<< 水出しコーヒー 念願の生コーン♪ >>
お月様に思いを馳せる、、、
9月のイベント言えば、『お月見』。

和菓子には目がない私にとっては、『月見団子』も魅力的です。

お月見は、『中秋の名月』とも呼ばれますね。


そもそも旧暦では、春夏秋冬の四季がある1年が、3ヶ月毎に季節が変わり、「1・2・3月」は春、「4・5・6月」は夏、「7・8・9月」は秋、「10・11・12月」は冬と分けられます。「8月」は秋のちょうど真ん中で、「中秋」あるいは「仲秋」となることのこと。

又、太陰暦の一種である旧暦においては、月の半ばである15日がだいたい満月になるため、「十五夜の月」=「満月」と考えられるようになったそうで、旧暦8月15日には秋の澄んだ空に昇るその満月を鑑賞する風習があり、この時の月を『中秋の名月』と呼ばれるようになったようです。


更に、中秋の夜に雲等で月が隠れて見えないことを「無月(むげつ)」、中秋の晩に雨が降ることを「雨月(うげつ)」と呼んだり、俳諧では次の16日のことを、「待宵(まつよい)」「十六夜(いざよい)」と称したり、、、、、


何とも粋な表現ですね。

昔の人は、月をもっと身近に感じ、憧れや敬い、思いを馳せることが多かったんでしょうね。


最近、そんな昔から人を魅了する『月』に関する月の本を購入。

昔から月は人々の生活と密接な関係があり、その「月の力」が私達にどういった影響を与えているのか、そして「月のリズム」に同調することで、よりバランスのとれた生活を送ることが出来ること等々、、、、

具体的な説明を交えた神秘的なお話で、興味津々です。

「潮の満ち干」が月の引力によるといった事実は良く知られていますが、人間の身体の大半が水分で出来ているのであれば、月の引力が私達の身体に何かしらの影響を与えていることは十分考えられる、、、ということは納得ですね。


これから、夜空を見上げることが多くなりそうです、、、、

f0077789_715137.jpg



にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-09-15 09:54 | Diary | Comments(0)
<< 水出しコーヒー 念願の生コーン♪ >>