<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
純な心に感銘
f0077789_17514134.jpg


とあるお寺に立ち寄った時のこと。

お参りをした本堂の脇で、お寺の方が自分で採ってきた椎茸を干している光景を目にしました。それを見て思い出したことがあります。

それは、あるテレビ番組で中国の田舎に住む6歳くらいの女の子が、" 畑仕事がしたい。だってご飯が美味しく食べられるから。" という一言。

そのあまりにも純粋な言葉と笑顔に、ただただ心を打たれたのです。

自然からの恵みを頂き、その恩恵に素直に感謝出来る、、、、

モノが溢れかえっている今の時代の中で揉み消されている大切なコトが、その小さな女の子のサラリと言った一言で痛感させられたのでした、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2008-04-29 18:04 | Diary | Comments(0)
光と影の愉しい発見
日本のカフェや喫茶店は、個性的なところが多いですね。
コーヒーの淹れ方、演出、その場の空間等にそのお店らしさが表現されていて、色々な愉しみ方が出来ることにワクワクします。

そんな愉しさが詰まった空間で、白と黒だけという最もシンプルな表現法だからこそ引き立つスポットを見つけることも、自分流の愉しみ方の1つです。


f0077789_1961789.jpg

[PR]
by sayoko71 | 2008-04-26 19:03 | Diary | Comments(0)
長崎にて
f0077789_014057.jpg

街中の眼鏡橋。

タイミング良く、行く先々で修学旅行生達と鉢合わせ。
[PR]
by sayoko71 | 2008-04-24 00:04 | Photo Gallery | Comments(2)
地元カフェ
先日、友人が私の地元を訪ねてきてくれました。

豊かな自然に恵まれ、多摩川が流れる地元に帰って来る度に、環境の良さに感謝します。そんな街の商店街は、まだ古く懐かしい面影が残っています。

そんな地元を、自分自身も楽しみながら友人と探索してみました。
澄んだ空気をめい一杯吸いながら、街のあちこちにある素晴らしい春の色を堪能。

そして立ち寄ったカフェは、" 夏への扉 "

ここは昔、診療所だった場所だそうで、店内にはレトロなインテリアもチラホラ。
ほっと落ち着ける、そして時間を忘れさせるほどノンビリ出来る空間です。

f0077789_845348.jpg

窓から注ぐ光が、店内のモノ達を温かく照らしていました、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2008-04-22 09:02 | Diary | Comments(0)
美味しいコーヒーを創る
長崎の焙煎職人、うつのみやさんのお店を訪れた時に目に留まったモノとは、、、、


f0077789_829157.jpg


手作り炭火焼焙煎機。


ザルを2つ重ね合わせた、見た目シンプルな手廻し焙煎機ですが、美味しいコーヒー創りに対する熱意の賜物ですね。
[PR]
by sayoko71 | 2008-04-20 09:26 | Diary | Comments(0)
異国情緒溢れる街
めったに無い組み合わせで長崎へ2泊3日の旅行。

その旅行のお相手は、父。

今回の長崎訪問の目的の1つは、ハワイ・コナコーヒーファームでお手伝いをしていた時に、日本からファームを訪れて下さった、長崎のベテラン焙煎屋さん " うつのみ屋 " さんとの再会でした。

コーヒーの話に華を咲かせながら、ドライバー兼ガイド役も引き受けて下さり、迷わず長崎探訪を満喫。




f0077789_13563150.jpg


長崎の街は至る所に異文化の歴史を残し、他の地域とは違う魅力があります。
しかし、その異国との国際貿易は華やかな繁栄をもたらし、また悲しい歴史をも生み出しだしました。




f0077789_2239586.jpg


じっくりゆっくり歩んできた歴史を辿りるために、改めて再訪してみたい街です、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2008-04-18 14:22 | Diary | Comments(4)
時の止まった空間
帰国して、早速関西に住む友人宅を訪れてみました。

初めての土地なのに、古いモノと新しいモノが混在した町並みは、自分の実家のある街に似ていて、とても親しみを感じました。

そして、今回の旅で楽しみにしていたのは、廃校になった小学校のスペースを活用した手造りパン工房、「木造校舎」

f0077789_17521793.jpg


校舎の入り口にはパン窯が設置されていて、入った廊下には焼きたてのパンが勢ぞろい。彼らの手で育てられた小麦から出来た小麦粉で丁寧に作られたパンは、どれもこれも美味しそうで、その中からランチ用に選んだのはベーグル。

カフェスペースになっている教室に入ると、壁には時間割表等が貼られたまま、小さな机と椅子も残っていて、そこだけ世の中の目まぐるしい変化に飲み込まれず、ずーっと時が止まっているような、懐かしさ溢れる空間でした。

ベーグルのお供としてオーダーしたサラダの野菜は、もちろん彼らの畑からのモノ。しかも、ドレッシング用の菜種油も手作り! 彼らのこだわりが全てのモノに感じられました。

こういった場所がいつまでも残っていて欲しい、、、、
彼らの活動を見守って行きたいですね。

f0077789_18152530.jpg

[PR]
by sayoko71 | 2008-04-13 18:16 | Diary | Comments(2)
日本より
一昨日久しぶりの日本到着。
実家に戻ると、身近で意外な被写体を撮ることになりました。

それは、、、、

f0077789_15308100.jpg


両親の「手」。

共に歩んできた長い歳月が、2人の手にしっかりと刻み込まれていました、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2008-04-09 15:27 | Art Gallery | Comments(0)
いよいよ、、、、
春休みを利用してバンクーバーに英語の勉強を兼ねて滞在していた親類の子が、いよいよ日本に帰国することに、、、、

友達を交えて最後の晩餐をギリシャ料理レストランで堪能した後、散歩をしにビーチへ。

すると、鮮やかな夕焼けの空が私達を迎えてくれました。
f0077789_1694468.jpg


今回の滞在中、彼女が目にしたコト、耳にしたコト全てが刺激的で新鮮なことだったでしょう。バンクーバーでの想い出が、彼女の人生のハイライトの1つとなってくれたら、私も嬉しく思います。

そして、彼女の後を追うように、わたしも明日日本に帰国します。
約1ヶ月の日本滞在の様子をお伝えして行きたいと思いますので、どうぞ宜しく、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2008-04-05 16:32 | Diary | Comments(0)