「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:Kura Project( 29 )
保健所の検査日を迎えて、、、
昨日は、ドキドキの保健所検査。

今まで周りで聞いた情報やテキストを再確認しながら、数日前から必要なモノを揃えたり、蔵の内装作業を進めたり、、、、

パートナーは、連日真夜中近くまで蔵の中で作業。

自分も、ここ連日ホームセンターのはしご。
探しモノがなかなか見つからないと本当にストレスもマックスに達しますが、これも目の前に夢の扉が開かれようとしていると思うと、必要な工程。



前日は、テンションが高かったためか熟睡出来ず、寝不足状態で迎えた検査当日。

検査は自分達のテンションの高さに反し、拍子抜けするくらいあっけないものでしたが、何はともあれ検査に無事パス♪


これで、晴れて " Cafe Sorte " の誕生です。



検査後、早速イタリア・ロケット社のエスプレッソマシンン&同じくイタリア・マッツァー社のグラインダーを設置。蔵の中は、グンとカフェらしくなりました。

f0077789_223424.jpg


さて、本番はこれから、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-08-14 02:01 | Kura Project | Comments(8)
蔵にピアノがやって来た!
昨日、暑さのピーク時に実家から我が家の蔵にピアノが運ばれてきました。

200㎏以上あると思われるアップライトタイプのピアノ。

その重いピアノの運搬のお手伝いを快く引き受けてくれ、さらにお友達を2人も紹介してくれたのは、隣町の飯能市に所在するセンス抜群のアンティークショップ、" REFACTORY antiques " のオーナーさん。

集まったのは、頼もしい男性計4人。

皆集まったところで我が家のトラックも出動し、いざ実家のある青梅へ。



最初の難関は、実家からピアノを運び出しトラックに積むこと。

一階の和室に眠っていたピアノは、実家の改装後には「玄関から搬入した」とのうる覚えな記憶に従い、まず玄関へとピアノを動かすと、、、、


どうしても廊下のコーナーを曲がれず断念。

次にデッキに繋がるガラスドアからピアノを出してみることにしました。


すると、ピアノの幅はドアの幅ギリギリ(少し擦っていたかも)でしたが、どうにか外デッキに運び出すことが出来ました。

そしてトラックに積み込まれたピアノは我が蔵へ。



第2の難関はここから。


ピアノを蔵の入口から入れ、奥の壁に背を当てるカタチで設置する作業。

蔵の中は、ピアノの向きを変えるのに十分な余裕があり、思ったより作業しやすそうでしたが、陽射しの1番強い時間帯のピアノ搬入作業は、何とも大変な作業となりました。





設置されたピアノは、こんな感じで蔵にマッチ。

f0077789_13501914.jpg

ピアノの存在感が、夜の蔵の空間を素敵に演出してくれそうです。

もう頭の中には、ジャズシンガーとして活動している知り合いがこの小さなステージで歌うシーンが、、、、


親切な方々の協力のお陰で、カフェオープン後のライブ実現への夢に2歩も3歩も近づくことが出来ました。

ちなみに、蔵の中は音響効果が良いそうです♪


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-08-10 13:41 | Kura Project | Comments(2)
蔵の床は「洗い出し」仕上げ
いよいよ保健所の検査日も決定し、ぼやけていた1段階目のゴールが徐々にハッキリと見え始めてきました。

それに伴って感じる心の高揚。そんな気をしっかり引き締めながら、猛暑の中蔵の内装作業を進めているところです。


昨日は、夜の9時頃まで掛かって蔵内の床仕上げ。

床仕上げの作業では、パートナーの本業「造園業」での技量が大いに発揮されました。


その仕上げの技法は、我が家の土間&カーポート作りでも行われた『洗い出し』。

『洗い出し』とは、床に「山砂」という小石混じりの砂を敷き、その山砂を敷いた表面が完全に乾燥しないうちに水洗いすることで、小石を表面に露出させる方法。




散りばめた小石が浮き出てこんな仕上がりになりました。
f0077789_1744438.jpg

今回は大きめの石を散りばめていないので、少し上品な仕上がりといった感じです。


さて、これで完全に乾燥するのを待ってテーブルや椅子が並べられるようになると、益々蔵の中がカフェらしくなります。

更に高まる気持ちを引き締めながらも、またそれが良いバネとなって張り合いに繋がりそうです、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-08-05 18:40 | Kura Project | Comments(0)
見えてきた!カフェ内キッチンの全体像
今日からいよいよ8月スタート。
蔵内の内装作業も、いよいよクライマックスを迎えつつあります。


乾燥した "蔵の内壁" には、既存の腰板が張り戻され、、、
f0077789_18325211.jpg






キッチンは今、こんな感じで全体が見えてきました。
f0077789_18303279.jpg


先日完成したばかりのカウンター下部は、使い古された板金の継ぎはぎ。

これらは、家のリフォームを控えたご近所さんから頂いてきた板金です。色や型の異なる錆びた板金は、かつて壁の一部や屋根だったもの。それが、Cafe Sorte 蔵内カウンターの腰板として生まれ変わりました。

自然の成り行きで風化した色合い、解体中に加えられたと思われる凸凹感が良い味になっています。

ここでまた1つ、消え行くはずだったモノの命が吹き返りました。



こういった内装のアイデアは、殆ど棟梁でもあるパートナーによるもの。

連日の猛暑の中での作業は身体にも堪えるようですが、蔵の中は思ったより涼しくて助かります。
やはり蔵の中は、1年通して温度・湿度差が少なく安定しているようで、改めて蔵の良さを感じています、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-08-01 18:49 | Kura Project | Comments(0)
蔵の内壁再生完了!
昨日、蔵の2階最上部まで泥団子を埋め込み、土壁全体の再生作業がとりあえず一段落。

蔵内部の壁も、ようやく生まれ変わりました♪
f0077789_12471383.jpg


自分達の手が加わったこの蔵は、これからカフェスペースとしての新たな人生が始まろうとしています。これからも様々な歴史がここに刻み込まれ続けて行くことでしょう。


私達がこの蔵と巡り逢った時、日本伝統技術の素晴らしさを目の当りにし、その素晴らしい技術が光るこの蔵を大切に守って活かして行きたい、、、、

と思ったように、もし次世代の誰かが縁あってこの蔵と巡り逢うことがあるのなら、その人の心にはどう響くのか、、、私達からのバトンを受け継いでくれるのだろうか、、、、


自分達が、この蔵が今までどういった人達に守られ、どのような役割りを果たしてきたのか、時々振り返りながら物思いに耽るように、何十年先にも蔵が辿ってきた道をふっと振り返ってくれる人が果たしているのだろうか、、、、


そんな過去から未来へと繋がる見えない線を辿りながら泥にまみれていると、蔵に触れるこの一瞬一瞬が尊くも感じられ、蔵の未来を創造する途上に居ることの歓びを感じています。

残っている蔵を、なるべくそのままの姿でカフェスペースにしたいと漠然と思い描いてスタートした計画。

それが、予想もしていないかった土壁の再生作業も加わったことで、より多くの学びや気付きを得ることが出来た今、改めてこの蔵とのご縁に感謝です♪


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-09 12:50 | Kura Project | Comments(2)
蔵の内壁塗り開始
度開催された『大人の泥んこ遊び』で、蔵の外側の荒壁がどうにかカタチになってから約2ヶ月が経とうとしています。

やっと内側の壁が塗れそうなので、久しぶりに土と藁が混ざった泥プールに入りました。


泥プールを覆っていたシートをめくると、発酵が進んだ泥の色がグレーに変色していたので、今回塗る内壁は外壁とはまた違う色に仕上がりそうで、自然の悪戯に期待大。




この日は30℃近くまで温度が上がった夏陽気となりましたが、ひたすら足踏みしながら土を捏ねます。

f0077789_7202747.jpg

それにしても、独りぼっちの「泥んこ遊び」はチョッと寂しいものですが、、、、





そして土を捏ねた次の日、、、、、


外壁の時と同様、土のお団子を作って蔵の内側から壁にそのお団子を埋め込んで行きます。


壁一面をお団子を埋めた後は、コテで表面をならします。

f0077789_7293073.jpg


1階の客席側の壁となるこの土壁。

また乾燥するまでしばらくかかりますが、乾燥するにつれ変化する色の観察が愉しみです、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-06 09:20 | Kura Project | Comments(0)
挽いたコーヒー豆を漆喰に、、、
パートナーの指のケガも、軽作業が出来る位に回復してきました。
何しろ指先なので、不意にぶつかって痛がることもしばしばですが、、、、

そんな状況ではありますが、蔵の内装作業を少しずつ進めてくれています。



数日前に行ったのは、キッチン内の壁に貼ったグレーの石膏レンガの上に、更に漆喰を塗って仕上げる作業。

漆喰だけだと、ただの真っ白な壁にレンガのデコボコが分かる感じになるので、漆喰に藁か砂か何か混ぜた方が面白いだろうと色々考えた結果、思い切って選んだのがこちら。


f0077789_13261354.jpg

『コーヒー』豆です。

中途半端に残った豆やハンドピックではじいた豆等をかき集めて焙煎した豆を、挽いて漆喰に混ぜるとどんな色に仕上がるのか、、、、

実験のような試み。




そして、塗りたてはこんな感じになりました。

f0077789_13262974.jpg

全体的にベージュがかったクリーム色で、コーヒー豆のつぶつぶが見えます。



更に乾燥してきた今は、クリーム色が漆喰らしい白へ変色してきているので、豆の茶色いつぶつぶとのコントラストが、もう少しハッキリしてきました。

壁が完全に乾燥するまであと少し、、、、


行き先を失っていた豆達も、壁の一部として第2の人生を歩んでもらえそうで何よりです。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-02 09:30 | Kura Project | Comments(4)
カウンター内のタイル貼り
不安定な天候が続くなか、今月初旬に行った上部の荒壁の乾燥具合がちょっと気になるところです。

とにかく、お天道様とにらめっこしながらじっくりと待つしかないですね。



その一方で取り掛かっている内装作業は、カウンター内のタイル貼りが終わったところ。

タイル貼りの作業は愉しいものの、一直線状に貼っていくのってなかなか難しいもので、真っ直ぐに貼っているつもりが、気付くと右下がりになってたり、、、、

f0077789_752193.jpg

以前、「この世には真っ平らなものや真っ直ぐな線というのは存在しない、、、、」といったコトバを何処かの雑誌で目にしたことがありますが、確かに「モノづくり」に関わる者への永遠のテーマ・葛藤なのかも知れませんね。



さてこの後は、貼ったタイルの上に漆喰を塗っていきます。

最終的な仕上がりは、漆喰の壁にタイルがチラホラ見え隠れする、、、、

といった具合になるんでしょうか。


仕上がった壁の表情が、今から愉しみです、、、、



 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-05-29 08:30 | Kura Project | Comments(4)
鉄板ののったカウンター
前回の画像でご紹介したカウンターの木枠に、鉄板がのりました。

f0077789_20401624.jpg
『アイアン・カウンター』


木枠の色も、鉄板にしっくりマッチした色に塗られています。

この鉄板も、やはりパートナーのご近所仲間の方から仕入れたもの。

看板もご近所のアイアン作家さんの作品、カウンター両サイドの柱もご近所さんから譲ってもらった柱。しかも、お隣さんは材木屋さんなので、蔵の内装に必要な材木はお隣さんから、、、、


なるべく地元で必要なものを調達したいという思いが、結果良い素材との出逢い&素敵な空間作りに繋がってきているような気がします。

そして、更にそこから広がるご近所さん達との交流が、今後愉しみでもあります、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-04-15 09:15 | Kura Project | Comments(0)
蔵の中は今、、、
f0077789_14173678.jpg


今週始めから、大工職人の友人達が蔵の内装に取り掛かってくれています。

徐々にイメージがカタチとして見えてきましたが、そうなるとますますイメージが膨むもの。

今現在は、カウンターの枠が組まれ、そこに鉄板がのる予定です。


ちなみに、画像内に見える両サイドの柱は、ご近所さんが自宅の建て替えの際に、取り壊して不要となった古材の中から頂いてきた柱。

長い年月を経て出てきている風合いが、とても良い感じです。


このカウンター内に立っている自分、、、、


日々まかない料理の献立作りに頭を悩ませながらも、そんな店内のイメージトレーニングを愉しんでいます。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-04-13 17:53 | Kura Project | Comments(0)