<< 大工さんの技光る 目に留まった訳は、、、 >>
母屋の最終段階
新居となる母屋の現状況は、大工さんのお仕事がほぼ終わり、内装関係の業者さんが入っている最中です。

そして、内壁の塗装は自分達で、、、、、

いよいよ出番です。


必要な材料を揃え、今は業者さんの邪魔にならないように時間を見つけて塗装の下準備の段階。

まず、目地(壁の継ぎ目)にメッシュ状のテープを貼り、その上からパテで目地を埋め込んで消していきます。木ネジも同様にパテで埋め込みます。

そして、塗装がはみ出ないでないように、境界線にマスキングテープを貼る作業も。

なかなか地味な作業が続いています、、、、

f0077789_21445638.jpg




その後は、いよいよ壁塗り本番。

選んだ塗料は、『ジョリパット』。

『ジョリパット』とは、水性タイプのアクリル樹脂をバインダーとした砂壁状塗材です。

色褪せしにくく、色合いや質感を長時間保持する高い耐久性を持つため、塗り替え回数が少なくてすみ、メンテナンスに費用がかからない経済的な素材。防藻・防カビ性能も高く、キズがつきにくいのも特徴。更に、 防火性に優れているので、安全面でも期待が出来るとのこと。

また、ひとつの材料で内装にも外装にも施工でき、既存のジョリパットで施工した壁などの上からジョリパット再施工することや、ほかの材料で重ね塗りすることも出来るそうです。



手間の掛かる作業ですが、お金をかける贅沢ではなく、自分でモノを手掛ける愉しさを味わう・夢中になれる、、、、そんな時間をかけられるのは、贅沢だなぁと思います。


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2010-03-31 21:56 | Diary | Comments(2)
Commented by ノブ at 2010-04-04 11:57 x
えぇ!自分達で内の壁塗りするの。。。?かなり大変じゃあない!?
でも、まあ自分の家だったら苦にはならないかな
それに、自分の家を自分で手がけるってホントの贅沢かもね^^
Commented by sayo at 2010-04-04 20:14 x
そう、塗る面積は結構あるかな。でも、塗っていると夢中になってあっという間に1日が経っちゃうんだよね。

塗り終わる頃には、左官業で稼げるかも、、、、?

自分で塗ることで、想い出が一杯詰まった壁を後々振り返る愉しみが増えるね。
<< 大工さんの技光る 目に留まった訳は、、、 >>