<< One day GLAUBEL... アフリカから生豆と共に、、、、 >>
飛び入り参加でペンキ塗り
昨日と先週末の2回にかけて、パートナーが請け負った庭のフェンス作りに飛び入り参加してきました。

今回のお仕事は、以前『国際バラとガーデニングショー』で大賞に輝いたこともある経歴をお持ちの " Garden&Furnitures (ガーデン&ファニチャーズ)" さんとのお仕事。


素敵な庭作りには人気&定評があり、今回のフェンスも素敵なデザインでした。
f0077789_10592574.jpg


間近で見ると、こんな凝ったデザイン。
f0077789_1102076.jpg


パートナーが請け負った部分は、デザインされたフェンスを現場で組み立てて、色を塗るお仕事。

ところが、初日に土を掘り下げたところ、大きな石がゴロゴロ出てきたそうで、、、、


そんな予想もしていなかった石の除去作業で、1人での作業が時間的に厳しくなった為、急遽私がペインターとして飛び入り参加することになったという訳です。


都内のその現場に行ってみると、フェンスをつくる場所が少し斜面になっていました。なので、地面に平行してフェンスを取り付けてしまうと大変なことになってしまうので、慎重に角度を図って取り付け。このフェンス取り付けまでの作業は、自分はチョロチョロ手を貸す以外はただ見守っているだけ。

そしていよいよペンキ塗り開始。
色はグレーがかった茶色という感じで、マットな仕上がりが落ち着いて良い感じでした。

ちょっと大変だったのは、もうすぐシーズンを終えようとしている蚊達との戦い。
蚊取り線香を焚きながらの作業となりました。


現場の敷地内には2件家が建っていて、1件は和風、そしてもう1件は洋風。

この「ガーデン&ファニチャーズ」さんのフェンスは、その和にも洋にも合うデザインで、その場にピッタリでした。そのデザインといい、色といい、新しいフェンスなのにすでに数年の時を経たような存在感がありました。

施主さんもガーデニングが好きな方のようで、庭の植物達がとっても愛されて元気に育っている様子がうかがえました。そしてその庭の真ん中には、椅子とパラソルが置かれていて、そこに座って頂いたお茶を片手にしばし休憩していると、とってもリラックスした居心地良さを感じました。

都内の喧騒を忘れる程の静けさの中で、至福の異空間を味わえそうですね。

緑が少なく、何かと忙しない都内だからこそ、そんな庭の存在が大切となり、生活環境の一部として欠かせないものとなるのかも知れませんね。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-10-09 11:43 | Diary | Comments(0)
<< One day GLAUBEL... アフリカから生豆と共に、、、、 >>