<< 2台仲良く、、、 待ち人 >>
コーヒーを「で」の最上級に
とある本を読んでいたら、自分のローストするコーヒーについてふっと考えたことがありました。

それは、

『 "これがいい" というような強い嗜好性を誘発するような存在ではなく、"これでいい" という程度の満足度を与える。そして、「で」のレベルを出来るだけ高い水準に掲げることを目標としている。』

という文に目を通した時、その感覚がとても新鮮で、自分のローストするコーヒーもそんな風に「このコーヒーでいい」と思ってもらえるような存在になればと思ったんです。


コーヒーは嗜好品で、個々それぞれの好みは異なって当然です。
ですから、「これがいい」と強く主張するものでも断定しきれるものでもなく、そのコーヒーがいいのかどうかはあくまでもその人の好みに左右されるものですね。


「これでいい」の「で」には「が」に比べ様々な度合いがあると思いますが、その中でも良質で最上級の「で」を目指し、 "このコーヒーでいいと思われるコーヒー" を新たにコンセプトに加えたいと、、、、

そんな「が」ではなく最上級の「で」の感覚を意識しながら取り組んで行きたいと思っています。


f0077789_1757697.jpg


にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ ←コーヒーブログサイト
[PR]
by sayoko71 | 2009-02-20 16:03 | Diary | Comments(0)
<< 2台仲良く、、、 待ち人 >>