<< 新ガジェット! 時を忘れるカフェ >>
赤い実のメキシコ・マヤビニック
先日、最近入手した、"メキシコ・マヤビニック" の豆を試し焙煎してみました。

「マヤビニック・コーヒー」は、メキシコ・チアパス州に住む先住民族のファミリーで構成されている、「マヤビニック生産者協同組合」が栽培したもので、その組合の直販によるフェアトレード・コーヒーです。

そして、「慶應義塾大学山本純一研究室フェアトレード・プロジェクト (FTP)」による、メキシコ・チアパス州の先住民族が営む小規模農園への時術支援・向上をサポートする活動によって、日本国内で紹介されるようになりました。

今シーズンも、豆そのものの味が愉しみなのはもちろんのこと、マヤビニックの豆を取り扱うことで、こういった支援活動&現地の生産者の方々をサポートすることに微力ながらお役に立てばと、少量ですが入手しました。

ただ、毎シーズンと異なるのは、今回はコーヒーの実が黄色いマヤビニック(イエローブルボンとイエローカツーラが混ざったもの)ではなく、実が赤い品種のものです。

f0077789_12213486.jpg

香りが良く、マイルドで甘味のある味わいの中に綺麗な酸味がほのかに感じられ、またコクもあるのでその余韻を愉しめるコーヒーといった印象です。


コーヒーの香りにウットリしながら、将来は現地メキシコ・チアパス州を訪れ、農園や収穫の様子を視察出来たら、、、、などと夢を描いて妄想を膨らませていると、益々焙煎に向き合う愉しさが増えそうで、気合いが入ります。

今週中には、ネットショップ "Cafe Sorte" でご案内出来る予定です。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-10-24 22:16 | Diary | Comments(0)
<< 新ガジェット! 時を忘れるカフェ >>