<< 建築写真家との出逢い 〜おまけ〜 建築写真家との出会い >>
建築写真家との出逢い パート2
さて、アルバータ州に入りバンフを通り過ぎて約10〜15分カルガリー方面に南下すると、Canmore という街があります。

撮影現場の周りは素晴らしい木造建築が立ち並び、新しいコミュニティが誕生しつつある、開発向上中の場所。次の日の撮影に備えて、撮影する邸宅の下見に行ってみました。

到着すると、目の前に木細工の素敵な豪邸が飛び込んできました。

f0077789_191960.jpg



すると、ピーターさんから
「これは家じゃなくて車庫だよ。」と言われてビックリ!!

家はそのウラにありました。

f0077789_111551.jpg



いよいよ撮影の当日。
朝の光を利用した外観の撮影を終えた後、内観撮影の為に中に入ってみるとさらにビックリ!!!


f0077789_114037.jpg


外からはあまり大きな建物には見えませんでしたが、それはそれはまるで美術館のようでした、、、、様々な動物のはく製、ネイティブインディアンのブロンズ像、絵画の数々、奥の柱はアーティストに特別注文したというトーテムポール、地下にはホームシアター、ワイン室、etc、、、、溜め息が出るばかリです。
聞く所によると、土地を除く建築費用だけで約7億円だそうです。

とっても撮影甲斐がありそうなこの内観、この日は半日以上かけての撮影となりました。

全ての撮影が終了し、バンクーバーに帰って現実の世界に引き戻されてみると、今回雑誌に登場するような豪華な邸宅を廻っていた間は、まるで夢の世界に居たような気分だったと、、、、現実と非現実の世界のギャップを感じてなりません。
[PR]
by sayoko71 | 2008-02-18 01:32 | Diary | Comments(0)
<< 建築写真家との出逢い 〜おまけ〜 建築写真家との出会い >>