「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
一押しリンクご紹介
リンクを2つ追加しましたのでご紹介します。
どちらもここバンクーバーで自分の好きな事に向かって頑張っている、素敵な友達のサイトです。お勧めですよ〜、ぜひ!!

年末は日本から友人が遊びに来るので、ウィスラーで今シーズン初のスノボーを楽しんできます。皆さんも良い年末をお迎え下さいませ、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2006-12-28 15:11 | Diary | Comments(0)
貴重な体験
おうちカフェでいつもスイーツを担当してくれるさらちゃん家で、全然クリスマスという感じのしないクリスマスを迎えました。やはり、"カニ鍋"ディナーのせいだから??、、、、

f0077789_23582273.jpg
楽しみにしていた食後のデザートは、"ティラミス"!! 
もちろん、出来るだけオーガニック素材を使用した、さらちゃんのお手製。女性3人は、"普通" サイズのピースを頂き、残り全てをたいらげていたのはN君。その食べっぷりを私達はボー然と眺め、ただただ脱帽。

食後はおしゃべりに花が咲き、主なトピックは今さらちゃんが勉強している、"キネシオロジー" のこと。
キネシオロジー(kinesiology)とは、「運動」という意味のギリシャ語の「キネシオ」に「学問」という意味の接尾語「オロジー」がついた合成語。私たちの身体のある筋肉が、精神的なストレスに反応して緩んでしまうという特性を利用し、それらの筋肉の反射を調べながら、心身の不調を解消していく総合療法だそうです。無意識のうちに、筋肉はストレスを溜めるらしいんです。カウンセリングの仕事をしているさらちゃんは、筋肉に溜まったストレスを発見し取り除くことによって、内面の無意識の自分に気付き、自分自身と向き合いやすくなれるこのキネシオロジーを、カウンセリングに取り入れたいそうなんです。
実際に体験させてもらうと、本当に体は正直で、自分のことについて知らないことばかりだということや、身体の神秘さ、etc、、、色々な興味のある発見がありました。

そんな話で盛り上がっていたら、なんと気付くと朝の6時過ぎ!!!
まだまだ私でも夜ふかしが出来るゾ! なんてはしゃぎながら、とりあえず約3時間の睡眠をとった後、海を眺めながらの贅沢なブランチ。

さらちゃんお手製の "パンケーキ" は生クリームとブルーベリーソース、クルミ添え。そして、そのお供は私がローストしてきたケニア・ピーベリーのコーヒー(ちなみにケニアのゲズムブイニ(Gethumbwini)農園のコーヒー)。
f0077789_044949.jpg


今回のキネシオロジーとの出逢いは、"自分" について考え、未知だった自分を垣間見れた貴重な体験。様々な発見のなかでも、私のキーワードとなっているのは "水"。コーヒーを飲む方は、特に倍の水を飲む必要があるそうですよ。きっと水は、自分の体を潤わせるだけでなく、自分の人生も潤わせてくれる、、、、そう思います。

"自分探し" は始まったばかり、、、、これからが楽しみです。
[PR]
by sayoko71 | 2006-12-27 00:58 | Diary | Comments(0)
クリスマス・イブ・イブ
今朝ヨガに行った帰り道、やはり人通りはいつもより少なく、街中はチョット寂しい感じがします。でも、まだ駆け込みクリスマスショッピング中の人達が、両手にいっぱい荷物を抱えながら歩いている姿もチラホラ、、、、

今は、クリスマスギフト用にオーダーを受けたコーヒー豆をロースト中。
明日24日は、おうちカフェのパートナー、さらちゃんの家でクリスマスとはかなり無縁の "鍋" パーティ!そして食後はもちろん、鍋にはミスマッチだけど、クリスマスには欠かせないクリスマスケーキ!さらちゃんのどんな手作りケーキが登場するのか今から楽しみです。
美味しいケーキのお供にはやっぱり美味しいコーヒー、、、、ということで、もうちゃ〜んとローストしてあります。

皆さんも、楽しいクリスマスをお過ごし下さい、、、、

               Merry X'mas!!
f0077789_13172980.jpg

[PR]
by sayoko71 | 2006-12-24 13:25 | Diary | Comments(0)
モウスグ、、、、
f0077789_1445259.jpg

[PR]
by sayoko71 | 2006-12-19 14:03 | Art Gallery | Comments(0)
とある名言
f0077789_14343875.jpg
"よいコーヒーとは
    悪魔のように黒く  
      地獄のように熱く
         天使のように純粋で      
              愛のように甘い"



すでにご存知の方もいるかと思いますが、これはフランスの政治家、タレーラン・ペリゴール(写真)が残した名言。 何かの雑誌で初めて目にした時、とっさに紙切れに書き写したことを覚えています。

ちょっと話はそれますが、世界中にある様々な長さの単位を統一させるために制定された、万国共通の単位 "メートル法" は彼の提案だったそうですね。

そんな天使のように純粋なコーヒーを片手に、かつての仕事仲間でおうちカフェの常連さんでもあるN君と雑談していた時のこと。
共通の友達のことが話題になり、 その友達との初対面はいつのことだったかと昔の記憶をたぐり寄せていたら、、、、

"、、、、そうだ、レズビアンフードを一緒に食べに、、、、???”

え〜?!  いくらバンクーバーは世界各地の料理が堪能出来るマルチカルチャーの街だと言っても、そんなモノもあったのか、、、、、、ってわけないよなぁ〜。  

それは、"レバノン" の間違えなのでした。

はぁ〜、次回はN君の口からどんな珍名言が飛び出すことやら、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2006-12-16 15:20 | Diary | Comments(0)
またやってきましたこの季節、、、
毎年クリスマスシーズンになると、決まってどこのカフェでもお目見えする、 "エッグノッグラッテ" 。私の働いているカフェでも登場しています!

f0077789_10511314.jpgラッテを作る時にはミルクをスチームするんですが、この場合はミルクのかわりに画像にある "エッグノッグ" をスチームしてエスプレッソに注ぎ入れます。しかし、エッグノッグ(豆乳も)をスチームする時は、いつもチョッと悪戦苦闘、、、、どうもワンド(ミルクをスチームする蒸気ノズル)との相性が悪いようで、"グウォ〜ッ" という凄い音がするんです。出来上がるフォームの泡も大きめで、滑らかさに欠け水っぽい、、、、

ミルクフォームの口当たりの滑らかさと甘さは、乳脂肪と乳糖のおかげ。やはり、きめ細かくて滑らか(音も滑らか)なベルベットのようなフォームを作るには、普通のミルクが適しています。乳脂肪分が少ないミルク程、泡立ちやすいんですが泡が大きくなりやすく、泡と液体が分離しやすいんです。
なので、スキムミルク(無脂肪)や豆乳等のミルクの代用品をスチームする時はさらに全神経集中。特にミルク代用品の時は、表面上冷静を装っているようでも、実は心の中でちょっぴりドキドキ、、、、

私と同じように感じているバリスタの方も多いのでは?? 

そこで、いいモノを雑誌で発見しました! " Pacific Food " というメーカーが、Soy Blendersという商品を開発。ミルクの代用品の代表である豆乳でも、普通のミルクをスチームした時のようなベルベット状のフォームが期待出来るそうです!
ぜひとも一度試してみたいですね〜。
[PR]
by sayoko71 | 2006-12-13 11:50 | Diary | Comments(0)
B級グルメツアー再び
今週末は、以前の記事以外なエリアにお気に入りカフェ発見!に登場したカナダとは思えぬエリア、"リッチモンド" へのB級グルメツアー!! 今回は、おうちカフェのスイーツ担当でグルメ隊の一員のさらちゃんが只今不在中のため、昔の仕事仲間でおうちカフェの常連さんでもあるN君とツアー決行。何を隠そうリッチモンドは、趣味を "食" とする彼の縄張りなので、彼の頭の中にはB級レストラン&お店情報が満載! ということで、いつもリッチモンドでは彼がガイド役。

私の楽しみは、飲茶と以前紹介した日本風の喫茶店。まずは値段はB級だけど味はA級のお店で飲茶を堪能!f0077789_6202172.jpg一番手前の "揚げ豆腐" は今回初挑戦。塩とコショウ味でサッパリとしてるけど、結構ボリュームあり。そして、奥の "エビの蒸し餃子" 達はいつものお決まりメニュー。左奥はプリプリのエビがゴロゴロ詰まっていて、私の(可愛らしい?)口では一口で食べきれない程。右奥は、エビが詰まっているうえにホタテとトビコがのっている豪華版!!右にある "チリソース" は、N君曰く飲茶には欠かせないもの。これは、店員さんに頼まないと持って来てくれないので、いつも彼が最初に確認してくれます。

最高にエビで幸せな気分になって腹ごしらえをした後は、海賊版DVDを売っているB級なお店のはしご。結構日本の新しいモノも置いてあるんですよ。今回ちょっと面白そうな映画を発見! "普通" では満足しない私達の目にとまったのが、ばかのハコ船。どうも2002年のバンクーバー国際映画祭でも上映されたようで、迷ったあげく冒険してお買い上げ。

その後、100円ではないけれど、全商品2ドルの "ダイソー"へ。特に目的がなくても、行ったら何かあるかな〜?という軽い気持ちで足を運んでしまうんですよね。

かなりショッピングでお疲れモードになってきたため、お気に入りの日本風喫茶店で一息つくことに。f0077789_6565266.jpg左は私がオーダーした "マンデリン・ブラジル" 、右はN君の "ブラジルサントス" 。店員さんがサイフォンで丁寧にいれてくれます。そんな美味しいコーヒーを味わいながらマッタリとくつろいでていたら、いきなりN君の爆弾発言が!!

"さよこさんの頭に虫がわいてるよ〜"。
え〜?! そんな馬鹿な、、、ちゃんと毎日お風呂に入っているのに、、、、それを言うなら、"虫がたかってる" でしょ?

はぁ〜、でもこういった言い間違いたまにあるんですよね、私も。日本から離れて暮らしていると、言い回しや漢字がスラ〜ッと出て来ない時があるんです。お恥ずかしながら、私もこの間、"えら呼吸" を "ひれ呼吸" と言ってしまったり、、、、私達も英語だけでなく、日本語のおさらいもしないといけないようです。

それにしても、店内に居るお客さんの中でサイフォンコーヒーをオーダーしている人は殆どいない様子、、、、カウンターから運び出されてくるのは、紅茶、かき氷、チキンの唐揚げ、揚げ豆腐 etc、、、、やっぱりここはあくまでも "日本風" 喫茶店のようです。
[PR]
by sayoko71 | 2006-12-11 07:26 | Diary | Comments(0)
コーヒー教室
今日のおうちカフェでは、マンツーマンでコーヒー教室を開催!

f0077789_10359100.jpg
初めての試みだったので、準備に抜け目はないかレッスンの流れをイメージしながら慎重にチェック。今回は、ペーパードリップの基本的な抽出法を押さえた後、フレンチプレス等の異なる抽出法を紹介し、抽出法の違いによる味の違いを経験してもらう予定。


今回参加した方は、自宅でもハンドドリップでいれるというコーヒー好きな方。同じコーヒー豆を使っても、抽出器の違いによる味わいの異なり、またいれる人によっても味の出方が違うことに興味津々のようでした。参加した方がマキネッタ(コンロの上で使用するエスプレッソメーカー)を購入予定とのことだったので、ペーパードリップの抽出後、フレンチプレスとマキネッタでの抽出を試してみました。自分自身も、1種類の豆で色々なコーヒーを味わえた楽しいひと時!

やっぱりコーヒーには美味しいスイーツ! ということで、今回もスイーツ担当のさらちゃんにお願いしたいところだったのですが、只今さらちゃんはロスでお勉強中、、、、ということで、今回は自分で作ってみることに、、、、スイーツ作るなんて何年(?)ぶりだろうというおぼつかない手付きで出来上がったのがこれ。
f0077789_1056525.jpg

1つはゴマ入り、もう1つはシナモン入りのスイ−トポテトです!オーガニックのお芋の自然な甘さを、、、という思いでシンプルに作ってみました。いつもはローストにつきっきりなので、これは本当に貴重な画像かも??

ちょっとした調整を行うことでコーヒーの味が変わり、自分自身も日本で講座に参加した時に感じたのが、コーヒーに愛情をかけた分、コーヒーからもそれだけのモノがかえってくるということ。

個々にそれぞれの味の好みがあり、それぞれの抽出器に長所、短所があり、楽しみ方があるので、新しい味の発見や楽しみ方の幅が広がればという思いで、今後も機会をみて皆さんに教室へのお誘いの声を掛けてみたいと思います。
[PR]
by sayoko71 | 2006-12-04 10:58 | Diary | Comments(2)
最高級品"コナ"入手
やっと体調も復活の兆しが見えたので、先日雪の降るなかコーヒーの最高級品の1つ、"コナ" の生豆を買いに行ってきました。
もちろん今回は愛(自転)車の "ビアンキ君" ではなく、バスで、、、、

以前、夏と言えばビーチ、ビーチといえばハワイという記事でコナについてはチョッと触れましたが、なぜコナは高価なのでしょう?? 

それは、木の剪定から肥料をやるまで全て人の手で行われ、収穫時も熟した実だけを確かめながら一粒一粒摘み取っているからです。有機農法による、そうした丁寧な栽培過程によって高品質な豆が生まれているわけですが、手作業のため生産量は世界のコーヒー生産高の1%未満だそうです。生産量世界第1位のブラジルが200万トンを越えるのに対し、コナは全体で年間約900トン。コナコーヒーの希少価値ぶりに納得といったところでしょうか。ここバンクーバーでも、コナの豆を見かけることは滅多にありません。
f0077789_13391740.jpg

よく子供の頃、"お百姓さんが苦労して育てたお米だから、ご飯粒1つも残したらダメよ!" とお説教されたものです。(皆さんもそんな想い出ありますよね?) この粒揃いの綺麗で大きなコナの豆を1つも残さずに大事にローストしてあげたいものですね。今から初のコナのロースト楽しみ、楽しみ、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2006-12-02 13:40 | Diary | Comments(0)