<< 新たなコーヒー豆の仕入れ先 サンシャインコースト第2弾 >>
どうにかこうにかサンシャインコースト 〜パート1〜
旅のお供の準備はバッチリ!!と意気込んでいた今回のサンシャインコーストへの旅。出発当日の朝、何だかまだ風邪が直りきらず、だるさと悪寒が少し残っている感じ。出発ギリギリまで悩んだあげく、その日1日様子を見て、次の日から合流することに、、、、せっかく行っても楽しめなかったり、友達に風邪をうつしたら大変だし、、、と自分をなだめながら1日中ベッドの中で大人しくしていたのです。
そして次の日、だいぶ回復したものの、まだ完治とは言えない状態でしたが、せっかくローストしたケニアの豆をコーヒー好きな友達のお父さんにも渡したかったので、"病は気からだ!"と気合いを入れて出発。この週末の天気予報は雨、、、フェリーの中からはなぁ〜んにも見えない程曇っていました。そしてバスに乗り換え一足早く着いている友達のいるB&Bへ。B&Bのあるロバーツクリークの街も、夏とはだいぶ雰囲気が違い、シ〜ンと静まりかえっています。
友達と会えてひと安心したところで、この旅のお楽しみの1つ、友達の彼の手料理に必要な材料を調達しにショッピングへ。友達の彼は、イタリアから遊びに来ているイタリア人。もちろん、夕飯は本場のイタリア料理です!! 早速キッチンで準備が始まりましたが、女二人衆はただジ〜っと彼の様子を見守るだけ、、、まず取り掛かったのはトマトとオニオンのリゾット。f0077789_11383258.jpg
シンプルですがお米が柔らか過ぎず、ほんの少〜しだけ芯が残ってるかな?という位でパーフェクト!次はメインのトマトソースのパスタ。これもアルデンテで食感がパーフェクト!背中に背負って持って行った赤ワインで乾杯し、彼のシンプルながらも時間をかけた本場仕込みのリゾットとパスタに舌鼓です。彼の性格が料理にも表現されていて、とても優しい味わいでした。f0077789_11475033.jpg

もう1つこの日にとっても嬉しいことが、、、、夕飯前にこのロバーツクリーク在住の友達の所へちょっとお邪魔した時のこと。友達のお父さんにケニアのコーヒーをとても気に入って頂き、ぜひ今度ローストして欲しいとリクエストが、、、、何とも自分への大きな励ましでした。諦めずに思い切って遊びに来て良かった〜! でも、喜んでオーダーを受けたいものの、フェリーに乗って毎回デリバリーするわけにもいかないし、配達法をどうするかが今後の課題ですね。
さて次の日は、友達があるモノを見せに連れて行ってくれます、、、、
[PR]
by sayoko71 | 2006-11-09 12:03 | Diary | Comments(0)
<< 新たなコーヒー豆の仕入れ先 サンシャインコースト第2弾 >>