<< サンフランシスコにて ついに!! >>
こだわりの道具
エスプレッソ抽出前の作業、”タンピング”の時に使用するタンパーを数ヶ月前に個人で購入し、お店で愛用しています。f0077789_19251463.jpg この "Reg Barber" は結構多くのバリスタが使用しているハンドメイドのタンパーで、意外にも近くのバンクーバーアイランドで作られています。
さて、その”タンピング”とはコーヒー豆の粉をバスケットに詰め込む作業の事ですが、これが旨味の凝縮された濃厚なエスプレッソの抽出を左右します。”エスプレッソ”は名前からわかるように急行、速達といった意味ですね。圧力のかかったお湯が数十秒で粉の詰まったバスケットを通り抜けるわけです。もし、しっかりこのタンピング作業が不十分で粉の間が隙間だらけだと、コーヒーの旨味を溶かし出す前にその隙間からお湯が通り抜けてしまいすし、粉が密着していないと、お湯の勢いで粉がバスケットの中で泳いでしまいます。
エスプレッソは、20〜30秒の間に蜂蜜がトロ〜と垂れ落ちるような感じで1オンス(30ml)抽出されるのが理想で、その抽出には色々な方法、要素があります。エスプレソマシン、豆の挽き具合、バリスタの腕によって調節しなければいけません。”すべての道はローマに続く”ように、バリスタの皆さんは最高の旨味液の抽出を目指し、色々試行錯誤しているわけです。
お店には、グラインダーに備え付けのプラスチックのタンパーがあるんですが、やはりこのステンレススチール製の”Reg Barber" 重厚感があっていいです。しっかり粉が詰まってるっていう実感がタンピングをしていると腕に伝わってきますね。これからも美味しいエスプレッソの抽出と、味の安定性が大きな課題です。
[PR]
by sayoko71 | 2006-03-10 20:18 | Diary | Comments(1)
Commented by yoko at 2006-03-11 15:56 x
さよのblogは勉強になるよ、
エスプレッソってタンピングで味が変わるんだね。
知らなかったよ。着々と道具をそろえて本格的になってきたね~
ついにホームロースターも買ったんだね。
コーヒー豆出来たら送って!!
応援してるよ!

<< サンフランシスコにて ついに!! >>