<< コーヒー酒作り 今度は木のコースター作り >>
通りは迎え火で幻想的
我が家のあるエリアでは、13日からお盆に入っています。

お盆は皆さんもご存知の通り、「お盆」はあの世から現世に戻って来てくるご先祖様や亡き近親者の霊をお迎えして供養する行事のことですね。

ここ埼玉県・日高市に引っ越して来てから分かったことですが、特に私達の住むコミュニティでは昔から行われている風習や行事を、今もしっかり受け継いでいる素晴らしいエリアです。


引っ越してきて初めて迎えたお盆の夜、仕事から帰宅しもうすぐ自宅というところで、道路の両側に灯されていた火が演出する幻想的な夜の通りがなんとも印象的で、感動したものでした。


その火が、「迎え火」ということを知ったのはお盆が終わってからのこと。

ご先祖様達が、生前住んでいた家に迷わず帰れますように、、、、、と願って灯す火。



その道路に面している新居で3年目を迎える私達も、今年はその迎え火を灯したい、、、、

と、パートナーが即席で台を作ってくれました。

f0077789_18141160.jpg


我が家には迎え入れるご先祖様はまだいないけれど、このエリアに馴染みのある全てのご先祖様が無事家に戻れますように、、、、



そして、あの世に無事戻ってもらうために灯す「送り火」は今晩。

ご近所さん曰く、こうして皆で「迎え火・送り火」を灯す場所は殆ど残っていないそうです。


こんな時空を超えた家族の繋がりを感じる風習が、いつまでも受け継がれたらいいですね。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-07-15 19:53 | Diary | Comments(2)
Commented by ノブ at 2012-07-16 02:50 x
お宅のあたりではお盆は七月なんだね~!?ウチの田舎は
お盆は八月だけど昔父親と迎え火と送り火を焚いた事を
思い出しましたわ~!!でも、お盆って本当は厳粛な行事なんだ
よね!
Commented by sayo at 2012-07-16 13:42 x
地域によって来月がお盆の所もあるよね。

ご先祖様や自然の神様を敬う様々な行事や風習のある日本は、本当良い国だと思うよ。そんな日本人の心を象徴する行事が多く残るこの場所にご縁があったこと、Hちゃんも喜んでるみたい。
<< コーヒー酒作り 今度は木のコースター作り >>