「ほっ」と。キャンペーン
<< サイダー・コレクション 珍しいチップス >>
エスプレッソマシンを求めて 〜グラインダー編〜
美味しいエスプレッソを抽出する為には、エスプレッソ向きの適正な細かい挽き目も大切なポイントですね。

そこで、エスプレッソ専用のグラインダーの選択も慎重になります。


基本的には、高いマシン程精度が高く耐久性があります。又、微粉の発生が少なく、より一層均一なグラインドが可能で、より微調整がしやすくなる傾向があります。

グラインダーの種類は、大きく分けると『フラット・タイプ』と『コニカル・タイプ』があります。

「フラット・タイプ」は、刃の形状が平らなタイプです。
より均一に挽けて高回転、極細挽きが出来る点が特徴ですが、発熱性が高い為、風味に影響を与える可能性があります。動作音は、こちらの方が静かです。

「コニカル・タイプ」は、刃の形状が円錐形のタイプです。
こちらは、フラットより形状的に隙間が多い為、挽き目が不均一になりがちですが、低回転なので発熱による風味への影響は少ないようです。耐久性や刃の寿命は、こちらの方がより長いようです。

どちらのタイプにも長所・短所があり、どちらが良いのかという判断は難しいところですね。


グラインダーのメーカーの中でも、定評があって人気も高く、自分にとっても憧れのメーカーが " Mazzer (マッツアー) " 社です。

やはり、お値段もそれなりですが、目を付けたのが 『Mazzer Mini』。
これは、フラット・タイプです。

イタリアの業者さんからは、" Macap (マキャップ) " を薦められたので、色々比較してみたところ、Mazzerと性能的にはそれほど違いはないものの、やはり見た目やボディの質感等も含めて考慮すると、Mazzerに惹かれるところが多かったので、「Mazzer Mini (マッツァー・ミニ) 」に決めることにしました。

エスプレッソマシン購入先の業者さんでは、Mazzer Miniの取り扱いはあるものの、エレクトロニックのタイプしかないようです。エレクトロニックのモノは、シングル・ダブル用に設定した粉の量のグラインドを、ボタン1つで行うことが出来るようです。その他に、ボタンを押している間だけグラインドすることも可能です。

こういった装置は便利で良いですね。
ただ、万が一ボタン制御に何かトラブルが生じたら、、、
と、機械に疎い自分はマニュアルのタイプに目がいってしまいがちですが、、、、


エスプレッソマシン&この Mazzer Mini のグラインダーの入荷は、もう少し先のことになりそうですが、イタリアから海を渡ってやってくる日を、指折り数えて待つ愉しみが出来ました♪

f0077789_1117325.jpg



 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-08-10 10:15 | Diary | Comments(2)
Commented by ノブ at 2011-08-11 10:38 x
蔵カフェのオープンは来年あたり??徐々に準備を
進めてるみたいね~!それにしても機械一つにしても
いろいろあるから選ぶのも大変だね~!

それにしても今日は熊谷で39度だって!!?熱中症には
気をつけて!!とくにHちゃん!!
Commented by sayo at 2011-08-12 08:26 x
必要なモノは少しずつ揃えていかないとね。
選ぶのも思ったより時間の掛かることだし、あっという間に月日は流れるものね。

今週は酷暑だよ〜。外に出たらトロケそう、、、、
<< サイダー・コレクション 珍しいチップス >>