<< 栽培者の愛情をタップリ浴びて ポラロイド・ランドカメラの行方 >>
ある一冊の本から
バンクーバーのブックオフでカメラに関する本を探していた時に出逢った、とある日本のカメラマンの方の本。その本を通して、彼の写真だけでなく文章にも惹き込まれ、最近ようやく待ちわびていた2冊目を入手することが出来ました。

彼のカメラやモノクロ写真に対する思いが、繊細で豊かな表現力で描かれ、文章から彼の人柄をうかがい知ることが出来ます。また読み進むうちに、自分がカメラや写真を通して感じたり思っているコトを見事に文で描写してくれているような気さえするのです。

彼の本は、私にとってカメラ教本であり人生教本のようです。
素敵な本との出逢いって幸せな気分にさせてくれますね。


f0077789_10554482.jpg
~Yaletown~
[PR]
by sayoko71 | 2008-07-28 11:08 | Diary | Comments(0)
<< 栽培者の愛情をタップリ浴びて ポラロイド・ランドカメラの行方 >>