<< 時の積み重ねを感じるカフェ i... 十勝と言えば、、、、 >>
数秒・数度の微差
コーヒー豆の焙煎のクライマックス「煎り止め」は、いつも全神経を集中させての真剣勝負です。

どういった焙煎行程を経て、どのタイミングで煎り上げたら、その豆の持ち味を充分に引き出してあげられるのか、、、、


その最高のクライマックスに持っていくまでの僅かな温度変化の差と、煎り止めのタイミングの数秒のずれで、同じ豆でも味の印象が変わってきます。

豆の大小・厚み・含水量等によって、火の通りやすい豆&通りにくい豆があり、いつも同じような条件で焙煎するわけにはいかず、それぞれの豆の特徴や焙煎環境をキチンと把握して、その都度様々な微調節が必要になってきます。


そんな『微差の世界』に、毎回悪戦苦闘しているわけですが、、、、


これも、焙煎の醍醐味ですね。

f0077789_2026451.jpg



 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-04-29 20:26 | Diary | Comments(2)
Commented by ノブ at 2011-05-01 06:08 x
職人技!って感じだね~、大雑把なA型の自分には無理。。。
でも思ったように出来上がったときの達成感はひとしおだろうね!
Commented by sayo at 2011-05-02 12:00 x
そうだね、イメージ通りにいった時の満足感は何とも良いものだよね。失敗や困難があるからこそ、そんな達成感や満足感をより一層感じられるんだろうね。
<< 時の積み重ねを感じるカフェ i... 十勝と言えば、、、、 >>