「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ケニアブレンドをフレンチプレスで
ケニアの豆は、お気に入りの1つです。

肉厚なケニアの豆は、上質な酸味・甘み・しっかりとしたボディがバランス良く味わえる上品なコーヒーだと思います。


その豆の持ち味は、焙煎度合いが異なれば同じ豆でも引き出される味わいも異なってきます。

そこで、ケニアの豆を2種の異なる度合いでローストし、ブレンドしてみました。

1種はシティロースト(中深煎り)位、
もう1種はフルシティ(深煎り)で。

1種の豆を度合いを変えてブレンドするのは初めての試みでしたが、また1つ美味しい発見へと繋がりました。



また、コーヒーの抽出法も様々ですね。

その日の気分や豆によって抽出法を変えてみることもありますが、基本的なお気に入りの淹れ方はフレンチプレス。

f0077789_11284479.jpg


最近、プレスの抽出法を下記のサイトのような方法に変えて淹れています。

『フレンチプレスのいれかた』

普通、コーヒーの粉を入れてからお湯を注ぎますが、この方法だとお湯を先に入れます。
その方が、コーヒーに対する物理的な刺激が少ないとのこと。

なかなかお勧めな方法です。
今朝も、ブレンドしたケニアをフレンチプレスで頂いてみました。


毎朝コーヒーをゆっくり愉しむためには、早起きも惜しまず、、、、
眠気よりコーヒー、、、、ですね。


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-02-26 11:59 | Diary | Comments(0)
自転車日和
雪が降ったり厳しい寒さがしばらく続いた東京に、久しぶりにお天道様が戻ってきてくれました。

まるで、春の到来を思わせるような暖かさ。

早速、愛車の『ビアンキ君』と共に、お天道様の陽射しを浴びながらお買い物へ、、、、



そのお供のビアンキ君に、ちょっとした変化が、、、、

f0077789_17312328.jpg


以前貼ってあったロゴのステッカーがかなりボロボロになったので、ロゴを全て剥がしてからというもの、ずっと名無しの権兵衛さんだったんですが、やっと新しい " Bianchi " ステッカーを貼ってあげました。

f0077789_17351012.jpg



そして、チョッピリ新装したビアンキ君と一緒に目指すは、最近近所にオープンした某スーパー。
何やらワインがセールというので、品揃えチェックも兼ねてコーナーを覗いてみました。



が、、、、

品揃えは、地元スーパー群の中では充実している方ですが、自分の欲しいようなモノはなく、、、、

日本のお店では、フランス産のワインを良く見かけますが、カナダでは豊富なオーストラリア産のモノは数少なく、、、、もちろん、カナダ産ワインも見かけません。

振り返れば、バンクーバーに居た頃は、かなり贅沢な選択肢を与えられていたんですねぇ、、、、


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-02-23 17:12 | Diary | Comments(2)
トミオ・フクダ Dry On Tree
最近、ブラジルのコーヒー生豆を数種類続けて取り寄せてみました。

カナダに居た頃に比べて、日本のマーケットではブラジルの生豆が揃っているというのが印象です。そこには、北米にはないコーヒーを通したブラジル在住日系人との繋がりが見え隠れしますね。


今回取り寄せてみたのは、ブラジル・バウ農園のオーナー、日系2世のトミオ・フクダ氏の、
"Mundo Novo Dried on Tree"(ムンドノーボ種・樹上完熟コーヒー)。

これは、樹上でコーヒーの赤実の状態から約45日間かけ、摘み取られる間際までたっぷりと栄養を吸収したムンドノーボという品種で、甘味を保持したままの状態で完熟乾燥されるそうです。そして、収穫後は精製はせず、乾燥したコーヒーの実はそのまま木製貯蔵庫に保管され、45日間寝かされます。樹上で甘味が増したコーヒーの実達は、貯蔵庫で完熟乾燥のまま寝かせることで、更に熟成されるとのこと。

f0077789_12122785.jpg


丹精込めて育てられた豆達の甘みを充分に引き出せるように、大切に焙煎してみたいと思います、、、、


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-02-20 17:16 | Diary | Comments(4)
屋根の様子
蔵に隣接して建設中の新居。

次第に家らしいカタチになってきました。

先日は足場を登って屋根の様子を観察に、、、、

f0077789_11285989.jpg


この屋根の仕上げ材は、『アスファルト・シングル』と言い、基材(ガラス不織などの無機系材料)にアスファルトを含浸させた柔軟性のあるグラスファイバー製の屋根材だそうです。

軽量・安価で複雑な屋根でも加工もしやすく、防水性・耐震性に優れているとのこと。

ちなみに『シングル』とは、米国で一般的に使われている屋根材で、日本の瓦にあたる部分のことだそうです。(他に「ウッド・シングル」等)

このアスファルト・シングルは、一見「大丈夫?」と思えるほど軟で軽そうですが、、、、
施工とメインテナンスの容易さで、セルフビルダーには人気があるようです。

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-02-19 19:55 | Kura Project | Comments(2)
バレンタインは1日喫茶へ、、、
バレンタインデーの日曜日に、グラウベル・狩野さんの1日喫茶、"one day Glaubell" に足を運んでみました。

コーヒーは、カップ・オブ・エクセレンスで1位を獲得している、『グァテマラ・エルインフェルト農園』のコーヒーと、狩野さんご自身のブレンド『バレンタイン・ブレンド』の2種。

その両方を、フレンチプレスで頂きました。


グァテマラは、「パカマラ種」という比較的大粒の品種だそうで、私にとっては初めて頂く品種でした。これは、香り豊かで甘みの強さが印象的な一杯でした。

そして、『バレンタイン・ブレンド』は、バランスの良い口当たりの優しい一杯。

どちらも、狩野さんの豆に対する丁寧な温もりが感じられる美味しいコーヒーでした。


そして、コーヒーのお供にオーダーしたのは、
『テリーヌ デュ ショコラ "クロ" 』というチョコレートケーキ。

これは、カカオの苦味が効いた、こってり濃厚で上品な一品。

f0077789_2148045.jpg


美味しいコーヒー&スイーツで、自分自身も美味しい思いが出来たバレンタインデーでした、、、、


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-02-17 20:51 | Diary | Comments(0)
バレンタインに挑戦したもの
今年のバレンタインにはどんなスイーツを作ろうかと考えていると、やっぱり自分も食べてみたいモノばかり浮かんでくるものです。

そこで、フツーではなくちょっと風変わりなモノを作ってみようと思いついたのが、、、、


『豆腐チョコクッキー』。

大豆・豆腐類は自分の大好物なので、それをスイーツの材料として使うのは興味津々。


材料は、薄力粉・BP・絹ごし豆腐・砂糖・カカオ・刻んだチョコレート、そして味噌を少し。
バターや卵、オイルは一切使用していません。


そして思った以上にふっくらとした焼き上がりに、、、、

f0077789_2224498.jpg


上には、チョコと相性の良さそうなドライクランベリーをトッピング。


外はサクサク、中はしっとりとした、甘さ控えめのヘルシーなクッキーが出来上がりました。


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-02-15 22:31 | Diary | Comments(1)
ビアンキ君、日本で復活
カナダ・バンクーバーから、海を渡って荷物が日本に到着しました。

約2ケ月かかった、長い船旅、、、、

思えば約10年前、スーツケース2個分の手荷物でバンクーバーへ旅立ったのに、帰国する時には10箱以上もの大荷物になっていました。それでも、帰国前はかなりの衣類や雑貨類を処分したんですが、、、、




そして、やっと届いた大荷物の中でも1番愉しみにしていたのは、愛車『ビアンキ君』。

f0077789_1116073.jpg


箱に収めるためにパーツを解体したため、まずはビアンキ君の組み立てから、、、、


そして、もとのロードバイク姿に復活!!

f0077789_11184543.jpg


ビアンキ君のお陰で、お買い物や外出の愉しさ倍増です、、、、


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-02-13 11:22 | Diary | Comments(0)
新種の野菜?
先週末、伊豆・稲取の温泉でゆっくり羽を伸ばしてきました。

年末バンクーバーから日本に帰国後、泊まりで温泉に行くのは初めのこと。
温泉&海の幸三昧で、思う存分堪能出来ました。


そして、伊豆といったらみかん!

ということで、いかにも「お土産用にどうぞ~!」と売り込みをしているようなお店ではなく、帰路の途中無人スタンドに立ち寄ってみることに。

そのスタンドをのぞいて見ると、みかんだけでなく地元の畑で採れた野菜類も数種類並んでいました。

f0077789_20485987.jpg


その野菜達の中で、何度も見直してしまう不思議な名前を発見!

それは、、、、



『ブロッコリン』

f0077789_20492897.jpg


思わず、笑みがこぼれてしまうような可愛らしいネーミング。

ノンビリとした地方の街での、微笑ましい発見でした、、、、


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-02-08 20:53 | Diary | Comments(4)
欲しいアイテムでリサイクル!
図書館で何気なく手にした雑誌に、自分の欲しいアイテムでリサイクルにも一役買えそうなコトを発見しました。

その欲しいアイテムとは、今建築中の新居に将来設置することを検討している『薪ストーブ』。
しかし、薪の調達に苦労したり、何かとコストがかかるもので、贅沢なモノになりますね。


でも、その雑誌で目にしたのは、、、、

紙の薪、『紙薪』!

f0077789_1756304.jpg


2~3日分の新聞紙で、紙薪が一個出来るとのこと。
その紙薪を作るのは、画像内の『紙与作』という器具を使って簡単に出来るそうです。

又、熱量は薪とほぼ変わらないそうで、約1時間半かけてゆっくりと燃えるそうです。


自分の理想のカタチで暖をとることがリサイクルに繋がる、、、、

そんな『紙薪ストーブ』ぜひ検討したいと思います。


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-02-06 18:08 | Diary | Comments(2)
コーヒー生豆探索
手焙煎器具『煎り上手』を購入してからというもの、ほぼ毎日試行錯誤を繰り返し、焙煎をしてから就寝というリズムが定着しつつあります。

先日は、手焙煎用に4種類の生豆を購入してみましたが、今回はブラジルの『ブルボン・アマレロ種』をご紹介します。

f0077789_18392023.jpg


「アマレロ」とは、ポルトガル語で「黄色」を意味し、通常コーヒーの実は赤く熟しますが、アマレロ種は黄色に熟します。ちなみに、『ブルボン』とは品種名で、コーヒー業界でも主流となっているアラビカ種の一種です。

この小ぶりな可愛い豆達は、軽い酸味で優しい甘味の中にもしっかりとしたコクを持っています。

その甘みを上手く引き立たせてあげられたら、、、、と、
シティロースト(中深煎り程度)で煎り止めをしてみました。

f0077789_18395191.jpg


そういえば、ハワイ・コナコーヒー農園でお手伝いしていた時も、数本黄色く実るコーヒーの木があり、『コナ・ゴールドコーヒー』として紹介出来たら、、、、と盛り上がったコトが思い返されます。
→「Kona Farm Diary

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-02-03 20:26 | Diary | Comments(4)