「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
スポットライト
f0077789_11282295.jpg

日常の何気ない風景や見慣れた空間の中で、光が差すことによって格別に生き生きと輝いているシーンが目に飛び込んでくる時があります。

その場所は、まるでスポットライトが当たっている特別の場所のようで、" 今の私を見て " と主張しているかのよう。

そういった、いつもとは全く違う顔を見せてくれることでその場所に惹き込まれる、光と空間と自分との出逢いが、街歩きをより一層楽しくさせてくれます、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2008-05-31 18:50 | Diary | Comments(0)
ロースト中に、、、、
f0077789_10341939.jpg

ローストの合間に読もうと雑誌を持ち出したものの、パラパラとめくって載っている写真を眺める程度で、同時に2つのコトに集中するなんて器用なことは到底無理なようです、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2008-05-27 10:40 | Diary | Comments(0)
The beauty of Japan
f0077789_233368.jpg

[PR]
by sayoko71 | 2008-05-26 02:04 | Photo Gallery | Comments(0)
カモメと対話するヒト
バンクーバーに戻ってきてから、久しぶりにカメラを持って外に出る余裕が出来ました。

いよいよ観光シーズン突入といった感じのバンクーバーは、観光客で賑わい始めています。そんな観光客達が気持ち良さそうに散歩をしている中で、ふと目に留まった女性がいました。

f0077789_10122052.jpg


彼女はカモメに餌を与えながら話しかけていました。
近づいて耳を澄ましてみると、英語でもフランス語でもない理解不可能なコトバ。

カモメはきっと、相手のコトバではなくココロを理解しようとしているのだろう、、、と思わせるくらい、その女性との空間に暖かみを感じた光景でした。
[PR]
by sayoko71 | 2008-05-23 10:25 | Diary | Comments(2)
青梅バンザイ!
いよいよ明日はバンクーバーに帰る日。

今回の日本滞在での最後の週末は、気の合う友と青梅探索を愉しみました。

青梅の商店街では、昔の映画看板のレプリカをあちこちで見かけます。
そんなレトロ感溢れた街中には、" 昭和レトロ商品博物館 " もあります。

館内に入ると、駄菓子やさんが再現されていたり、懐かしいジュースのビンや缶、お菓子の箱、子供の頃に見かけたり使っていた商品が溢れていて、なかなか見ごたえのある愉しい博物館でした。

そして、入り口付近で見かけた奇妙な看板に大笑い!!

f0077789_1149345.jpg


まさに、有名な製菓会社のマークのパクリですが、確かに " ノスタルヂ(?)ヤ " を感じるには最高の場所です、、、、

今回も、まだまだ古き面影を残す地元青梅の良さを、五感で愉しむことが出来ました、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2008-05-12 12:07 | Diary | Comments(0)
モノクロの世界に惹かれるワケ
全てのモノの本質は、集合的であり単一では成立しません。
一見無色に見える光も、七色の光によって成り立っています。

その光と影といったシンプルな方法で表現されるモノクロ写真も同じです。
光だけでは、物体を目で捉えることが出来ません。
影があるからこそ、被写体の存在が明確となります。

シンプルだからこそ、その存在が明らかになり本質が浮き彫りになる、、、、
シンプルに見えても、そのモノの本質とは複数の要素を含み、お互いの存在があるからこそ成り立ち、モノクロ写真の陰影のような両極面を持ち合わせている、、、、

そんなシンプルさの魅力が、自分をモノクロ写真に惹きつける理由の1つのような気がします。

f0077789_17563347.jpg

[PR]
by sayoko71 | 2008-05-08 17:54 | Diary | Comments(0)
とある雨上がりの午後 2
f0077789_8411020.jpg

[PR]
by sayoko71 | 2008-05-04 09:05 | Photo Gallery | Comments(2)
とある雨上がりの午後 1
f0077789_224094.jpg

[PR]
by sayoko71 | 2008-05-03 22:14 | Photo Gallery | Comments(0)
その地域ならではのビール
先日、昔ながらの面影を残す蔵造りの町並みが魅力の川越を散策してきました。

そして、川越の名産と言ったら " 芋 "。
芋おこわをはじめ、芋を素材にした和菓子や焼き菓子等を愉しむことが出来ます。

とくに興味をひいたのは、" Beniaka " ビール!

f0077789_1833958.jpg


名前の通り、紅芋を使用したビールで、その紅芋の甘さと麦芽の苦味のハーモニーが最高です!
[PR]
by sayoko71 | 2008-05-02 18:38 | Diary | Comments(0)