<< 新居に引っ越しました 熱を蓄える暖房 >>
贅沢な腰板
先週、蔵に隣接している完成間近の新居内にあった足場が全て外れてから、かなり住まいらしき空間になってきました。

建具屋さんも、テキパキと襖や扉、障子戸を次々と取り付けてくれて、和室は畳を除いて完成状態。



その昭和っぽい障子戸の腰板部分に注目すると、

素晴らしい木目がとても印象的です。

f0077789_1638505.jpg


建具屋さん曰く、天井裏に3年寝かした貴重な板を使用しているとのこと。

この木は樹齢何年だったのか、年輪を数えてみたくなるほど立派です。



最近の住宅建築事情では、このような木材を活用する機会が減った為、建具屋さんが赤字覚悟で私達に提供して下さいました。

大事に使ってあげたいものです、、、、


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-04-12 16:43 | Diary | Comments(2)
Commented by ノブ at 2010-04-13 05:25 x
へぇ~お家に襖をいれるんだ~なんか随分木をたくさん
使ってるねぇ~もしかして縁側とかもある?
Commented by sayo at 2010-04-13 19:40 x
縁側はないけど、軒下でお茶でも飲めるよ。

外壁も杉板だし、とにかくこの家は目立つみたいです、、、、

この障子戸のある和室は客間になるので、ノブ達が遊びに来たら思う存分『和』を満喫してね!
<< 新居に引っ越しました 熱を蓄える暖房 >>