブジェもお皿もマグも、どれもこれも素朴ながらも、作り手さんの手の温もりが伝わってくるような、、、そんな『よしざわ陶器』さんの作品にすっかり魅了されています。

新作が出るのがいつも待ち遠しくもあり、また愉しみで、目が離せません。


この『Crayon マグ』も、将来蔵のカフェスペースで使わせて頂きたいと思っています。

そのカフェで日の目を見る時が来るまで、大切に保管中です。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-12-14 10:22 | Diary | Comments(0)
初雪日の焙煎
布団から出るのにチョッと勇気が必要だった昨日、朝カーテンを開けたら白い雪が舞い降りていました。

今年の初雪でしたね、、、、


そんな初雪の光景を横目で眺めながら、せっと朝一から始めたのは焙煎。

午前中ずっと籠って焙煎をしたお陰で、寒さも全く気になりませんでした。

夏は苦行と言えるほど汗だくになる焙煎作業も、冬は大助かりです(笑)。


この日は、ご注文を受けた「ブラジル・アマレロ ブルボン」と、「グァテマラ・パストーレス ピーベリー」をまず焙煎。

ネットショップで何を選んで良いか迷う方には大抵お薦めする、Cafe Sorte のお薦めコーヒー2種です。

そして、ご注文分のコーヒー豆を焙煎した後は、アメリカ・バージニア州在住の妹夫婦に送る為のコーヒー豆を焙煎。豆は、「ケニア・マサイAA TOP」と「バリ・アラビカ神山」の2種。

寒い冬でもミルク入りのアイスコーヒーを好む妹には、深煎りに合う豆をチョイスしてみました。


それから、両親が海を隔てて住む可愛い孫達に、何かクリスマスの贈り物をしたいと選んだ絵本に焙煎したコーヒーを添えて発送することに。


クリスマスシーズンは、1年で最も忙しくなる郵便事情に不安が募ります。

クリスマスまでに、、、というより、少しでもコーヒー豆が新鮮なうちに海の向こう側まで渡り、無事妹ファミリーの元に届きますように、、、

f0077789_16132014.jpg



 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-12-10 16:14 | Diary | Comments(0)