<< Reiki(レイキ) Zephyr Cafe に登場、、、 >>
サンクスギビング・デーの由来
この週末、カナダはサンクスギビング・デー(感謝祭)で土~月曜日までのロングウィークエンドでした。

その祭日には、家族が集まって七面鳥(ターキー)やパンプキンパイといったご馳走を一緒に頂くのが恒例です。

最近大きなスーパー等では、祭日でもオープンしているところが多くなりましたが、スコーミッシュの小さな店舗は殆どお休み。

しかし、Zephyr Cafe は祭日の月曜日も通常通りの営業で、特にお昼頃から店内はお客さんで大賑わいでした。

イギリスから移民してきた仕事仲間によると、イギリスではサンクスギビングの祭日はないとのこと。私は単に秋の収穫をお祝いする日かと思っていましたが、それだけではなさそうで、2人して基本的な疑問にぶち当たることに、、、、

そもそも『サンクスギビング・デー(感謝祭 )』とは、、、?

1620年の11月、イギリスから清教徒が厳しい航海を経て、アメリカ大陸(今のマサチューセッツ州プリムス)に渡ってきた初めての年。新天地を求めてやってきた彼らを待ち受けていたのは、厳しい初めての冬でした。食べるものにも困った一団に、食糧を分け与え、農作物の種を譲って作り方を伝授したり、大自然の暮らしの様々なノウハウを教えたのは先住民のネイティブ・アメリカンでした。清教徒たちは、先住民にならって勤勉に働き、翌年1621年の11月に、お世話になったネイティブ・アメリカンたちを招いて、初めて収穫した作物や山で獲った野生の七面鳥や海の幸を食卓に載せてお祝いの席を開き、友人と神の恵みに感謝(サンクスギビング)した、、、、というのが由来だそうです。


なるほど、、、それなら祖国のイギリスにはなく、アメリカ・カナダといった北米での祭日というのも頷けますね。

もちろん、これに無縁な私は、この3日間ずっとカフェでお仕事でした、、、、

f0077789_92602.jpg



にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2009-10-14 04:03 | Diary | Comments(0)
<< Reiki(レイキ) Zephyr Cafe に登場、、、 >>