<< 日本での再出発 外壁から少しずつ、、、、 >>
心を持つ道
とある本の著者が、こんなことを言っていました。


『道』は2つの要素、「之」(しんにゅう偏)と「首」を含んでいる。

「之」は「足をとめる」という形の象徴的表現で、「左足を一歩踏み出した」ことを表す。
「首」は「頭部」を意味し、「考える」という意味が含まれている。

つまり、この漢字は「次の一歩を踏み出す前に休んで考える」という意味があり、段階を追って歩むことを表す。又、左足は陰の方向で、「内面の道」であるという意味合いを示している。



自分の内面への道、、、、

つまり、精神的成長を求めて旅する道。

その道を歩んで行くには、心が繋がっていないと進むべき方向を見失ってしまう、、、、


人生には、選択を求められる状況におかれる時が度々あります。
そんな時、自分の心を込めた選択をしていきたいものです。


自分の道は心を持っているだろうか?
道と一体となっているだろうか?

そんなことを念頭におき、時には休んで自分と向き合いながら、日本でスタートする新たな道を一歩一歩ゆっくり歩んで行きたいと思います。

f0077789_16252951.jpg


約10年のカナダ生活を振り返ると、色々なことがありました。
愉しいこと、嬉しいこと、辛いこと、悲しいこと、、、、

それら全てが意味のある経験であり、ここまで繋がってきて今の自分があるのだと実感しています。そして、今まで1人の力で色々なことを乗り越えてきたのではなく、周りの人々のお陰だと、、、、感謝の気持ちで一杯です。


これが、カナダからの最後のブログとなります。
今後は、日本から引き続きこのブログを発信していきたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

また、帰国後は蔵プロジェクトに力を注いでいく予定ですので、どうぞお愉しみに!


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2009-12-01 10:46 | Diary | Comments(2)
Commented by Fuji at 2009-12-01 18:24 x
カナダでコーヒーのことを、それも日本語で語れる人がいなくなってしまうことは
寂しいですが、sayokoさんにとっては前向きな、夢に向かっての帰国ですね。
これからは日本とカナダで距離はありますが、よきコーヒー仲間でいてください。
僕もこっちで楽しみながら頑張りたいと思います。
応援しています!
Commented by sayo at 2009-12-03 20:42 x
Fujiさん

その後、Fujiさんの方の展開はいかがですか?

バンクーバーで同じような志しを持った方と出逢えたと、、、
初めてお目にかかった時に、その貴重な繋がりに嬉しさ&心強さを感じたこと今でも覚えています。

今後日本かバンクーバーでお逢いした時には、お互いがどんな道の途上にいるのか、、、、愉しみですね。

こちらこそ、今後共どうぞ宜しくお願い致します。
日本から、Fujiさんのバンクーバーでのご活躍を心よりお祈りしています!
<< 日本での再出発 外壁から少しずつ、、、、 >>