<< 瓶の中の少女 豆の保存容器 >>
元気な野菜達
f0077789_10184079.jpg

先日青梅の実家を訪れた際に、庭で育ったトマトとゴーヤを頂いてきました。

何とも瑞々しく、元気なその姿。

早速、トマトはそのまま丸かじりで、ゴーヤはオイルと軽く塩をまぶし、チップスにして頂いてみました。


トマトはしっかりとした果肉と、しっかりとした甘味があって、

ゴーヤはしっかりとした苦味があって、

どちらも、それぞれが持っている持ち味をしっかり主張していました。

しかも、穫れたてで元気があり、栄養だけでなく野菜達からのエネルギーも頂けたような気がします。


そういえば、昔の野菜はもっとアクが強く、味ももっと深みがあったような気がします。

子供の頃は、ピーマンは苦くて嫌いな野菜でしたが、今のピーマンはそれほど苦味も感じられません。

野菜の種類は増え、昔では見かけなかった品種改良のものや海外からの品種が出回っています。

例えばトマト。

イエローやオレンジのもの、フルーツのようにとっても甘いミニトマト、パスタ等に合う名長細いイタリアン・トマト等々、、、、

あまりにも糖度が高くて甘いものは、本当に食後のフルーツになってしまいますね。


今後も、さらに進んでいくであろう野菜の品種改良は、バラエティに富んだ野菜を使い分けることでの料理の幅の広がりと、食卓の豊かさに繋がるという点では愉しみではありますが、野菜元来の味というものが分からなくなってしまうのではないか、、、と思うと、自分の舌が憶えている野菜の味の記憶が薄れそうで、何だか寂しい気もします。


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-08-22 11:02 | Diary | Comments(2)
Commented by ノブ at 2011-08-24 09:59 x
うちの小さなバルコニーのミニトマトも肉厚でビックリ
するくらい美味かったです^^やっぱり自分で育てたものを
食べられるのは最高の贅沢かも!って最近やっと気がつきました^^
Commented by sayo at 2011-08-25 11:12 x
そうそう、中もしっかり詰まった肉厚で、色だけみるとまだ青そうなモノも、甘味があって味があったよ。

お母様が家庭菜園大切にしているのも納得だよね〜。
本当、贅沢です、、、
<< 瓶の中の少女 豆の保存容器 >>