<< バンクーバーのコーヒー事情 嬉しい悲鳴 >>
コーヒーと共にサンシャインコーストへ
先週末、友達の住んでいるサンシャインコーストへコーヒーのデリバリーに行ってきました。

友達の住んでいる所は、サンシャインコーストの "ロバーツクリーク" という街。もちろんデリバリーだけのために行ったわけではなく、友達でありB級グルメ隊の情報収集役でもあるノブのお姉様が日本から遊びに来ていて、ガイド役を兼ねた日帰り3人旅。

皆は何処に行ってしまったのか、、、、と思う程静まりかえった道を歩いていると、子供達が自分の庭で採ったゴールデンプラムを販売中。
f0077789_14371058.jpg
6個で1ドル。フッと子供の頃大好きだったお店やさんごっこを思い出しました。


そして街中のカフェで久しぶりに友達と再会。午後は素晴らしい晴天に恵まれたので、初めての訪問となるノブとお姉様を街のお店やビーチへ案内し、その後は夕飯に招待されていた為友達の自宅へ。6パウンドのケニアのオーダー主は友達のお父様です。そのお父様に無事コーヒーを渡し、コナのコーヒーもお土産として渡したらとても喜んでくれました。そんなコーヒーを手にした時の彼の嬉しそうな笑顔を見たら、頑張った甲斐があったなぁ〜と心温まる思いでした。


しかし友達の家でのんびりしていたら、フェリーに乗る時間が迫っていることに全く気付かず、夕飯が間に合わなくなってしまったんです。そこで、友達とお父様がせめてフェリーの中で食べられるようにと、慌てて巻き寿司を作ってくれました。
f0077789_1525426.jpg
私達はゲストだから、、、、と結局カナディアンの彼らがお寿司を作り、日本人である私達はただその様子を眺めているだけ。何だか妙な気分でした、、、、



バタバタした最後でしたが無事フェリーに乗り込み、綺麗な山々の景色を眺めながら、彼らの人柄と自然の素晴らしさにより深く触れることが出来たことに感謝するのでした、、、、
f0077789_15191118.jpg

[PR]
by sayoko71 | 2007-08-15 15:19 | Diary | Comments(2)
Commented by Hollypearl at 2007-08-16 13:07 x
写真だけですが、お寿司つくり手馴れている感じがします。
ゴールデンプラム!!!
おいしそうです。プラムは大好きな果物のひとつです。
Commented by sayo at 2007-08-16 13:40 x
ここの家に遊びに行くと、いつも手巻き寿司パーティなんですよ。親子揃って親日家で、友達はいつも足袋を履いています。この日から、ついにお父様も足袋ファン。フィット感と機能性に大満足のようです。
<< バンクーバーのコーヒー事情 嬉しい悲鳴 >>