<< 今の旬は、、、、 小さなアクロバットの達人 >>
ホメオパシー
ここ最近、寝つきの悪い夜が続き、原因不明の寝不足に少し悩まされ気味、、、、

そこで色々と改善策を考えてたところ、友達から勧められたのが『ホメオパシー』。



Homeopathy(ホメオパシー)はギリシャ語で、"Homeo" は 「同じ」、"pathy" は「病気・療法」という意味です。

繋げると、「同じ療法」で、「同種療法」と訳されることが多い自然治療です。

その名の通り、病気の症状と同じような症状を引き起こす物質をごごく微量だけ体内に入れることで、逆に病気を治そうという治療です。

要するに、「毒を持って毒を制す」ということ。

例えば、風邪を引くと体が発熱します。ホメオパシーでは、この熱に対し、熱を出す作用のあるものを体内に入れて共鳴させ、もっと熱を出させます。身体はこんなに熱が出ては大変と気づき、何とか治そうとして自己治癒力を活発に活動させます。

一昔前には、風邪を引いて鼻水が出ると首に長ネギを巻きました。長ネギは料理する際に包丁で刻むと鼻水が出る。昔の人は、意味もなく長ネギを巻いていたのではなく、それが治療に至ると知っていたんですね。

ホメオパシーでは症状を抑圧するのではなく、症状を出し切れるように後押しします。そうして初めて心身共に健康になると考えます。 私達の心や細胞が抱える不自然なパターンを解放し、体の芯から健康を取り戻す自然療法です。


また、ホメオパシーのレメディー(治療薬)は、信じられないほど極端に薄められているそうです。ホメオパシーでは、もとの成分 (植物、鉱物、動物等様々な原材料) を水や酒精でどんどん薄めていきます。それも、一般的なレメディーでさえ10 の 60 乗倍、中には10 の 200 万乗倍というように天文学的に薄めていくものもあるとのこと。



早速、ホメオパシーを試しています。

その効き目は、ゆっくりと穏やかに訪れるようです、、、、


f0077789_10191121.jpg


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2009-08-22 15:36 | Diary | Comments(2)
Commented by うつのみ屋 at 2009-08-22 17:34 x
季節の変わり目で、体調を崩しやすいのでゆったりとした時間を過ごすのも、良い治療法なのかもしれません。

ところで今回のホメオパシーなかなか面白い治療法で、今のSAYOKOさんには最も効果的みたいですが、、「毒を持って毒を制す」はまさに薬の原点ではないでしょうか?
日本でも、新型インフルエンザが大流行の兆しを見せていますが、「毒を持って毒を制す」は治療薬だけではなく、生活の中でも個人的に防衛できる自己防衛手段として、何か効果的なものは?とリサーチしておいても良いかもしれません、薬草など意外と良い物もあるかもしれません・・


私は胃腸が弱いので、最近の特効薬は、毎日キャベツを沢山食べることです。
そのまま、むしゃむしゃ生のキャベツを食べています。
おかげで、胃腸の具合がとても良いのです。

最終的には、やはり人間の体を癒してくれるのは、自然界の植物達では?との思いを強くするばかりです。
Commented by sayo at 2009-08-23 23:34 x
うつのみやさん

お久しぶりです。
日本の夏、いかがお過ごしですか?

そうですね、自然界の存在からの恩恵、その尊さに私達はもっと目を向けて、これからの将来を考えて行ければ、、、と思いますね。
<< 今の旬は、、、、 小さなアクロバットの達人 >>