<< 小さな木を通して語られるコト 観光地の意外な場所にあったモノ >>
カナダの友人はアーティスト
バンクーバーからフェリーで渡った先に「サンシャインコースト」という場所がありますが、その中の小さな街「ロバーツ・クリーク」に、カナディアンの友人が住んでいます。

バンクーバーに居た頃は、私のコーヒー豆を気に入ってくれていたので、よくフェリーに乗って旅行気分を味わいながら、大量のケニア豆を運んでいたものでした。

また友人からは、古い "ポラロイド・ランドカメラ" の扱い方を教わったり、アートや人生観に関わる色々な刺激を受けたり、、、

お姉さん的な存在の人です。



その友人 "Una" から、「新たに自分でウェブサイトを作ったので、日本語での問い合わせ対応の窓口になってもらえないか。」とのことで、快く引き受けることにしました。

ご両親共にアーティストという芸術一家に生まれたUnaは、小さな頃から何かとアートに触れる機会も多く、想像&創造豊かに育ったようです。

彼女も描く絵はユニークで、オイルやパステル画ですが、グラファイトや色鉛筆・アクリル等といった他種に渡るメディアを用いたスタイルが多いようです。

また、ビーズを用いたネックレスやチョーカー・ピアスやブレースレットの数々も素敵で、特にチョーカーはゴージャスなモノが目立ちます。

彼女らしさが溢れた新たなウィブサイト、ご興味のある方はぜひ下記のリンクからご覧になってみて下さいね♪(ちなみに、メインページの可愛らしい女の子は、Unaの少女時代の写真だそうです)

www.iloveuna
f0077789_1022981.jpg


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-07-01 11:52 | Diary | Comments(2)
Commented by ノブ at 2011-07-02 08:06 x
この方のついて思い出すのは足袋と寿司だね~^0^

一緒にサンシャインコースとに行ったのってもう4年も前に
なるんだね~、時のたつのは早いわ~><
Commented by sayo at 2011-07-02 21:18 x
もうそんなに経つんだね〜。懐かしいね♪

今はまた引っ越して、違う素敵なログハウス風の一軒家に住んでいるみたいよ。

相変わらず、お寿司はお好きなようです、、、、

<< 小さな木を通して語られるコト 観光地の意外な場所にあったモノ >>