<< お隣さんの育てた人参でスイーツ作り 通りは迎え火で幻想的 >>
コーヒー酒作り
以前から作ってみたかったコーヒーのお酒作りにチャレンジしてみました。


用意する材料は、まずコーヒー豆。

選んだ豆は、『バリ・アラビカ神山』のやや深煎り豆。

それに、氷砂糖と35度 甲類焼酎(ホワイトリカー)。

甘さはお酒が出来上がってから調整出来るので、砂糖は最初から入れなくてもいいようです。

そしてベースのお酒は、ホワイトリカーの他にウォッカやブランデー、黒糖焼酎等お好みのものでいいそうなので、今回はブランデーベース・リキュールを使用。



材料が揃ったら、あとは熱湯消毒した容器に入れてじっくり待つのみ。


f0077789_1454589.jpg


3週間程置いておくそうですが、熟成するにつれて深みが増していく様子が愉しみです。

ただ、あまり長く豆を浸しておくと苦くなってしまう場合もあるので、自分の好みの「頃合い」を見つけてみようと思います。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-17 09:34 | Diary | Comments(2)
Commented by ノブ at 2012-07-17 10:30 x
これは梅酒と同じ原理!?でも、コーヒーのお酒って
飲んだことないな~!仕上がりはコーヒーリキュールの
ようになるのかな?楽しみだね!!^0^
Commented by sayoko71 at 2012-07-17 12:48
そうそう、作り方は梅酒と同じだよ。

ストレートで十分美味しいけど、甘くしてミルクを入れれば「カルーアミルク」になるし、バニラアイスにかけて「大人向けアフォガード」風にしても美味しそうだよね♪
<< お隣さんの育てた人参でスイーツ作り 通りは迎え火で幻想的 >>