<< コーヒーの中の逆さ時計 残暑厳しい中、ゆっくりと、、、 >>
初参加の夏祭り
8月ももうすぐ終わりですね~。

そんな最終週の週末に、町内でお祭りが行われました。

ここ日高市に引越してきてから、地元の催し物に参加するのは初めてだったので、パートナーと2人揃ってお祭りの準備に参加。

日頃、殆ど顔を合わせることがなかったので、地元の人達を触れ合う良い機会となりました。



昔から住んでいる人達、

私達のように新たに越してきた新地元人、、、

混合した集まりは良い人達ばかりで、最近では失われつつあるコミュニティの温かさを感じました。



さて、土日2日に渡って行われたお祭りは、江戸時代から続いている奉納祭だそうで、笛吹きに合わせて獅子が舞ったり、獅子や氏子、子供達が列になって町内を練り歩き、猛暑の午後のひと時が賑わいました。

f0077789_9215476.jpg




獅子舞の踊りも結構激しく、、、、

f0077789_9221014.jpg




大切なお役目の最中に、ちょっと眠そう?

f0077789_9222689.jpg





町内の人は、「氏子」(その土地の神社に対して宗教生活上の帰属関係をもつ人) として参加することになっていて、それぞれの家の前には灯篭が立ち、お祭ムードにも一層華が咲きます。

各灯篭には句が書かれていますが、良く読むと何か可笑しい句の数々、、、、


『マツタケ ゴホン(5本)』


『ニコチン中毒』


『ジゾウ(地蔵)電話』


『カラス ビン』


『シンセン(新鮮)グミ』 


等々、、、、


灯篭に書かれる句ってこんなのだったっけ?

と、道沿いに並ぶ灯篭の句を読みながら歩いてみたくなるような、面白いものばかり。



どうやら、年配の書家さんがそれぞれの家庭に書いてくれるようで、新入りの私達に手渡された句がこれ。


f0077789_9224985.jpg

『女房が美しすぎて死にきれず』


、、、、、、、



お祭の最中は、表に出るのがチョッピリ恥ずかしくなるような一句。



でも、こんな真面目なお祭の中にも遊び心を忘れない人々のいるコミュニティに自分達もいることが、嬉しいようで愉しくて、、、、

この伝統的なお祭をぜひとも続くことを願い、自分も微力ながらお手伝いしていきたいと思います。


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-08-30 10:23 | Diary | Comments(4)
Commented by ノブ at 2010-08-31 09:07 x
夏に獅子舞なんて珍しいねぇ~灯篭は家の前に飾ってあんの?
てっきり流すもんだと思ってたけど。。??このコメントはHちゃんの
リクエストで書いてもらったの~^^?
Commented by sayo at 2010-09-01 06:41 x
灯篭は、流すだけのものではなさそうよ。

この一句は、書家さんの独断と偏見で手渡されたモノです。
まぁ、Hくんを察してのことかも知れないけどね~。

ナポちゃんの提灯コレクションは増えてる?
Commented by なっちゃん at 2010-09-09 22:49 x
面白いー!
こんな遊び心を忘れない大人たちが居るコミュニティーって最高だね。☆

書家さんに拍手。
Commented by sayo at 2010-09-10 20:25 x
なっちゃん

ユーモアのある、イカしたコミュニティでしょ?
今後も地元イベントに参加出来ることが愉しみです。
<< コーヒーの中の逆さ時計 残暑厳しい中、ゆっくりと、、、 >>