<< 十勝と言えば、、、、 再び北の国へ >>
帯広で真っ先に向かった場所
昨日、北海道の旅を終えて我が家に帰ってきたのは真夜中。
旅の余韻を味わう一方で、体力の回復にしばし時間が掛かりそうです、、、、

今回も「旅行」というより、パートナーのご両親や親戚の方々を再訪する毎日で、あっという間に愉しい滞在が終わってしまいました。


そんなハードなスケジュールをあらかじめ配慮してくれたのか、私達が帯広の空港に降り立った後、お義母さんがすぐに連れて行ってくれたのが、チーズケーキが美味しいと人気がある "十勝トテッポ工房 "。
f0077789_2155472.jpg

残念ながら、早すぎてまだ「Close(閉店)」でした、、、、

10時オープンまで数十分、しばらく外で待つことに。


ちょっぴり肌寒いけれど、澄んだ新鮮な空気を吸いながらブラブラし始めると、道に沿った散歩道がありました。

それは、ショップの名称にもなっている「とてっぽ通り」。

そこは旧十勝鉄道の跡だそうで、砂糖の原料となる「甜菜(てんさい)」を輸送することを目的に、1920年(大正9年)に旧北海道製糖株式会社(現在の日本甜菜製糖株式会社)の専用鉄道として開通。1923年(大正12年)には旅客輸送も始まり、旧川西村を中心とした開拓に大きな役割を果しましたが、その後自動車輸送に替わられて、1959年(昭和34年)に営業を停止したそうです。

そんな人々の親しみがこもった呼び名「とてっぽ」が、通りの名称となっています。



さすが人気ショップだけあり、少しずつ外でオープンを待つ人が増えてきました。
そして10時、お愉しみのチーズケーキとの対面。

可愛らしい小さなチーズケーキや他種のケーキが数種類、ずらりと並んでいました。
奥に進むと、ゆったりとした時を過ごせそうなカフェスペースもあります。

f0077789_2157127.jpg


ケーキをオーダーすると、カフェでのドリンクバーが利用出来ます。
もちろん選んだスイーツは、2種類あったチーズケーキのうちの『三種のフロマージュ』。

十勝産クリームチーズ、十勝清水町産シェーブルチーズ、北海道別海町産マスカルポーネの3種類のナチュラルチーズがブレンドされているそうです。

そして、ケーキのお供にはもちろんコーヒー。

f0077789_222352.jpg


ひとまず、落ち着いた空間の中で美味し〜いスイーツを堪能しながら、北海道までの往路の疲れを癒すことが出来ました、、、、


 ←"Pray for Japan" 義援金サイト

 ←コーヒー豆ご注文サイト

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2011-04-25 22:13 | Diary | Comments(2)
Commented by ノブ at 2011-04-26 10:20 x
美味しそうなチーズケーキだねぇ^^最初に行ったってことは
相当美味しいのね!いつか食べてみたいなぁ~

ちなみにこの間チーズケーキ初めて焼いたんだけど。。。撃沈><
Commented by sayo at 2011-04-27 11:47 x
プチサイズだけど、濃厚だから満足度充分だったよ。

色々とスイーツ作りにチャレンジしてるみたいね。
傑作が出来る日を愉しみにしてるよ〜。


<< 十勝と言えば、、、、 再び北の国へ >>