<< スリーセブン!! なぜモノクロか、、、、 >>
待ち遠しい豆達との対面
先週、久しぶりにアメリカ・カリフォルニアにあるコーヒー豆輸入業者から数種類のコーヒー生豆をオーダー。

その中でも面白そうなのは、メキシコの西部に位置するナヤリット州で栽培されたオーガニックの生豆。
f0077789_1142651.gif


というのは、収穫されたコーヒーの実をそのまま果肉を残し乾燥させて脱穀する、水を用いないナチュラル式で精製された豆達だからです。多くのコーヒー原産国では水洗式が用いられている現在、ナチュラル式を用いている国は、主にエチオピアやイエメンといったアフリカやブラジルの一部等で、ナチュラル式のメキシコ豆にはまだ出逢ったことがないんです。

ナチュラル式で精製される豆は果肉が付いたまま乾燥されるため、果肉から吸収された自然からの恵みの特徴が、コーヒーのフルーティな香りや甘さとして良く表れる傾向があります。

オーダー時の説明によると、しっかりとしたボディを持ちながら華やかな香りも持ち合わせている、ブラジルとエチオピアのコーヒーを掛け合わせたような特徴を持つ豆らしい、、、です。

初めての豆達とのご対面にワクワクです、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2008-03-04 11:43 | Diary | Comments(0)
<< スリーセブン!! なぜモノクロか、、、、 >>