<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
見所満載の遠山記念館
川越から北上すると、川島町という所があります。

昨日、その町にある『遠山記念館』に行ってきました。

敷地内には、貴重な秘蔵品を公開している美術館と美しい日本庭園、素晴らしい建築技術を垣間見ることの出来る邸宅があります。

それは、日興證券の創立者である 遠山元一氏により建設された邸宅で、全国各地の銘木を用いて2年7ヶ月を費やし、昭和11年に完成されたそうです。


今回の一番の目的は、『邸宅』。

一見、「華やか」というより「地味」ですが、日本建築の繊細で丁寧な技術があちこちに見られ、思った以上に見所が満載で、年月の流れと共に深めてきた重厚感を感じます。

そんな数々の見所の中で、一番惹かれたのは、
庭の縁先に作られた『水琴窟』(すいきんくつ)。
f0077789_22192911.jpg

画像内にある縁先の手水鉢から水を汲み、手前の小石が敷かれた場所に水をかけると、
「ピン、ピョン、、、」という鉄琴音のような、何とも涼しげな音が奏でます。

この仕組みは、水が小石の隙間を流れ、土中に逆さに埋められたツボの中央の穴に集まり、雫となって落ちます。そして、底に溜まった水に触れた時の水滴音が、ツボ内部で反響して地上に響き上がってくる、、、、、というわけです。

夏時期に聞けば、暑さも少し忘れさせてくれそうな、清涼感溢れる音。


こんな不思議な仕掛けがあるとは、、、、

昔の人の粋な遊び心には本当に感心します。

現代の方が断然モノが溢れ返っているのに、昔の人の方が遊び方が上手なようです。

心の豊かさを感じますね〜。


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-10-29 22:40 | Diary | Comments(0)
コーヒーが欲しくなる北の国からの送りモノ
先日、北海道に住むパートナーのお義母から、宅配便が届きました。

開けてみると、箱一杯に北の国からの美味しそうな品々が、、、、、

一番のメインは、お義母さん手作りの『豚丼のたれ』。
やっぱり、お袋の味は一番のご馳走。

そして、『柳月』という有名和洋菓子店からのスイーツの数々。

私が餡子好きということをキチンと考慮して下さっていて、餡子菓子も色々入っていました♪

しかし、『柳月』といえば『三方六(さんぽうろく)』というバームクーヘンなんだそうです。

その三方六のチョコレート味と季節限定のメープル味も入っていました。
f0077789_9553100.jpg


『三方六』は、「三方六寸」に切られた薪をイメージして付けられた名前です。縦に切られた形のバウムクーヘンで、コーティングされた2色のチョコレートが、白樺の木肌のように見えます。現在は10切れにカットされていますが、以前はカットされていなかった為、ノコギリ型のナイフが入っていたそうです。

チョコレートはカットされていましたが、メープルにはノコギリ型ナイフが入っていました。遊び心があっていいですね。

バームクーヘンの生地は優しく上品な味わいで、コーヒのお供には最適。

ここ最近、ショッピングカート作成でPCとにらめっこの日々が続いているので、優しい甘さが疲れを癒してくれています、、、、


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-10-27 09:42 | Diary | Comments(0)
HPの素材収集
只今、HPに設置するショッピングカート選びに頭を悩ませている最中、、、、

設置後、少量ずつの手焙煎によるコーヒー豆が紹介出来ることを夢見ながら、数多くあるショッピングカートのサービスサイトとにらめっこです。


そんな最中、準備するべきことはないかと、素材作り等に取り組んでいます。

ロゴ作りや商品に関する詳細を検討したり、、、、

今日は早朝からコーヒー豆を3種焙煎し、サイトに掲載する為の写真撮影に挑戦。

斜光の入り具合や構図に合わせて、自分の立ち位置やオブジェクトの配置・角度等を変えてみたりして、色々なパターンを撮ってみること数十枚、、、、

「あーでもない、こーでもない、、、」

と悪戦苦闘しながらも、どうにか出来そうな掲載出来そうなモノを選んでみました。


撮影後は、とりあえずコーヒータイム。

何かに夢中で取り組むと、終わった後にドッと疲労感を感じるものですね。
でも、ちょっとした満足感も感じます。


まだまだ素材集めは続きそうです、、、、

f0077789_1125585.jpg



にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-10-23 11:26 | Diary | Comments(0)
HP公開中ですが、、、、
以前、カナダの友人に作成して頂いた“Cafe Sorte”のホームページを、英語から日本語に修正する作業に取りかかり始め、やっと公開出来るまでに至りました。

ホームページ作成ソフト、“Dreamweaver”の知識は皆無でしたが、悪戦苦闘するうちにチョッピリ仕組みが見えて嬉しくなったり、、、、

少しずつの前進でした。

英文を日本文への修正と画像の変更、そしてギャラリーの画像も増やしてみました。


まだ一部完成ではありませんが、一応一般公開していますので、お時間のある時にでもぜひ覗いてみて下さい。↓

f0077789_1075513.jpg
Cafe Sorte



今後は、HPからオンラインで手焙煎でのコーヒー豆の販売が出来るよう、ショッピングカートの設置を検討中です。

紆余曲折しながらも、最後まで自分で取り組んでみたいと思います。

一歩ずつの展開ですが、どうぞお愉しみに、、、、


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-10-19 09:49 | Diary | Comments(4)
タンザニア・エーデルワイス AA
グンと気温も下がり、すっかり秋真っ只中といった今日この頃、、、、

夏の間は汗だくだった手焙煎も、時には鼻歌まじりで、快適に焙煎に取り組むことが出来るようになりました。

先日焙煎したのは、『タンザニア・エーデルワイス AA』。

f0077789_21151555.jpg


タンザニア・オルディアニ地区の標高1700mに所在する、『エーデルワイス農園』で収穫されたブルボン種が主体のコーヒー豆です。

単一農園で収穫された豆なので、その農園名『エーデルワイス』が明記されています。
ちなみに、「ブルボン種」とはコーヒー豆の品種で、「AA」とは豆の等級のことです。


ブルボン種の有する甘味・香り・コクを持ち合わせた豆。

その持ち味を上手く引き出せることを願いながら、少しだけ深煎りに、、、、

焙煎直後は味が落ち着いていない為、逸る気持ちを抑えて味が安定するまで少し待ちます。


日が経つにつれて変化する味、、、、

その変化の過程を感じながら、飲み頃を迎えるのが愉しみです。


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-10-15 19:43 | Diary | Comments(2)
見たこともない落花生
先日、またまたビックなモノを頂きました。

今回は、母親からの巨大な『落花生』。

f0077789_10475243.jpg


何と比べたらその異様なサイズの大きさがお伝えできるのか、、、、、

探した挙句、選んだのが

『iPhone』。


外見の大きさにビックリ、更に殻を割って出てきた豆のサイズにもビックリ!

今まで見たこともない、巨大豆でした。


味もしっかりとしていて、食べ始めるとやっぱり、


『やめられない、止まらない、、、、』

ですね~。


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-10-12 10:55 | Diary | Comments(2)
巾着田再訪
近所にある『巾着田』は、彼岸花の群生地として有名で、我が家の前の道は見頃を迎えた先月末からず~っと巾着田に向かう人&車で賑わっていましたが、終息を迎えた今はやっと落ち着きを取り戻しつつあります。

そんな見頃を終えた巾着田を、昨日は気持ちの良い晴天だったので再訪してみることにしました。


まだ見頃のピークを迎えている場所も少しあり、まだ綺麗な赤い絨毯のような光景を見ることが出来ました。

そして道端で、何やら人のかたまりを発見。

近づくと、絵描きさんが色鮮やかな彼岸花を描いていました。

f0077789_2117196.jpg


とっても気さくな方のようで、絵の写真を撮りたくて近寄ってきた人々を次から次へと快く迎え入れ、時には自分までしっかりと写真の中に納まっていました。


その日彼岸花よりも注目を集めていた絵描きさん、

穏やかな笑顔が印象的でした、、、、


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-10-09 21:29 | Diary | Comments(2)
東京ゲストハウス " toco " OPEN!
今回は、友達の旦那様が棟梁として追い込み作業に取り掛かっている、
"toco(トコ)" をご紹介。

上野にある古民家を再生し、世界から集まる旅人達の為の宿泊施設として誕生する "toco"。

東京のど真ん中に、緑に囲まれたこんな古い民家が残っているんだ、、、、

という何とも異空間っぽい感じが素敵です。

ちなみに "toco" とは、「床」からきているそうです。



そもそも、友達の旦那様はピンチヒッターとして途中から棟梁に。

棟梁だった知り合いの方が突然の死を迎え、彼の夢を受け継ぐことになったのです。

そんな悲しい出来事を乗り越え、他のスタッフさん達と団結し、彼の思いにしっかり応えながら10日のオープンもいよいよ目前に!



皆の思いが沢山詰まった素敵な空間、"toco"。

彼らのエネルギッシュな奮闘ぶりを綴った→tocoブログには、熱いモノを感じます。

そんな刺激を受け、自分も何か出来ることはないかと、ここでご紹介させて頂くことにしました。


東京を訪れる機会があったらぜひ!
f0077789_753869.jpg



にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-10-07 08:24 | Diary | Comments(0)
行ってきました、"カフェ あまんゆ"
コーヒー関連でお世話になっている "Glaubell" の狩野からのメール通信で、我が家からそれ程遠くない秩父のカフェで狩野さんが焙煎した『徳之島コーヒー』が飲めることを知ったのは、数ヶ月前でした、、、、

しかし、秩父まで1時間もかからない場所に居ながら、今までなかなか足を運ぶ機会が無く、、、、

やっとこの週末、秩父へのドライブが実現しました。



『徳之島コーヒー』は、"カフェ あまんゆ" という小さな古民家カフェで飲むことが出来ます。

奄美群島のアンテナショップという役割も持ち合わせているので、室内ではPCで奄美の様子を画像で見れたり、現地の情報満載の島々のパンフレットも置かれています。

f0077789_110361.jpg


玄関を上がって畳の部屋に入ると、小さくなレトロ卓袱台と座布団が並んでいて、そこは長い年月が経っているけれど、人の手が入ってリフォームされたその温もりが感じられる、とっても心地良い空間でした。

室内では、PCで奄美の様子を画像で見れたり、現地の情報満載の島々のパンフレットも置かれています。

腰を下ろすと、早速オーナーさんが喜界島で入手してきたというゴマのお菓子を持ってきてくれました。

f0077789_1164681.jpg


早速、徳之島コーヒーと奄美のスイーツをオーダー。

奄美のスイーツは、黒糖の優しい甘さがたまらない、懐かしさを感じる蒸しケーキ等々、、、、
華やかなスイーツではないけれど、素材と作り手の愛情がストレートに伝わってくるような、、、、

といった印象でした。

とっても美味しかったです。

それに加え、徳之島コーヒーも大切に育てられたような、、、そんな栽培者側の思いが伝わってくるような質の良さを感じました。

美味しいコーヒー&スイーツプラス他のお客さんも交えたオーナーさんとのおしゃべりで、充実感で満たされた休日を過ごすことが出来ました。



ところで、オーナーさんが奄美に興味を持ったキッカケは何だったのか、気になって最後に質問してみると、、、、、



『島バナナ』が食べたくて訪れたのが最初のキッカケで、その後奄美を何度も訪れ深く交流を持つようになったんだそうです。


コーヒー栽培を見たくてハワイ・コナへ飛んだ、そんな衝動的な自分の行動と、勝手ながらにも嬉しい共通点を感じてしまいました(笑)。




にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-10-05 11:37 | Diary | Comments(0)
ビッグな頂きモノ
最近、味覚の秋にふさわしく、色々果物が充実してきていますね~。

この時期、りんごやブドウ・柿等が旬の果物ですが、梨もまだまだ出回っています。

今は特に『豊水』を見かけます。

『豊水』は、名前の通り水分が多くて瑞々しく、甘いですね。



先日、そんな旬な豊水をパートナーが頂いてきました。

でも、それが今まで見たこともない巨大なモノで、直径15cm以上はありそうな、片手では持ちきれない程のサイズ。

f0077789_10305697.jpg


日頃お世話になっている仕事仲間の方の実家が、茨城で梨農園を営んでいるそうで、その農園からの新鮮な梨。

あまりにも大きいので、「いつ剥き終わるんだろう、、、」と思える程、剥く時間の長さを感じます。

大きいからといって味は大雑把ではなく、水分が滴るほど瑞々しく、甘さの濃度も濃いモノでした。

その美味しさに、2人して溜息、、、、


「食欲の秋」は真っ盛りです、、、、


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-10-03 10:39 | Diary | Comments(0)