<< 贅沢なオムレツ 刺激的なカフェ・モカ >>
"愛の山" という名のチョコレート
最近、カフェメニュー作りや材料探し等に試行錯誤中。

候補は絞れてきているものの、味の探索をしてみたくて色々試しているのが『チョコレート』。

しかも、2/14のバレンタインに向けて、街は華やかなチョコレート商戦で賑わっている最中でもあり、誘惑が多くて危険ですがワクワクします。


先日も、とあるデパートに入ったとたん、ずら〜りとチョコレートが並んだ催事場が設置されていて、思わず吸い込まれてしまいました。

最初に目に飛び込んできたのは、入り口真正面に構えていたチョコレートの大御所、『GODIVA (ゴディバ) 』。

自分には殆どご縁のない高級チョコレートです。

なので、ウィンドウショッピングをしながら少し目の保養をしておくことに、、、、(笑)。



ゴディバでも、やはり一押しはバレンタイン限定のチョコレートコレクションのようで、こんな美味しそうなチョコレートが並んでいました。

f0077789_17195196.jpg

『 Mont d' Amour (モンダムール)』


このシリーズは、「Mont d' Amour (モンダムール) 」と言うそうで、意味はフランス語で『愛の山』。

日本語で「愛の山」より、フランス語の「モンダムール」の方が、何だかロマンチックな響きですね。


ミルクやダークチョコでカバーされている中身は、ストロベリーや抹茶・レモン・カシスマロン等のムースが入っているそうです。

チョコレートとムースのハーモニーを想像しただけで笑みが溢れそうな程、魅力的なチョコレートの数々。

ちなみに説明では、ストロベリームースに使用されているストロベリーは、「ウィピオン産」とのこと。

「ウィピオン」とは、ベルギーの小さな村だそうで、イチゴの名産地なんだそうです。
ベルギーはチョコだけでなく、美味しいイチゴもあるとは、、、、



基本的には餡子好きの和菓子党ですが、種類豊富で美味しそうなチョコレートを目の当りにすると、思わず気持ちも高揚してしまいます。

自分への「ご褒美チョコ」、欲しくなってきました、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2012-01-29 17:48 | Diary | Comments(0)
<< 贅沢なオムレツ 刺激的なカフェ・モカ >>