<   2010年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
久しぶりのシグリ
いよいよ日本ではGW(ゴールデンウィーク)に突入します。

何処かへ旅行でも~♪

といきたいところですが、新居を落ち着かせるのにやることはまだまだあります、、、、
そんな中でも、GW中には初めて新居に泊り客を迎えることになりました。


とりあえず頭に浮かんだのは、自分達とお客さん用のコーヒーを確保すること。
今回選んだ豆は、パプアニューギニアの『シグリ』。

シグリ農園は、西部高地地方に位置する「ワギ・バレー(谷)」にあります。海抜1600m級の高地で、四方を高い山に囲まれているので谷というよりは盆地といった感じのようです。もともとの苗は、ブルーマウンテンの産地でもあるジャマイカから持ち込まれたそうです。

まだ焙煎を手探り状態で始め、コーヒー豆の種類も多くは知らなかった頃、この『シグリ』の上品な味わいとまろやかな甘みにとてもウットリした記憶があります。

そんな自分の心に残っている味をイメージしながら、シグリの美味しさを引き出してあげられたら、、、、
と思います。

f0077789_74435.jpg







にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-04-30 08:05 | Diary | Comments(0)
オーブン初使用
新居に引っ越して一週間が過ぎ、少しずつ生活感が出てきたところです。

キッチンも、少しは(?)料理をしている気配も漂ってきたような、、、、


昨日は、初めてオーブンを使ってみることにしました。
新品のモノを使う時は、何ともワクワクするものですね。

でも、最近の電化製品には様々な機能や音声での案内が付いていて、取り扱いに少々手こずるもの。

新居のオーブンも色々便利な機能が付いているようですが、とりあえずシンプルにケーキを焼きたかったので、ろくに説明書に目を通さないまま挑戦してみました。


新品のオーブンで初めて挑戦したのは、ちょっと季節モノでありませんが、

『りんごケーキ』。

f0077789_8553011.jpg


一応、見た目は良いようですが、、、、

味は保証ナシ。


まずは、今日誕生日を迎えるパートナーに毒味役をしてもらうことにします、、、、






にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-04-25 13:53 | Diary | Comments(2)
どっしりもっちりベーグル
雨がシトシト降るなか、『埼玉の小江戸』と呼ばれている蔵造りの街が有名な川越に用事があった為、その小江戸エリア内にあるベーグル屋さんに足を運んでみました。

以前から気になっていたそのベーグル屋さんは、" Vanitoy Bagel(バニトイ ベーグル)"。

小さなスペースながらも、1階には種類豊富なベーグルがずらりと並び、2階はカフェスペースとなっています。

f0077789_172023100.jpg

センスの良いアンティーク調のテーブルやインテリアが落ち着いた雰囲気を演出しています。


そして、シンプルにお好みのベーグルをトーストしたものと、ブレックファーストメニューの中からベーグルのフレンチトーストをオーダー。

f0077789_1735389.jpg

日本では、なかなか美味しいベーグルに出逢えませんが、ここのベーグルは生地が詰っているようなドッシリ感とモチモチ感があり、食べ応えのある美味しいベーグルに大満足です。


ベーグルと一緒にオーダーしコーヒーを飲みながら、カウンター席越しから小江戸を散策している人々を観察したり、、、、


ちょっと観光気分も味わいながら、一息出来たひと時でした、、、、

f0077789_17311942.jpg



にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-04-22 17:39 | Diary | Comments(2)
慌しさの合間に、、、、
引越しをすると、荷物の整理や必要なモノの調達でしばらくバタバタするものですね。

1日が本当に24時間かと疑うほど、あっという間に時が過ぎる毎日で、まだまだ新生活が落ち着くまで時間が掛かりそうですが、、、、



そんな慌しい毎日でも、新鮮なコーヒーだけは確保しようと、時間を見つけて手焙煎。

焙煎に集中していると、やらなければいけないリストで一杯な頭を少し切り替えられ、良い気分転換にもなります。


そして、手元には何とも嬉しいコーヒーのお供も、、、、

引っ越した次の日に、トロント在住の友人からギフトが届き、その中に私のお気に入りチョコが入っていたんです。

そのお気に入りチョコとは、

トロントにある、"SOMA Chocolatemaker" のジンジャー(生姜)入りチョコ。


シンプルながらも上質で濃厚なチョコの甘みが、疲れ気味の頭とカラダを癒してくれそうです、、、、


f0077789_12541469.jpg



にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-04-19 21:59 | Diary | Comments(4)
新居に引っ越しました
数日前、ついに蔵に隣接している新居へ引っ越しました。

まだ自分達で取り掛かっている内壁やその他数箇所は未完成ですが、とりあえず住める状況になったので、未完成の部分は住みながらのお愉しみということに、、、、


とりあえず、今回はリビングルーム上部の一部を様子をご紹介します。

f0077789_2012164.jpg


どっしりとした大黒柱に、自分で選んだ照明達。


照明は自分達で決めることにしたものの、思った以上に一軒屋に必要な照明器具の数の多さビックリ、、、、

アンティークショップやホームセンターを何回も訪れることになりましたが、ようやく集まった照明を取り付け、点灯する瞬間はワクワクするものです。


結局、昭和初期のレトロっぽい雰囲気にまとまり、、、、

自分の好みがハッキリと分かりますね。



照明だけでなく、自分達らしい味を新居のあちこちに出しながら、居心地の良い空間をつくって行けたらいいなぁ、、、、と思います。

そして、ここまで辿り着けたのは家族や建築に携わって頂いた方々のお陰だと、、、、

この家にはそんな周囲の人々の思いも込められた空間でもあることを心に留めながら、大切に住んで行きたいと思います。


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-04-17 20:35 | Diary | Comments(0)
贅沢な腰板
先週、蔵に隣接している完成間近の新居内にあった足場が全て外れてから、かなり住まいらしき空間になってきました。

建具屋さんも、テキパキと襖や扉、障子戸を次々と取り付けてくれて、和室は畳を除いて完成状態。



その昭和っぽい障子戸の腰板部分に注目すると、

素晴らしい木目がとても印象的です。

f0077789_1638505.jpg


建具屋さん曰く、天井裏に3年寝かした貴重な板を使用しているとのこと。

この木は樹齢何年だったのか、年輪を数えてみたくなるほど立派です。



最近の住宅建築事情では、このような木材を活用する機会が減った為、建具屋さんが赤字覚悟で私達に提供して下さいました。

大事に使ってあげたいものです、、、、


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-04-12 16:43 | Diary | Comments(2)
熱を蓄える暖房
昨日は、新居に色々な業者が入っていました。

電気屋さん、建具屋さん、東電の工事、etc、、、、

そんな業者さん達で込み合っている未完成新居にレンガの数々を発見。

実はそのレンガ、『蓄熱暖房』用のレンガだったんです。


『蓄熱暖房』とは、その名の通り「熱を蓄える」暖房方式。蓄熱体のレンガ材を暖め、その熱を序々に放熱することで暖房をする仕組みとなっています。

f0077789_981445.jpg

(蓄熱暖房機内の様子例)

蓄熱の仕方は、深夜電力を利用。夜間に割安となる深夜電力で、蓄熱体に熱を蓄え、その熱を朝から一日かけて放熱し、室内を暖める全館タイプの暖房です。自然放熱される輻射熱(ふくしゃねつ・・・遠赤外線の熱線によって直接伝わる熱)と、自然対流でじんわり暖まるんだそうです。

デメリットを挙げるとすれば、冬は大活躍の蓄熱暖房でも夏は邪魔な箱となり、邪魔になっても重量が重く、移動するのは不可能という点でしょうか、、、、


新居内に3箇所設置されましたが、その中でも1番大きなモノの内部はというと、、、、
レンガ1個8kg、暖房機内に積まれたレンガ総重量約370㎏。

この日は春らしい晴天ながらもまだ空気が冷たく、気温もあまり上がりませんでしたが、業者の方が汗だくになりながらレンガを運んで下さいました。


今度訪れる冬に、このレンガ達の活躍ぶりが愉しみです。


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-04-09 19:47 | Kura Project | Comments(0)
外トイレ
只今、仕上げに向けて追い込み中の新居には、将来焙煎スペースとなる蔵(これから修復予定)に来て下さるお客さん用の外トイレも設置されています。

その外トイレの入り口の様子をご紹介。

f0077789_1931225.jpg


小石と御影石(みかげいし)を使用したとっても素敵な仕上がりに大満足。

f0077789_19345188.jpg


使用された御影石とは、火成岩の一種である花崗岩。


『御影』とは、かつて兵庫県の御影の北に位置する六甲山地で多く算出されたことから、花崗岩のことを御影石と呼ぶようになったと言われています。

御影石は、吸水率が低くて硬いのが特徴で、墓石のほか、建築物の外装材・内装材・テーブルなどの天板などに用いられるそうです。また酸に強いので、商業施設などのトイレの内装に採用されることも多いとのこと。



設計士さんが、「見かけによらず(?)丁寧な仕事をしてくれるんだよ。」と冗談まじりに話していた通り、その仕上がり具合から、その職人さんの性格が分かりますね、、、、



にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-04-07 19:50 | Kura Project | Comments(4)
大工さんの技光る
只今最終段階に入っている新居の建築現場には最近壁塗りの準備の為毎日通っています。

大工さんのお話によると、私達の新居のように木をふんだんに使った家を建てる人はあまりいないそうで、大工さんの腕の見せ所が少なくなっているようです。

そのお世話になっている大工さんが昨日見せてくれたのは、トイレ内の洗面ボールを置く台。

f0077789_20161454.jpg


材料は、以前大工さんと一緒に選んだ木材。
その木材の一部をカットして、トイレ内に取り付けてありました。

そして板を良く見ると、木目が浮き上がっているように見えたんです。


f0077789_20164343.jpg


実はこれ、『うずくり』という伝統的な日本の木材加工技術なんだそうです。

「うずくり」とは、天然木の表面を何度も擦ることで年輪の凹凸を際立たせ、木目を美しく見せる加工のことですが、その美しさだけでなく、部材の表面を引き締める役目もあるとのこと。

木目を浮き上がらせることで立体感が生まれ、木の風合いを目と肌で味わえますね。


現場で職人さん達と一緒にいると、木や作業等に関することを色々教えてくれるので、とても参考になります。

そして、大工さんの技が光る空間を持てることはとても嬉しく、手掛けてくれた大工さんの笑顔が何よりも光っていて素敵でした。


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-04-04 20:24 | Diary | Comments(0)