<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
雨でも心には太陽を、、、
今週末は、久しぶりにYちゃんが我が家に遊びに来てくれました。

頻繁に逢える訳ではないけれど、数ヶ月ごとにランチをしたり一緒に出掛けたりするYちゃんとの出逢いはバンクーバーでした。

そのYちゃんが、我が友 Sakiちゃんが行っている "Lani Holistic Academy of Canada (LHAC) " のLaniセラピスト養成講座を受講する為に、先月約10年ぶりにバンクーバーを再訪したので、今回はそのお話や彼女の変貌ぶりを愉しみにしていました。



そして数ヶ月ぶり、しかもセラピストの卵になった新たな彼女との再会。


ある程度予想はしていましたが、その予想以上にYちゃんはとっても穏やかな表情をしていました。お肌のツヤも良くて、自分はオーラが見えるわけではないけれど、何だか彼女が発している気が明るいというか、生き生きしているというか、、、、


勢いがあってノリにノっているYちゃん、ワイングラスを片手にバンクーバーで学んできたことや、続けているヨガ、仕事等のお話に華が咲き、気づいたらミッドナイトまでおしゃべりは尽きず、、、、

Sakiちゃんの講座で吸収してきたことを今自分のモノにしつつある彼女の、愉しくて夢中になっている様子が印象的でした。



そして翌日、歩いて5分程の所にあるオーガニック・カフェ " Alishan (アリサン) " でランチをすることに。

どのメニューでも、新鮮な野菜がタップリと美味しく頂けるんですが、今回は「ひよこ豆と野菜タップリスープ」と、この「ピタピザ」。
f0077789_22291854.jpg


ピタパンは、日本のスーパーでは殆ど見かけないので入手困難ですが、私の好物。

興味のあるYちゃんの愉しいお話と美味しいランチで、心と身体に栄養補給が出来ました。



その後、まだまだSakiちゃんから習得した "Lani Healing" 等のことで刺激的なひと時を過ごし、、、、

お天気はどんよりとした雨模様でしたが、心に太陽の光を注いでくれたYちゃんのお陰で、パッと明るい爽快な週末を過ごすことが出来ました。



これから、セラピストとして経験を重ねてどんどん腕を磨いて行くYちゃんの将来が愉しみです。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-05-29 23:30 | Diary | Comments(0)
銅製ケトルのススメ
我が家の朝は、もちろん一杯のコーヒーを淹れることから始まります。

数種類の抽出器具が揃ってはいますが、もうフレンチプレスでの抽出がお決まりになってきています。

しかし、焙煎後の試飲ではハンドドリップで抽出して味を確認することが多く、その際に登場するのが、この「銅製ケトル」。

f0077789_12173751.jpg


銅製のズッシリとした重厚な存在感が、ちょっと高級感も醸し出しています。

そして、見た目もさることながら機能性もバッチリです。


その銅製ケトルのメリットとは、、、

・銅なので熱電導性が良く、冷めにくい特性を持っている。
・銅イオン作用で殺菌力に優れ、水道水の塩素分解効果もあり、まろやかな味になる。

といったことが挙げられます。

特にこケトルは注ぎ口がかなり細いので、抽出の際に湯量のコントロールがしやすいのも特徴です。

ただ、熱伝導が良くてハンドルまで熱くなるので要注意ですが、、、、



実家にも、もう○○年活躍している同タイプのケトルがあります。

大事に扱ってあげれば、長いお付き合いが出来そうです、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-05-26 20:34 | Diary | Comments(0)
古い鉄瓶の新たな人生
先月、パートナーの実家がある北海道を訪れ、北見市に在住のおばさん家に遊びに行った時のこと。

「蔵が再生してカフェスペースになった時に、これを、、、」

と手渡された重たいモノ。

f0077789_119512.jpg


かなり古い『南部鉄瓶』です。


現役としてはすでに引退かな、、、、

という程年季の入った鉄瓶。

かなり良い具合に歳を重ねています。

今のところ、土を入れてサボテンか多肉植物あたりを育てようか、、、
と考えているところです。


この鉄瓶、新たな第2の人生でもドッシリとした重厚感のある存在感を発揮しながら、
いつまでも活躍してもらいたいですね。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-05-25 11:09 | Diary | Comments(0)
ツボ押しくん
こんな可愛い「ツボ押しくん」を頂きました。
f0077789_912060.jpg


このポッカリ口を開けた表情に、思わず顔がほころんでしまいます。

只今ネットショップでは、手焙煎によるコーヒー豆を販売していますが、何しろ少量ずつの手焙煎の為、ご注文の量によっては半日、1日がかりになることもあります。

焙煎中は夢中で全く感じませんが、焙煎を終えホッと一息つく頃には肩等がコリコリ状態に、、、、

そんな時にこのツボ押しくん、一役買ってくれそうです。


何といっても、見るだけで筋肉も心もほぐしてくれそうなこの表情。

癒しの「ツボ押しくん」です、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-05-23 09:00 | Diary | Comments(0)
○○年前の手作り絵本
新居に引っ越してきてから1年が経ちましたが、実家にはまだ運びきれていなかった自分の荷物が沢山残っていたようで、ついに「呼び出し」が掛かってしまいました。

約10年のバンクーバー生活で、長い間実家には不在。しかもその間実家の改築も行われた為、何が何処にあるのか、いま一つ把握しきれていないままで今の新居に引っ越し。

今回の震災を機に、両親も家の不要なモノを全て処分して身の回りを整理したかったようです。

そこで、母親と共に早朝から段ボールの山を一気にチェック。


思った以上に不要で処分するモノが多くビックリしましたが、その中でも捨てられないモノも多々ありました。

アルバム・写真・作文・手紙等々、、、、


アメリカに留学していた頃は、まだ現代のようにメールのやりとりはなかったので、日本からのエアメールも沢山残っていました。

今やメールで簡単に連絡を取り合うのが普通になり、便利な世の中になりましたが、手紙が届くのを待ちわび、ポストを開ける愉しみがめっきり減りましたね。

慣れない海外生活当初、時には寂しい思いをし、手紙が大きな励みにもなっていたことが懐かしく思い返されます、、、、


そんな整理の最中、懐かしい手紙や写真を見始めてしまうと、とてつもなく時間が掛かりそうなので、まずは処分するもの&そうでないものを仕分けることに。



すると、またまた手が止まってしまいました。





こんな自分の幼い頃の作品が、、、、

f0077789_2113269.jpg

『3びきのやぎのがらがらどん』の絵本。

折り紙で作った表紙に、中は文章はありませんがストーリーに沿ったクレヨン画。

おそらく、年長さんの時に作ったモノです。

誰もが幼少時に慣れ親しんだ定番の絵本だと思いますが、ノルウェー昔話なんですね。

「がらがらどん」という3匹の山羊が餌を求めて冒険をするストーリーですが、途中橋のところで登場する「トロル」という妖怪に、ちょっと怯えてたことを憶えています。


○○年の月日が経ってもまだ手元に残っている品々、、、、

大切な自分の宝物&財産です。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-05-21 08:33 | Diary | Comments(0)
蔵を良く知る人が逝く、、、、
数日前、道向かいのお隣さんが永眠されました。

がんの宣告を受けてから、僅か3週間で逝かれたそうです。


信じ難い突然の訃報に、最初はビックリして同性の違う人ではないかと思った程でした。

そのお隣さんはクリーニング屋を営んでおり、つい最近まで夕方には店内でせっせとアイロンがけをしている姿を窓から見かけていたのです。


約1年前、ここ埼玉・日高市に引っ越してから、右も左も分からずにいた私達に、満面の笑顔で気さくに話しかけてきてくれたそのお隣さんのお陰で、同じ町内の方々とのお付き合いが愉しく始められたところでした。

夏には庭先でのバーベキューに誘ってくれたり、自分で採ったキノコをお裾分けしてくれたり、町内で一番身近で頼もしい、お父さん的な存在でした。頻繁に逢っていた訳ではありませんでしたが、実際私達は「お父さん」と呼んでいました。



お隣さんが逝かれたことで一番残念に思うことは、修復してカフェスペースになる私達の蔵にご招待出来なかったこと、、、、


f0077789_1958135.jpg
そのお隣さんは、私達が移り住む前にここに住んでいた方と同級生だったそうで、子供の頃は蔵の中でその同級生とよく遊んでいたそうです。

そんな蔵にまつわるお話を、懐かしそうに私達に話していた姿が思い返されます。

もっともっと色々なお話を聞いてみたかったし、カフェスペースが出来たら一番最初のお客様になってもらいたかった、、、、


そのお隣さんの想い出が詰まった蔵を受け継いだ私達は今、新たに再生させて大切に守り続けるコトが役目なのだと思っています。

ご冥福をお祈り致します、、、、



 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-05-18 20:30 | Kura Project | Comments(0)
HBで初のピザ作り!
HBを購入後、いつかピザ作りに挑戦しようと思ったまま約1年の月日が流れてしまいました。

ピザ生地はHB任せなので、そんなに手間のかかる作業ではないんですが、どうも作るタイミングを掴めなくて、今まで実行に移せず、、、、


しかしついに今週末、ピザ作りを実現!


生地の準備は、お休みだったパートナー任せ。
強力粉&薄力粉の代わりに全粒粉を使用。

具は、トマトピューレ・玉ねぎ・ピーマン・赤パプリカ・アボカド・ベーコン・バジル、それに北海道のお義母さんから頂いた山菜、『行者にんにく』入り。そして上にタップリチーズをのせて準備完了!
f0077789_21413743.jpg


そして、待つこと約20分、、、、

焼き上がり前から、オーブンからの漂う香ばしい匂いがたまりません。




その美味しそうなピザの出来上がりはこちら。
f0077789_2147958.jpg

ピザを入れた直後に、うっかりオリーブの存在を忘れていたことに気付き、慌てて上にトッピングしてみました。


生地をお好みに合わせて作り、好きな具を好きなだけトッピングして、、、

そんな自分で作るプロセスを愉しんだり、とろけるチーズ&カリカリのクリスピーな生地の焼きたてホヤホヤを頂けるのは、何とも手作りならではの醍醐味ですね〜。

またとろけ出たチーズが、カリカリのチーズクラッカーのようで美味でした。


アボカドが入っていると、ハワイ・コナコーヒーファーム "プリンセス・ラダ ファーム" でお手伝いをしていた頃、週1回は作っていた "ピザ " を思い出します。

ファームで採れた(というか、ファームにゴロゴロ落ちていた)大きなアボカドを、いつもスライスしてトッピングし、テラスでサンセットを眺めながらのピザは、またまた最高でした、、、、


しばらく、ピザ熱は続きそうです、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-05-15 23:03 | Diary | Comments(4)
ガーデニングショウで一番目を惹いたモノ
毎年5月初旬〜中旬にかけて行われる、『 国際バラとガーデニングショウ 』に足を運びました。

我が家では毎年恒例になりつつこのイベント、今年は庭師をしているパートナーがとあるプロジェクトに向けて準備を進めているため、特に参考要素や情報集めの重要なイベントでもありました。


人・ひと・ヒト、、、でいつも大変な思いをしますが、今年は平日の午前中に行ってみたので、人混みもまだひどくはありませんでした。

それでも、可憐なバラや他種の花々をマクロ撮影しようと、特に受賞した人気のガーデン前には人の山ができ、時には展示されているガーデンが全く見れない所もあります。

このショウではコンテストが行われるんですが、ガーデンのスケールの大きさで分けた部門、フロント(アプローチ)のみの部門があり、各部門で優秀賞・準優秀賞等が与えられます。

一通り廻ってみると、必ずしも上位に入っているガーデンが自分にとって魅力があるモノとは限りません。やはり、コーヒーと同じく個々の嗜好は異なるものですね。


そんな中で一番惹かれたのは、鮮やかなバラ達でも素敵な受賞ガーデンでもなく、

こちら。
f0077789_170484.jpg

これは、コンテストの出展作品ではなく、ホンダがサポートする "ハローウッズ " という「森の自然体験ミュージアム」が紹介されていたブースにあったモノです。

一見宇宙船のようにも見えますが、『苔むす繭』というモノ。
カタチが可愛らしく、思わず笑みが溢れました。

繭の中では、こんなイメージで過ごせるそうです。
f0077789_171378.jpg


説明によると、宇宙に浮く繭のカタチをモチーフにしたのは、自然に対する畏敬の念を込めてのことだそうです。

心身ともに疲れた人間を癒す、潤いのある眠りのための部屋。
自然と苔がつくりだす空間で、適度な温度とロウソクのほのかな明かりに包まれながらゆったり休息することで、身体本来が持つエネルギーを充電してくれるそうです、、、、

多くの現代人が求めている『癒し』。
自分も、その内の1人のようです、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-05-13 17:46 | Diary | Comments(2)
レトロチックでも、所変わればイマドキ?
先日、とあるショップでこんなレトロなパケージに目が留まりました。
f0077789_2292213.jpg


『 "WING" BICYCLE LAMP 』

と書かれていました。

自転車用のライトのようです。

アメリカンテイストなレトロ&ポップのような箱に見えますね。


でも、箱の上部には◎の中に「永」の漢字が、、、、
下部には、「SHANGHAI CHINA」と。

どうやら、中国製の一見アメリカンレトロに見える自転車ライトでした。



箱の中のランプはこんな感じです。
f0077789_2221892.jpg


裏のカバーを開けて単一電池を2本入れ、ゼンマイのネジのような部分を回すと、ライトが点灯します。

至ってシンプルで、色も良い感じですが、、、、

単一電池が2本入っていると、結構ドッシリと重さを感じるので、実用的なのかどうかちょっと疑問です。


日本では、レトロショップ内で可愛らしく馴染んでいましたが、中国では実際に自転車のライトとして使われているんでしょうか、、、、

この重いライトをハンドルに引っ掛けるのか、何処か他の場所に掛けて走るのか、、、、

そもそも、イマドキのライトなんでしょうか?


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-05-09 22:30 | Diary | Comments(2)
コーヒーに思いを託して、、、、
ネットショップの "Cafe Sorte " では、コーヒー豆を数種類詰め合わせた箱入りギフトセットや、より手軽なミニメール便も承っています。

f0077789_12434070.jpg


ご要望によって、メッセージカードを添えたり、アレンジは色々可能です。

お受けするメッセージは短いものですが、そのコトバの裏には、きっと色々な思いや願いが詰まっていることでしょう。

コーヒー豆と共にそんな思いをしっかりお届け出来るよう、それぞれのメッセージを心に留めながら大切に焙煎するよう心掛けています。


重要なお役目、キチンと努められますように、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-05-08 12:56 | Diary | Comments(0)