「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧
コーヒー袋に使用しているロゴの場所は、、、
少し前にご紹介した、温かみのあるクラフト袋。

ご注文を頂いた時には、その袋に Cafe Sorte のオリジナルロゴシールを貼り、コーヒー豆をお届けしています。

そのロゴの内の1枚は、このブログのロゴにもなっているこの画像。
f0077789_15332811.jpg

バンクーバー市内にあるモコモコした白い雲のようなドーム型の建物といえば、すでにご存知の方も多いと思いますが、" BC Place " です。

まだ記憶に新しい2010年開催の冬季オリンピックでは、開会式と閉会式の会場にもなりましたね。

もともとBC Place は、バンクーバー国際交通博覧会(1986年)と連動してウォーターフロントの再開発が行われた際に、同博覧会メイン会場の中心部に接する位置に建設されたそうです。

カナダのフットボールリーグ、" BC Lions " の本拠地なので、ゲームが開催される日はとても賑わいます。それ以外には、コンサートや見本市等のイベントの際に利用されています。


このロゴは、そのBC Place をバックに自分の愛車『ビアンキ君』を撮って作成したものです。

日本で新たにコーヒー豆の販売を始めるにあたって、新しいロゴシールを作ることも考えていましたが、バンクーバーは自分の第2の故郷でもあり、コーヒーと共に歩む道を選び、コーヒーと共に歴史を刻んだ場所でもあるので、『 Cafe Sorte 誕生の地 』ということでこのまま使用しています。

この他にロゴシールは4種。
次回、他のロゴに使用した場所もご紹介したいと思います、、、、


f0077789_7414498.gif
Cafe Sorte コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-01-31 20:52 | Diary | Comments(2)
バリ島の神々に見守られた豆達
先日、最近入手した『バリ・アラビカ神山』を焙煎・試飲してみました。

煎り止めはフルシティローストで、やや深煎り気味に。
f0077789_12543032.jpg

焙煎終盤、煎り止め前に漂ってくる香りには、もうウットリ、、、、


そして焙煎翌日、お愉しみの試飲。

その香りからの期待通り、芳醇な香りとしっかりとしたコクがありました。
ですが、その深いコクの中にも少しピリッというか、スキッというかスッキリ感もあるようです。また、適度な甘味と苦みのバランスも良く、コーヒーの温度が下がるに連れて、その甘味をより強く感じます。


神の創造の味、、、、、(?)


とは大袈裟ですが、何とも魅力的な『バリ・アラビカ新山』です。

Cafe Sorte のネットショップにも、早速登場しています♪


f0077789_7414498.gif
Cafe Sorte コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-01-29 09:18 | Diary | Comments(2)
我が家の甘酒
寒い冬、身体をポッカポカにしてくれる飲み物といえば、、、

『甘酒』。


自分で作る時は甘味を抑え、ショウガをタップリ利かせます。

先日、母親から米麹をもらったので、今回は砂糖を使用せず、米麹の自然な甘味だけで仕上げました。

それともう1つ、甘酒作りに欠かせないショウガは、作り置きしてあるショウガシロップを作った時に保存しておいた「ショウガスライス」がまだ僅かに残っていたので、それを刻んで入れてみました。


f0077789_837538.jpg

更に、日本酒もチョッピリ加えて大人の甘酒に、、、、


ショウガと日本酒効果で、身体の芯までポッカポカです。


f0077789_7414498.gif
Cafe Sorte コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-01-26 20:51 | Diary | Comments(0)
神の島からの贈り物、アラビカ神山
最近、以前から煎ってみたかった豆を入手しました。

f0077789_1241125.jpg

『インドネシア・バリ島 アラビカ神山』

バリ島は「神々の宿る島」と言われる神秘性&数多い遺跡・寺院にも心惹かれ、1度は足を運んでみたい場所です。

この豆達が育ったコーヒー農園は、バトゥール山の山腹、キンタマーニ(Kintamani)高原に所在しています。その足下には、「バリ島の水がめ」とも呼ばれるバトゥール湖が広がり、その『バトゥール』とは、「聖なる・神々しい」という意味なんだそうです。


豆は結構大粒で肉厚です。

神々の宿る大地で、見守られながら育った豆達。
その豆達の持つ味との出逢いが、今から愉しみです、、、、


f0077789_7414498.gif
Cafe Sorte コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-01-24 09:52 | Diary | Comments(2)
コーヒー袋
f0077789_835445.jpg


Cafe Sorte では、画像のようなクラフト袋を使用しています。

このクラフトの、ナチュラルな温かみが好きです。

この袋には、『アロマブレスシール』という構造が施されていて、コーヒー豆から発生する炭酸ガスを袋外に出しますが、外からの酸素からはしっかり豆を守ってくれるので、酸化を防ぎ豆の鮮度が長持ちします。


煎りたての豆を、なるべく新鮮なうちに味わって頂きたい、、、、、

必須アイテムです。


f0077789_7414498.gif
Cafe Sorte コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-01-22 11:46 | Diary | Comments(0)
創作スコーン
今回のスコーンは、何とも贅沢な素材を使った『創作スコーン』(あり合わせスコーンとも、、、)を作ってみました〜。

基本のレシピは、何回か作っている「ジャガイモスコーン」。

そのジャガイモの代用として、思いついたのが、、、、、、





お正月に使い切らなかった「百合根」!

百合根を柔らかく茹でてマッシュし、粉類や他の材料に混ぜ込みます。

それと、前回ご紹介した『ジンジャーシロップ』を作った時に煮詰めたジンジャースライスを細かく刻んだものと、ドライクランベリーも入れてみました♪
f0077789_11182873.jpg


マッシュした百合根のお陰で、マッタリ感のある生地に、、、、

そして、ドライクランベリーのさわやかさ&ジンジャーのピリ甘なアクセントが良い感じです。

なかなか面白いスコーンが出来ました、、、、


f0077789_7414498.gif
Cafe Sorte コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-01-19 09:15 | Diary | Comments(2)
青い炎に魅せられて
我が家にアラジンストーブがやってきました。

f0077789_10211467.jpg

少しずつ改良を重ねてはいるものの、約70年間殆どその形は変わっていないそうです。

レトロ感タップリの存在感が、我が家の雰囲気作りに一役買ってくれています、、、、


吸い寄せられるように近づくと、温もりのあるブルーフレームに釘付け。

f0077789_1013155.jpg

すると、炎の輪郭がくっきり見え、何とも可愛らしいのです。
それはまるで、花びらのよう、、、、


寒い冬の間、身体もココロも優しく、そして温かく包んでくれそうです。


f0077789_7414498.gif
Cafe Sorte コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-01-15 12:08 | Diary | Comments(2)
酒粕がチーズクラッカーに?
先日母親から、とある番組で酒粕を使ってチーズ味のクラッカーを作っていた、、、、

との情報を得ました。


酒粕がチーズ味に??

酒粕もチーズも同じ「発酵食品」なので、同じような要素を持っているんでしょうか?

そんな半信半疑の思いを解消すべく、『酒粕チーズクラッカー作り』に挑戦!


材料は、酒粕・薄力粉・オリーブオイル・塩・水・酢。

最初に酒粕からオリーブオイルまでの材料をそぼろ状になるまで混ぜ、その後水・酢を入れて練らずにまとめて切り分け、オーブンで焼きます。

なかなか生地がまとまりませんでしたが、どうにかカタチになりました。
f0077789_1229512.jpg



さてさて、肝心なお味ですが、、、、

確かに、チーズのような味ですが、酒粕の香りも残っています。

中に酒粕が入っていることが分かっているから、余計感じるのでしょうか、、、、、

個人的には酒粕も大好きなので、この『酒粕クラッカー』なかなかいけます。


f0077789_7414498.gif
Cafe Sorte コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-01-13 11:37 | Diary | Comments(0)
グリーンの正体
今回焼き上がったのは、グリーンのスコーン。

f0077789_782499.jpg


基本は、以前ご紹介した『ジャガイモスコーン』なので、フワッフワっのモッチモチ。

それにクルミと、キッチンですっかり出番がなく忘却物となっていた、、、、






『青汁』の粉末


を、思い切って混ぜ込んでみました。


お味は、まるで抹茶スコーンのようにほのかな苦みと甘味がたまらない、スイーツスコーンに変身しました〜。


青汁の主な栄養素はビタミンA、ベータカロチン、ビタミンC、葉緑素、カルシウム、カリウム、マグネシウム、鉄、食物繊維等で、期待出来る効果は血液の浄化、便秘解消、免疫力の向上、がん予防、デトックス効果、美容効果、花粉症やアトピー等のアレルギーの抑制等です。


大好きなスコーンで、栄養価からの効能が期待出来るとは、、、、

朝の愉しみが更に健康的にもなっていいですね。


f0077789_7414498.gif
Cafe Sorte コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-01-10 09:29 | Diary | Comments(2)
ジンジャーシロップでポッカポカ♪
最近、寒さも本格化してきましたね。

この寒さを乗り越える策を色々考えているところですが、先日本屋さんで目に留まったのが、美味しそうな「ジンジャー・シロップ」の作り方。

本にはショウガ好きにはたまらないレシピの数々が紹介されていて、ジンジャーエール、ジンジャーチャイティ、ジンジャー梅酒等といった飲み物だけでなく、様々な料理にも活用出来るというのが魅力的でした。

しかも「ショウガ」には、人体の免疫力を高める、身体を温め冷えを取り除く、コレステロールの低下作用がある、鎮痛・抗菌・解毒に強い効果が認められる等々、、、、の効用が期待出来るので、早速家に戻ってジンジャー・シロップ作りに挑戦!
f0077789_10281360.jpg

シロップ作りに必要なモノは、ショウガ・きび砂糖・水・スパイス類(粒こしょう、赤唐辛子、ローリエ)・レモン汁。ここで大切なのは、「白砂糖」は用いないということ。


白砂糖は、精製過程でビタミンやミネラルなどの栄養素を失った『酸性食品』です。

人間の体は、基本的に『弱アルカリ性』です。その為、酸性食品が大量に体内に入ると、中和するために体内のミネラル分が使われます。この時、最も多く消費されるのがカルシウムです。

白砂糖は、このようにカルシウム&ビタミン類がほとんど含まれていないので、多量に摂取することによるカルシウム&ビタミンの欠乏から、様々な疾患を招くと言われているそうです。

又、白砂糖は血中に取り込まれるのがとても速く、血糖値が急激に上昇します。
その為、インスリンが大量に分泌され、低血糖も引き起こしやすくなるとのこと。

更に気になるのは、東洋医学で分類すると、白砂糖は『陰性食品』だということ。陰性食品は身体を冷やすモノなので、白砂糖の摂取は「冷え性」にも関係するそうで、、、、

冬の大敵は、この「冷え性」であって、せっかくショウガ効果に期待大のシロップ作りが台無しになってしまいます。

ちなみに、砂糖の中でも『てんさい糖』だけは「砂糖大根」(殆どの砂糖の原料はさとうきび)で、砂糖大根は寒冷地で育つ『陽性食品』なので、身体を温めてくれる作用があるそうです。そして、砂糖大根は多糖類のため、ゆっくりと消化される分、血糖値の上下が緩慢とのこと。


まだまだ食品に関しては知らないコトが多いですが、なるべく身体に優しいモノを選んであげたいものですね、、、、


f0077789_7414498.gif
Cafe Sorte コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-01-07 10:18 | Diary | Comments(2)